ファンド比較、運用状況、決算

アセットマネジメントOne 「たわらノーロード」シリーズ  2016年10月決算 運用報告書のまとめ

投稿日:2016年12月8日 更新日:

アセットマネジメントOne 「たわらノーロード」シリーズの7商品が10月12日に決算を迎え、その交付運用報告書がアップされましたので、その内容を確認します。

2015年12月から2016年10月12日までの約8カ月の決算となります。

新興国株式だけは2016年3月14日からの約6カ月です。

 *コスト等は全て税込みで表示してあります。

スポンサーリンク

運用報告書のまとめ

*[2017年4月11日追記] ベンチマークとの乖離は、運用報告書に記載されてる値は、あまり意味がありません。詳細はこちらの記事を参照して下さい。

                          
  国内 先進国 新興国
  債券 日経225 REIT 債券 株式 REIT 株式
設定日 15.12.18 2015.12.7  15.12.18  15.12.18 15.12.18 15.12.18  16.3.14
期中
信託報酬
0.133%  0.179%  0.265% 0.177% 0.199% 0.310%  0.312%
期中
実質コスト
0.134%
0.186%
0.268%
0.191%
0.229%
0.405%
0.469% 
期中 Δ 0.001% 0.007% 0.003% 0.014% 0.030% 0.095% 0.157%
決算が1年に満たないため、年間実質コストは、
期中実質コストx(年間信託報酬/期中信託報酬)で計算しています。
年間
信託報酬
0.162% 0.211% 0.324% 0.216% 0.243% 0.378% 0.535%
年間
実質コスト
 
0.163% 0.219% 0.328%  0.233%  0.280% 0.494%  0.804%
 年間 Δ 0.001% 0.008% 0.004% 0.017% 0.037% 0.116% 0.269% 
  国内 先進国 新興国
  債券 日経225 REIT 債券 株式 REIT 株式
期中騰落率 +4.1%  -13.0%  +5.0% -11.2% -9.3% -9.9%  +3.9%
ベンチマーク
期中騰落率
+4.5%  -13.7% +6.9% -11.7% -11.8% -11.2% +7.0%
Δ -0.4%  +0.7% -1.9% +0.5% +2.5% +1.3% -3.1%
↓ベンチマークとファンドの騰落率の差に実質コストを足した値、
即ち実質的なベンチマークとのかい離を意味します。
Δ+実質コスト -0.3% +0.9% -1.6% +0.7% +2.7% +1.7% -2.6%
純資産総額
 [百万円]
 1,149 1,321 872 707 4,864 1,105 591
マザーF
純資産総額

[百万円]
400,593 3,139 23,383 267,780 242,694 32,918 36,196
  • 期中騰落率プラスになったのは、国内債券と国内REIT、そして新興国株式のみ。
    ただ、決算日は10月12日ですので、いわゆるトランプラリーの恩恵を受ける前です。
  • インデックスファンドで重要なのは、ベンチマークとの乖離。-3.1%(新興国株式)~+2.7%(先進国株式)と、ちょっと大きめに見えます。この乖離、信託報酬分では説明できません。
    運用報告書によると、「設定当初マザーファンドを非保有であったこと」とあります。
    *インデックスファンドとしては、インデックスとのかい離、マイナスは言うまでもなく、プラスでも決して良い事ではありません。
  • 信託報酬と実質コストの差も重要ですが、特に問題はないように思えます。
    新興国株式と先進国REITは、かなり大きくなっていますが、他のファンドと比較して大きい訳ではありません。

以上、「たわらノーロード」シリーズの運用報告書のまとめでした。

今回は、設定から1年未満という事で、ベンチマークとの差異・乖離が大きめでしたが、来年以降の決算に注目しましょう。

*インデックスファンド・コスト比較のページも最新情報に更新しました。

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド比較、運用状況、決算

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.