ファンド紹介・解説

【インデックスファンド評価・解説】つみたて新興国株式。(三菱UFJ国際投信 つみたてんとうシリーズ)

投稿日:2019年8月22日 更新日:

つみたて新興国株式

新興国の株式に投資するインデックスファンドつみたて新興国株式について解説します。

スポンサーリンク

[最終更新日:2019.9.17]消費税10%表記に変更。
[2019.8.28]2019年6月の決算結果を反映。
ライバルのSmart-i, iFreeの実質コスト更新。
[2019.8.22]初版。本記事は原則2019年7月末日時点の情報に基づき記載しています。

つみたて新興国株式の基本情報

つみたて新興国株式は三菱UFJ国際投信が運用するインデックスファンド「つみたてんとうシリーズ」の一つです。eMAXISeMAXIS Slimシリーズとは基本的に同じマザーファンドで運用する兄弟ファンド。eMAXIS Slimが原則ネット証券・銀行専用商品なのに対し、つみたてんとうシリーズは、「つみたてNISA」を主なターゲットとし、最寄りの金融機関で相談できるファンドとして2017年8月に設定されました。現在7本のファンドから構成されています。コスト(信託報酬)はeMAXISよりは低く、eMAXIS Slimよりは高くなっています。
参考記事三菱UFJ国際投信 インデックスファンド「つみたてんとうシリーズ」運用開始。

今回解説するのは新興国の株式に投資するつみたて新興国株式

先ず、つみたて新興国株式の基本情報をまとめます。

運用会社三菱UFJ国際投信
設定日2017年8月16日
運用形態インデックスファンド
投資形態ファミリーファンド
ベンチマークMSCI エマージング・マーケット・インデックス(配当込み・ネット)
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬(税込)0.3740%
実質コスト0.569%
純資産総額 25.07億円(2019.8.21時点)
(マザーファンド) 純資産総額 860億円(2019.5.13時点)
分配金実績
つみたてNISA対象商品
SBI証券ポイント還元年率0.10%
(対象投資信託1,000万円以上保有で0.20%)
楽天証券ポイント還元年率0.048%

投資対象

ベンチマークMSCI エマージング・マーケット・インデックス[配当込み・ネット]で新興国の株式に投資します。

ネットとは配当に対する源泉徴収税を考慮した指数ですが、その税率が日本に対して適切に考慮されているかは定かではありません。

*2019.7.1よりベンチマークが除く配当から、配当込み、配当課税を考慮するネットに変更となりました。
参考記事三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slimなどのベンチマークを配当込指数に変更。

*インデックスファンドのベンチマークは[除く配当]と[配当込]の2種類ありますが、[除く配当]だからといって(過去において)運用成績が劣るという事はありません。詳細は下記記事を参照して下さい。
参考記事インデックスファンドのベンチマーク、配当込、配当除くで実際の運用成績は異なるか?

 

マザーファンド

つみたて新興国株式ファミリーファンド方式でマザーファンドを介して新興国株式に投資します。

つみたて新興国株式

「新興国株式インデックスマザーファンド」はeMAXIS 新興国株式インデックス、eMAXIS Slim新興国株式インデックスeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)など多くのファンドで使われており、純資産総額860億円(2019.5.13時点)と新興国株式としては十分大きな純資産を有しています。

 

投資国

投資する国、比率は下図のようになります。

つみたて新興国株式

画像引用:つみたて新興国株式月次レポート(2019/7)

1位がケイマン諸島となっていますが、これは事実上中国企業で、香港と合わせ中国が30%程度を占めます。

新興国株式インデックスファンドの投資国の詳細は下記記事を参照して下さい。
参考記事【外国株式インデックスファンド】各インデックス(指数)、そして新興国、新興国ってどこの国? 

 

投資銘柄

投資している銘柄は下表のようになります。(組入上位10銘柄)

つみたて新興国株式

画像引用:つみたて新興国株式 月次レポート(2019/7)

組入銘柄数は1,164。ベンチマークとしているMSCI エマージング・マーケット・インデックスの構成銘柄数が1,193(2019.7時点)ですので、その殆どを保有している事になります。

上位10銘柄中5銘柄は中国・香港が占めており、テンセントやアリババなど日本でも良く知られた企5業が上位になっています。

 

手数料(信託報酬、実質コストなど)

つみたて新興国株式信託報酬0.3740%(税込)

実質コスト0.569%(税込)

勿論、購入時手数料無料(ノーロード)、信託財産留保額は無です。

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

 

他社 新興国株式インデックスファンドとの信託報酬・実質コスト比較

他社の(低コスト)新興国株式インデックスファンドと信託報酬・実質コストを比較します。

尚、下表中、SBI・新興国株式インデックス・ファンド楽天・新興国株式インデックス・ファンドiFree新興国株式インデックス以外のファンドは、つみたて新興国株式と同様、ベンチマークがMSCI エマージング・マーケット・インデックスです。

 ファンド信託報酬実質コストベンチマーク
1SBI・新興国株式インデックス・ファンド0.1960%0.372%FTSEエマージング
2eMAXIS Slim 新興国株式インデックス0.2079%0.388%MSCIエマージング
2<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックス0.2079%1.620%MSCIエマージング
4楽天・新興国株式インデックス・ファンド0.2520%0.450%FTSEエマージング・オールキャップ
5i-SMT 新興国株式インデックス0.3630%0.584%MSCIエマージング
6(三菱UFJ)つみたて新興国株式0.3740%0.569%MSCIエマージング
6たわらノーロード新興国株式0.3740%0.659%MSCIエマージング
6三井住友・DC新興国株式インデックス0.3740%1.078%MSCIエマージング
6Smart-i新興国株式インデックス0.3740%0.874%MSCIエマージング
6iFree 新興国株式インデックス0.3740%0.700%FTSE RAFIエマージング

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

MSCI エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとするファンドの中ではeMAXIS Slim 新興国株式インデックス<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスが同率で最安値(ただしニッセイは実質コストが非常に高くなっています)、これらと比べるとつみたて新興国株式は信託報酬で約0.17%高くなっています。

勿論、上表では低コストのファンドのみリストアップしていますので、全体から見るとつみたて新興国株式も十分低コストの部類ですが、兄弟的存在のeMAXIS Slim 新興国株式インデックスには敵いません。

 

信託報酬の変更履歴

つみたて新興国株式は2017年8月に設定された後、まだ信託報酬引下げの実績はありません。

つみたて新興国株式の信託報酬変更履歴
引下げ日信託報酬(税込)備考
2017/8/16
 0.3672%新規設定。設定時はeMAXIS Slimと同じで最低水準。
2019/10/10.3740%消費税増税(8%-->10%)

設定当初はeMAXIS Slimと同じ信託報酬で、他社を含めて最低水準のレベルでした。しかし、その後eMAXIS Slimが大幅かつ複数回の引下げを行い、今では大きな差がついてしまいました。

スポンサーリンク

つみたて新興国株式の運用状況

資金流出入額 & 純資産総額 (人気は?)

月次資金流出入額純資産総額からつみたて新興国株式の売れ行き・人気を見てみます。

(*)月次資金流出入額は、日々の純資産総額の増減額に騰落率を考慮して算出した概算値になります。

つみたて新興国株式

ここ1年では1億(/月)を超える月が多く新興国株式としては比較的売れているファンドです。

ただ、新興国株式インデックスファンドの中で最も人気のあるeMAXIS Slim 新興国株式インデックスは6~10億(/月)で、これと比較すると大きな差がついています。

 

運用状況は?

インデックスファンドではベンチマークとの乖離が小さい事がファンド評価の重要な要素です。そして、乖離がなければ、そのコストに応じた騰落率になる筈です。

*ベンチマークは同じMSCIエマージング・マーケッツでも配当込・除くなどファンドにより異なりますが、実際の運用は両者で変わらない事から、配当込で配当課税を適切に考慮したインデックスを、ここではベンチマークと定義します。

下図は、2019年7月末日時点の実質コストに対する1年騰落率を複数のファンドでプロットしたものです。

つみたて新興国株式

グラフの左側(コストが低い)、上側(騰落率が高い)にあり、そしてグレーの点線上にある(乖離が少ない)ファンドが優秀なファンドという事になります。
*多くのファンドがコスト起因以外でのベンチマークとの乖離はないだろうという前提で評価。

つみたて新興国株式は、eMAXIS Slim等と同じ巨大なマザーファンドで運用している事もあり、ベンチマークとの乖離がない安定した運用で、そのコストに応じた高い騰落率となっています。

ただコストで勝るeMAXIS Slim 新興国株式インデックスには騰落率でも敵いません。

 

まとめ

つみたて新興国株式は、比較的低コスト、そこそこ人気もあり、安定した運用と新興国株式に投資するファンドとして間違った選択ではないでしょう。

ただ、より低コストのeMAXIS Slim 新興国株式インデックスで運用すれば、さらに高いリターンを得ることが出来ます。(株価低迷時では損失が小さくなる)

つみたて新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは中身は基本的に同じもの、値段(コスト=信託報酬)と販売会社が違うだけです。

もし、つみたて新興国株式だけしか取扱っていない金融機関(多くは銀行や店頭証券)で取引されているのであれば、eMAXIS Slim 新興国株式インデックス等の超低コストファンドを扱っているネット証券に変更されては如何でしょう。

つみたてNISAの口座も毎年変更する事が出来ます。

 

購入先

つみたて新興国株式は、

販売会社 SBI証券楽天証券 マネックス証券カブドットコム証券

等の主要ネット証券、さらに多くの銀行、店頭証券で購入出来ます。

一方、上記ネット証券であればeMAXIS Slim 新興国株式インデックスも取扱っています。

どちらを選択すべきかは言うまでもないでしょう。

また、ネット証券には抵抗があるという方は、こちらもネット取引とはなりますがSMBC日興証券(ダイレクトコース)でもeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを取扱っています(つみたてNISAは無し)

楽天証券なら楽天カード(クレジットカード)で投資信託を積立購入する事が出来ます。勿論ポイント還元があり事実上1%割引で購入出来るようなものです(上限5万円/月)。さらに、そのポイントで投資信託を購入する事も出来ます。
公式サイト楽天カード

勿論、つみたてNISA対象のファンドです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)ではカブドットコム証券つみたて新興国株式を取扱っています。

 

ライバルとなるファンド

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス  

SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)

楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド) 

iFree新興国株式インデックス

つみたて新興国株式 *本記事

 

他の新興国株式インデックスファンドとの比較、最新の人気・運用状況は下記記事を参照して下さい。

 

インデックスファンドの信託報酬、実質コスト、純資産総額の一覧は下記記事を参照して下さい。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド紹介・解説

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.