アーリーリタイアと投資、そしてリタイア後の投資。知識のない方が退職金で投資するのは危険。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

今まで、定期預金を中心に運用する事の重要性、それでもインフレに負けない運用が可能だという事を書いてきましたが、それにも拘らず、「しんたろう」は、投資もしています。

参考記事資産運用の中心は定期預金、それが安全で確実に資産を殖やす近道。そして余裕があれば投資にまわすのも悪くない。

アーリーリタイア資金は定期預金で確保

「しんたろう」は50代前半でアーリーリタイアしましたが、その為の資金(アーリーリタイア後の生活費)は定期預金を中心とした運用で確保しました。

世間では、アーリーリタイア=投資で一儲け、というイメージが強いかもしれませんが、真面目に働き、そして倹約生活、コツコツ貯蓄、少しでも高い金利の定期預金での運用でも、人よりちょっとだけ早くアーリーリタイアする事だって出来るんです。

参考記事本当に必要な老後資金(4) ~番外編 早期退職・アーリーリタイアするにはいくら必要?~

多少の投資は行ってはいましたが、個別銘柄の株式投資を趣味程度に行っていた程度。本格的に投資を始めたのは、アーリーリタイアする2~3年ほど前からです。当時、勤務していた会社で企業型確定拠出年金が導入されたのがきっかけです。

なぜ投資する? リスクは?

何故、投資するか?

アーリーリタイアするにあたり、今後のキャッシュフローを計算し、仮に毎年2%程度のインフレが起ころうとも十分耐えられる生活資金がある事を確認しています。

それなのに、何故投資する?

一言でいえば、もっとお金が欲しい、もっと余裕のある生活がしたいからです。

具体的には、老後、子どもの面倒にならずに生活したいと考えていますので、その為には有料老人ホームに入らざるを得ない可能性だってあります。その為の資金が欲しいという目的もあります。

そして、投資、しかもインデックス投資を行っていますので、まだまだ世界経済は伸びるって信じているからです。(日本についてはちょっと不安に思っていますが)

さらに、投資することで私のようにアーリーリタイアしたものでも、世間との関りを持っているって感じをもてるからかな。

リスク管理はしっかりと。

但し、リスクは十分覚悟しています。

現役と違い、リタイアした身にとって投資の損失を労働収入で穴埋めするという事は出来ません。投資資産がいきなり半分、いや1/3ぐらいになっても仕方ないと思って投資しています。

安全資金、無リスク資金、生活防衛資金などと言われますが、要は元本保証の銀行預金、個人向け国債などの資産を十分とったうえで、残りを投資資金としています。

具体的には、前述のキャッシュフローで、インフレ率が0%だった時に必要となる生涯の生活資金、これを生活防衛資金とし、残りを投資資産としています。

この決め方に、ちゃんとした理屈・理論がある訳ではありませんが、インフレが起きればそれ以上に株価も上がるだろう、逆に言えば、株価が暴落するときはインフレ0、もしくはデフレ、だから生活防衛資金はインフレ0%時の必要資金を持っておけばよいだろうと単純な考えです。

実際は、このまま日本のデフレが続いたりすると、日本の財政がおかしくなって、年金削減や健康保険料の上昇、医療費負担増大など、心配ではありますが。。。

現時点で、まだまだ投資資金に余裕があります。だけど、それを一気に投資する度胸はないので、個人型確定拠出年金(iDeCo)NISAを中心に(基本的に)ドル・コスト法で積み立てていきます。

投資経験・知識のない方が退職金で投資するのは危険

退職金という、多分、人生で最大の収入を得、それで初めて投資を行う方も多いかと思います。

「しんたろう」は上述のように、リタイア後に、より積極的に投資を行うようになりましたが、投資経験・知識のない方が、退職金で、いきなり多額の投資をする事はお勧め出来ません。

本サイトでは、比較的リスクの少ない(といっても十分大きなリスクがある)インデックス投資を勧めるような記事を書いていますが、何も勉強せず、知識のないまま投資する事は絶対にやめるべきです。

退職金をもらったら、まず、銀行、信用金庫、JAなどの退職者専用定期預金に預ける事です。3カ月定期預金が主ですが、これを4つの金融機関でまわせば1年は運用できます。(通常、退職者専用定期預金は退職後、または退職金受取後1年という制限がある事が多い)

勿論、金融機関の目的は、定期預金に預けさせることではなく、最終的には(手数料、信託報酬の高い)投資信託を購入させる事にあります。しかし、定期預金と投資信託のセット販売で定期預金の金利が大幅に上がるプランもありますが、これを購入してはダメです。

退職者専用定期預金(投資信託とのセットではないもの)だけを利用させてもらい、それが満期になったら、さっさと撤収する事。

そして、この1年間で、ご自身の老後資金の計画をしっかりと立て、投資したいと思うなら、しっかりと勉強される事をお勧めします。

最低限、リスクだけはしっかりと理解する必要があります。

参考記事初心者のインデックスファンドの選び方。~初めてインデックス投資を行う方へ~

絶対に儲かるっていう話はありません。投資は儲けることもあるけど、損することもあるという事です。損する覚悟、そのリスクを負えない方は、投資なんてやるべきではありません。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする