ソニー銀行 その魅力を徹底解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

「銀行 徹底解説シリーズ」第3弾は、ATMの利便性と金利の高さから、メインバンクとしてもお勧めできるソニー銀行です。

ソニー銀行

  • ソニー銀行株式会社
  • 公式ホームページ 
  • 本社 : 東京都千代田区
  • 設立 : 2001年4月2日
  • ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社(東証1部)の100%出資
  • インターネット専業銀行

主な特徴

  • 新生銀行と同様、多くのATMが無料で使える
  • 定期預金金利の高さはネット銀行トップクラス
  • 振込手数料が最低でも月1回、最大11回無料
  • Visaデビット機能付きキャッシュカード Sony Bank WALLETで無料振込回数+1回
  • 外貨預金にもお勧め

口座開設

  • 日本全国どこでもネットでの郵送不要のペーパーレス口座開設が可能。
  • 郵送での口座開設も可能。

他行宛て振込手数料が無料

最低でも月1回、Sony Bank WALLET所有で月2回、他行宛て振込手数料が無料となります。さらに、外貨預金優遇制度Club Sにより、最大11回無料

新生銀行、住信SBIネット銀行に比較すると、優遇制度の条件が厳しいのが難点。ただし、Sony Bank WALLET所有だけで月2回無料というのは、他の銀行より簡単に達成できます。

ちなみに、外貨預金優遇制度Club Sは、「外貨」という名が付いていますが、一番下のランク(シルバー)は円預金だけでも対象になります。外貨預金優遇制度Club Sの詳細は後述。

無料回数を超えた場合は1回216円(税込)がかかります。

Sony Bank WALLET

Visaデビット機能(*)付きのキャッシュカード。年会費、新規発行手数料は無料です。所有するだけで、振込無料回数2回に増えますので、持っていて損はないですね。

*デビットカード : 銀行の普通預金の範囲内でショッピングに利用可能。使用した金額は、即時に普通預金から引き落とされる。

国内ショッピングでSony Bank WALLETを使用するとキャッシュバックがあります。無条件で0.5%。これも外貨預金優遇制度Club Sにより、最大2.0%まで上がります。ここまでくると、高還元のクレジットカードよりお得ですね。

優遇プログラム Club S

2017年2月から(判定は2016年12月末)から、従来の外貨預金優遇制度からClub Sに変更されました。

ソニー銀行 優遇プログラム Club S
  ステージ無 シルバー ゴールド プラチナ
判定条件  

下記のいずれか
1.円預金を含む月末総残高(*1)300万円以上
2.外貨積立月5万円以上
3.「投資信託 積み立てプラン」月間合計額5万円以上。

月末外貨預金
残高(*2)
+投資信託残高

=
500万円以上

月末外貨預金
残高(*2)
+投資信託残高
=

1,000万円以上
(*1)円普通、円定期、積立定期、外貨預金、投資信託等の合計
(*2)外貨は円換算額
(*3)外貨建て商品は円換算額
無料振込回数 月1回(2回) 月3回(4回) 月5回(6回) 月10回(11回)
()はSony Bank WALLETありの場合
ATM無料回数
(セブン・イオン銀行)
無制限
ATM無料回数
(その他提携ATM)
月4回まで 無制限
Sony Bank WALLET
キャッシュバック率
0.5% 1.0% 1.5% 2.0%

他にも、為替コスト、外貨定期預金金利、仕向け外貨送金手数料、Sony Bank WALLET
海外ATM利用料無料回数に特典有。

ソニー銀行をメインバンクとするなら、円定期預金等で300万円確保して、シルバーを目指したいですね。2017年より投資信託の積立も判定条件に加わりましたが、月5万円以上と、ちょっと、いや、かなり厳しい条件です。

ゴールド、プラチナは、さらにハードルが高くなります。

尚、住宅ローン残高やFX取引でもランクアップされます。

外貨預金優遇制度Club Sの詳細は、こちらを参照。(ソニー銀行へのリンクです)

手数料無料のATMが多数

主要コンビニを含む多くのATMが無料で利用できます。

一部、月4回までという制限がつきますが、無料ATMの利便性という点では新生銀行とならんでトップクラスです。

ソニー銀行 主なATM対応状況     2016年7月15日調べ
ゆうちょ イオン Enet
(ファミマ)
セブン ローソン 三井住友 三菱東京
UFJ

: 24時間、出金・残高照会・預入無料
○ : 出金は月4回まで無料(プラチナは無制限)。預入・残高照会は回数制限無。

他の銀行のATM対応状況を知りたい方はこちら

円定期預金金利

円定期預金金利はこちら。(ソニー銀行へのリンクです)

ネット銀行全般に言える事ですが、かつては高金利を売りにしていたのですが、今では地銀のネット支店に負けています。

しかし、ソニー銀行は、ネット銀行の中では、比較的金利の高い銀行の一つです。現時点(2017年6月1日)で、6カ月、1年、2年定期で0.15%の金利となっています(8/31までのキャンペーン金利)。

だいたいボーナス時期を中心に金利アップのキャンペーンを行っています。

*他の銀行の定期預金金利を知りたい方はこちら

外貨預金

Club Sにみられるように、ソニー銀行外貨預金に力を入れている銀行の一つです。

為替手数料は住信SBI銀行とならんでトップクラスの安さです。   

ソニー銀行の為替手数料(片道)  [単位 銭]   2017年6月1日現在
  ステージ無  シルバー ゴールド プラチナ (参考)
住信SBI
米ドル 15 12 10 8 15
ユーロ 15 12 10 8 15
英ポンド 45 40 35 30 40
豪ドル 45 40 35 30 30
NZドル 45 40 35 30 30

*住信SBIネット銀行は2017年6月5日まで米ドル・豪ドルの買付コスト無料キャンペーンを実施していますが、上表には含まれていません。
ステージにもよりますが、米ドル、ユーロは住信SBIと同等、もしくは安く、英ポンド、豪ドル、NZドルは、プラチナ以外だと住信SBIが安くなっています。

(注意)外貨預金は預金保険制度の対象外です。

ネットのセキュリティー対策

  • ログイン時に下記の入力が必要。
    口座番号、パスワード
  • 登録済の振込時パソコンからしかログインできない。
    新規にパソコンを登録する時は、暗証番号、合い言葉の入力が必要。
  • 合言葉にかわり、トークンによるワンタイムパスワードも利用可能。
    トークンは無料で使用できます。(ただし、再発行時は有料)
     *トークン : 一定時間ごとに新しいパスワードが表示される機器。

最後に

以上がソニー銀行の解説です。

ATMの利便性と定期預金金利の高さ、そして最低限ですが無料振込も可能で、メインバンクとしてもお勧めできる銀行です。

メインバンクとして使用するなら、Sony Bank WALLETを所有し、かつ300万円以上を高金利の円定期預金に預けて、シルバーステージを確保、そして振込無料回数を月4回とすれば、より便利に使える銀行になると思います。

また、積極的に外貨預金をしたい方には、特にお勧めですね。

勿論、しんたろうも口座、持っています。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする