学生時代、未加入だった国民年金保険料を、60歳以降で納付したらお得になるか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

現在では、学生といえども20歳以上になると国民年金の納付義務があります。
*ただし、「学生納付特例制度」といって、申請する事で納付が免除される制度があります。

一方、平成3年3月までは学生は任意加入でした。現在、40代後半以上の方は、学生時代、加入していなかった方も多いのではないでしょうか?「しんたろう」も大学生時代、加入・納付していません。

一方、老齢基礎年金を満額もらうためには、40年(480月)の納付期間が必要です。学生時代の約2年分(正確には誕生日により変わりますが、ここでは簡単のため2年とします。)、加入・納付しなかった場合、もらえる老齢基礎年金は38/40となってしまいます。(22歳から60歳になるまでは、きちんと納付していた場合)

そこで、60歳以降も国民年金に加入する事で、老齢基礎年金の額を満額にする方法が用意されています。「任意加入制度」と言い、その時に、厚生年金や共済年金に加入していなければ任意で加入できます。

今回は、大学生時代の2年間未加入だった国民年金を、60歳以降も2年間、任意加入する事で、何歳で元が取れるか、また年利回りに換算するといくらになるのかを計算してみます。

60歳から2年間、任意加入で国民年金保険料を納付して、老齢基礎年金を満額にするのは得か否か?

前提条件

  • 学生時代2年間の未加入期間があり、これを任意加入で、60~61歳の間に保険料を納付し、老齢基礎年金を満額もらえるとします。

  • 年金保険料

    実際に60歳になった時の保険料が適用されますが、予測するのは不可能なので、平成29年の保険料 月額 16,900円を使います。(一応、平成29年以降は、この額で固定となっています。)
    尚、計算を簡単にするため、年額 16,900 x 12 = 202,800円を年初に納めるとします。

  • 老齢基礎年金の年金受給額(満額)

    平成28年の年金額 780,100円を使用します。
    尚、年金も、毎年、年初に一括して受給するとします。(実際は2カ月毎です)

    60歳以降に任意加入しなかった場合、納付期間が38年となりますので、もらえる年金額は
    780,100 x 38 / 40 = 741,095円 となります。
    満額との差は、年間39,005円です。

  • 即ち、60歳時、61歳時に、それぞれ202,800円、保険料を納付すると、65歳から39,005円年金をもらえるという事になりますので、この条件で以前紹介したEXCELのIRR関数で年利回りを計算します。

計算結果(1) 社会保険料控除を考慮しない場合

75歳まで生きれば元が取れます。

年利回りは、何歳まで生きるかで変わってきますが、抜粋してまとめる下表ようになります。

年齢 年利回り
70歳 -7.45%
75歳 0.60%
80歳 3.78%
85歳 5.32%
90歳 6.15%
95歳 6.63%
100歳 6.92%

勿論、名目利回りではありますが、平均寿命の80歳で3.78%という利回りですので、ここまで生きればインフレを考慮しても、お得だと言って良いのではないでしょうか。

計算結果(2)  社会保険料控除を考慮した場合

60歳、61歳の任意加入での国民保険料納付期間に、課税所得があれば、国民年金保険料の社会保険料控除が使えますので、これを考慮して再度計算してみます。

尚、税率は最低税率15%(所得税5%+住民税10%)としました。

60歳、61歳時の保険料額は実質 202,800 x 0.85 =172,380円となります。

結果は、73歳まで生きれば元が取れます。

社会保険料控除を考慮しない場合に比べ2歳早く元が取れます。

年利回りは、

年齢 年利回り
70歳 -5.33%
75歳 2.36%
80歳 5.31%
85歳 6.70%
90歳 7.43%
95歳 7.84%
100歳 8.09%

と1~2%アップします。

まとめ

「しんたろう」的には、結構、お得に思えます。

不幸にも70歳代前半で死んでしまった場合は、元が取れない事になっていまいますが、まあ、その分、老後資金も少なくて済むわけですから、仕方ないと割り切れば良いですし。(死んでしまった後に割り切るもなにもないか!)

ただ、今回の計算は、今の保険料、受給額で計算していますので、実際に60歳近くになった時に、その時の最新の条件で、再度検討する事をお勧めします。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする