ファンドニュース・新規設定ファンド

「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」信託報酬引下げ

投稿日:

三井住友アセットマネジメント株式会社は、新興国株式に投資し、MSCIエマージング・マーケット・インデックスとの連動を目指すインデックスファンド 三井住友・DC新興国株式インデックスファンドの信託報酬を引き下げると発表しました。

スポンサーリンク

「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」信託報酬引下げの詳細

信託報酬引下げ日

2019年2月26日

 

引下げ後の信託報酬

下表のように信託報酬が引き下げられます。

*信託報酬は税込み表示

ファンド 従来 改定後 現在の最安値
三井住友・DC新興国株式インデックスファンド 0.6048% 03672% 0.20412%
eMAXIS Slimなど

税抜きで0.22%の大幅な引き下げとなります。

ただ、新興国株式インデックスファンドの最安値は、eMAXIS Slim<購入・換金手数料なし>ニッセイの0.20412%と、三井住友・DC新興国株式インデックスファンドの引下げ後でも、まだ0.163%の差があります。今回の引下げは嬉しいニュースですが、さらなる引き下げを期待したいものです。

また、本ファンドは、その先物比率の高さに起因すると思われる運用の不安定性(ベンチマークとの乖離)も見受けられます。さらに信託報酬以外のコストも非常に高く、引下げ後も実質コストは1.058%と1%を超えます。低コスト化とともに、運用の安定化にも力を注いで欲しいところです。

 

以上、三井住友・DC新興国株式インデックスファンド、信託報酬引下げのニュースでした。

 

最新の新興国株式インデックスファンドの運用状況は下記記事をご覧ください。

 

主なインデックスファンドの信託報酬・実質コストは下記記事を参照して下さい。(今回の三井住友・DCの引下げも反映済)

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.