SMTインデックスシリーズ 2016年10,11月決算 運用報告書のまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

三井住友トラスト・アセットマネジメント「SMTインデックスシリーズ」が10月20日、11月10日に決算を迎え、その交付運用報告書がアップされましたので、その内容を確認します。

11月10日と言えば、トランプ大統領誕生の翌日、株価、為替が大きく変動した時ですね。

尚、SMTシリーズは半年毎の決算となります。そこで、以下の表では、下記の方法で年間の値に換算した値を記載しています。

  • 年間実質コストは、期中実質コストx(年間信託報酬/期中信託報酬)で計算。
  • 騰落率はファンド、ベンチマークとも「しんたろう」が基準価額より1年間の騰落率に換算。

*(H)は為替ヘッジ有
*コスト等は全て税込みで表示してあります。

*インデックスファンド・コスト比較のページも最新情報に更新しました。

インデックスファンド・コスト比較
インデックスファンドといっても、同じ指数との連動を目指す類似のファンドが複数の会社から多く販売されています。ここでは、比較的コスト(信託報酬...

*[2017年4月11日追記] ベンチマークとの乖離は、運用報告書に記載されてる値は、あまり意味がありません。詳細はこちらの記事を参照して下さい。

国内・先進国

  国内    先進国
  債券 日経225 日経400 TOPIX 債券 債券(H) 株式
決算日 16.11.10 16.11.10 16.10.20 16.11.10 16.11.10 16.10.20 16.11.10
年間信託報酬 0.400% 0.400% 0.400% 0.400% 0.540% 0.540% 0.540%
年間実質コスト 0.406% 0.408% 0.408% 0.406% 0.570% 0.572% 0.590%
年間 Δ 0.006% 0.008% 0.008% 0.006% 0.030% 0.032% 0.050%
年間騰落率 +4.5% -10.5% -7.0% -11.9% -11.8% 3.0% -11.8%
ベンチマーク
年間騰落率
+4.9% -11.8% -6.6% -13.4% -12.0% 3.8% -14.5%
Δ -0.4% +1.4% -0.4% +1.5% +0.2% -0.8% +2.7%
↓ベンチマークとファンドの騰落率の差に実質コストを足した値、即ち実質的なベンチマークとのかい離を意味します。但し、ベンチマークが配当を含まない場合、配当分も含みます。
Δ+実質コスト 0.0% +1.8% 0.0% +1.9% +0.8% -0.2% +3.3%
純資産総額
 [百万円]
 11,429 5,338  5,636  10,216 13,660 1,271 50,884
マザーF純資産
[百万円]
319,650 78,066  85,344 151,002  212,962 212,962 266,540
  • 実質コスト、信託報酬との差、国内で0.01%以下、先進国で0.05%以下と特に大きなコスト増は無。
  • ベンチマークとの乖離分、これから実質コスト分を引いて、大きくプラスになったのは日経225, TOPIX, 先進国株式。これらは、全てベンチマークが配当を含まない為。
    (日経400は配当込のベンチマーク)
    債券は、ベンチマークとの乖離1%以内に収まっており特に大きな問題なし。
  • 期中騰落率プラスになったのは、国内債券と為替ヘッジ有の先進国債券のみ
     

新興国、REIT

  新興国 REIT
  債券 債券(H) 株式 国内 先進国
決算日 16.11.10 16.10.20 16.11.10 16.11.10 16.11.10
年間信託報酬 0.648% 0.648% 0.648% 0.432% 0.594%
年間実質コスト 0.785% 0.772% 0.878% 0.444% 0.660%
年間 Δ 0.137% 0.124% 0.230% 0.012% 0.066%
年間騰落率 -6.0% +6.9% -8.7% +5.4% -10.6%
ベンチマーク
年間騰落率
-5.3% +7.7% -10.5% +5.9% -9.6%
Δ -0.8% -0.8% +1.8% -0.5% -1.0%
↓ベンチマークとファンドの騰落率の差に実質コストを足した値、即ち実質的なベンチマークとのかい離を意味します。但し、ベンチマークが配当を含まない場合、配当分も含みます。
Δ+実質コスト 0.0% -0.1% +2.7% 0.0% -0.4%
純資産総額
 [百万円]
 4,938 351  13,159  13,227 11,952
マザーF純資産総額
[百万円]
22,824 359  29,752 68,806 59,975
  • 実質コスト、信託報酬との差、新興国は債券・株式とも大きくなっているが、他のファンドと比較し、特に問題となる差ではない。先進国REITも同様。
  • ベンチマークとの乖離分、これから実質コスト分を引いて、大きくプラスになったのは新興国株式。これもベンチマークが配当を含まない為。
    その他は、最大で先進国REITの0.4%と大きな問題は無し。
  • 期中騰落率プラスになったのは、為替ヘッジ有の新興国債券と国内REIT。

以上、SMTシリーズの運用報告書のまとめでした。

SMTインデックスシリーズ、今回取り上げたファンドだけでなく、合計19商品と豊富なラインアップを誇るインデックスファンドシリーズ。

eMAXISやFunds-i等と同様、信託報酬で比較すると、ニッセイ<購入・換金手数料なしシリーズ>、アセットマネジメントOne「たわらノーロード」、大和信託「iFree」等に大きく差をあけられています。

是非、信託報酬引下げの方向で頑張ってもらいたいところ。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする