ターゲットイヤー型の投資信託をお勧めできない二つの理由。リスク許容度は人により様々、そして年齢とともに必ずしもリスクを下げる必要はない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

企業型、個人型確定拠出年金等にラインアップされているターゲットイヤー型のファンド。バランス型とならんで、多くの方が購入されているファンドかと思います。

ターゲットイヤー型は、当初は株式の比率が高いものの(リスク大)、年とともに債券の比率を増やし、徐々にリスクを低減させていくファンドです。

このターゲットイヤー型ファンド、とてもお勧めできませんし、好きになれません。

勿論、昨日記事にしたバランス型と同様、一般的に信託報酬が高いというのもありますが、それ以外にもお勧めできない二つの理由があります。

リスク許容度は人により様々

確定拠出年金(iDeCo)に500万円の資産があるとします。

当然、多くの方が、確定拠出年金以外の無リスク資産を持っている筈です。

1億円の無リスク資産を持っているAさん、無リスク資産が1,000万円しかないBさん、リスク許容度は全く異なります。

iDeCoの500万円がハイリスクで巨額の損失を出したとしても、Aさんの生活に殆ど影響はないでしょう。

一方のBさん、無リスク資産とiDeCo合わせて、1,500万円しかありません。iDeCoの500万円が、仮に半分になってしまったら、Bさんは老後破産に向けてまっしぐらの人生になるかもしれません。

さらに言えば、受給できる公的年金の額も、人によって様々です。

現役時代、大企業のエリートサラリーマンだったCさん。多額の老齢厚生年金や企業年金を受給でき、基本的な老後生活費は年金だけで十分賄える事でしょう。

一方、自営業だったDさん、年金と言えば、老齢基礎年金(国民年金)だけ。とても、これだけでは、老後、安心して暮らしていく事は出来ません。

CさんとDさんでは、リスク許容度が大きく異なります。

このように、人によって、投資に対するリスク許容度は様々です。それを一つの型にはめて、リスクを抑制するターゲットイヤー型に意味があるとは思えません。

年齢とともにリスクを下げる事が必ずしも必要とは限らない。

50代のAさん、まだ就職したばかりの20代のBさん。

将来に対するリスクは、どちらが大きいでしょうか?

今後、公的年金が徐々に減額される事は、間違いないでしょう。ただし、急激な減額はないと考えています(信じています)

pose_genki05_ojisan

50代のAさん、大体、年金の受給額の予測がたちます。そして生活の上でも、子育てが終わり、マイホームのローンも完済、これからの生活の見込みを予測する事が可能です。老後にいくらの資産が必要になるのかも計算できます。

そして、その計算された資産の中から、余裕資金分だけを投資にまわすなら、大きなリスクをとる事も可能です。もし、期待通りのリターンが得られれば、さらに優雅な老後生活を送れるでしょうし、失敗しても、普通の生活は維持できます。

youngman_29

一方、20代のBさん。Bさんが65歳(いや70歳,それ以上かな?)になった時、受給できる年金額が予測できるでしょうか? さらに、Bさんには、これから結婚、子育て、マイホームと大きな出費が控えています。終身雇用が崩れた今、リストラのリスクもあります。人生そのものがハイリスクなんです。そんなBさんにとって、どれだけの無リスク資産、生活防衛資金があれば良いのでしょうか? 余裕資金で投資するといっても、どこまでが余裕資金なのか全く予想できないのがBさんなのです。

このように考えると、リスク許容度、及び、その精度は、寧ろ年齢が高いほど上がるとも言えます。

勿論、これも一概に年齢だけで単純に分類できるものでなく、人により様々である事は言うまでもありません。

まとめ

投資に対するリスク許容度は、人により様々。それを、年齢だけで無理矢理一つの枠にはめて、年とともにリスクを抑制するターゲットイヤー型ファンド。

これに高い信託報酬を払うより、自分で、自分自身のリスク許容度に応じたアセットアロケーションを組むのがベストだと考えます。

無条件で運営管理手数料無料の金融機関 公式サイト
aeon200x200

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)は、楽天証券の口座がなくても開設できますが、楽天証券の口座を開設する事で、楽天証券にログインするだけで、iDeCoの管理、運用(スイッチング等)が出来るなど便利です。楽天証券の口座開設は==>楽天証券

また、同時に楽天銀行の口座も開設すると、普通預金金利が0.10%(2017年10月現在)となるマネーブリッジが利用できます。楽天銀行の口座開設は==>楽天銀行

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする