投資本も投資ブログも話半分に読んだ方が良い。投資は必ず儲かるものと錯覚しないように。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

今や、多くのネットニュースやブログ等を通して、簡単に投資関連の情報を入手できる時代です。そして、書籍も多く出版されています。

本サイトでもいくつか書籍を紹介してきましたし、「しんたろう」自身も書籍・ブログから多くの事を勉強させてもらっています。

ただ、その話を全て鵜呑みにしたらダメ、話半分に読む、疑って読むぐらいがちょうど良いんです

投資は必ず儲かるか?

本サイトで主に取りあげているインデックス投資確定拠出年金(iDeCo)関連の書籍、そしてネット記事・ブログで、

「○○年前から投資していたら、今は○○の利益が出ている。」

といった表現やグラフが書かれている事が多くあります。(本サイトもその一つ)

それは、トランプ相場やアベノミクスで、今の株価(基準価額)がたまたま高い事を意味しているだけで、将来も同じような利益が出るという保証はどこにもありません。

勿論、「しんたろう」も含めて、今後も利益が出るだろうと予測・期待しているから投資しているのですが、そこには必ずリスクがある事をお忘れなく。

どうしても、こういった書籍・ブログを読むと、

「過去に投資しなかった事を後悔、今からでもすぐに投資しなくちゃ!」

既に投資している方でも、

「もっと投資資金を増やさなくては!」

という感覚に陥ります。

「しんたろう」も、自分自身で投資サイト・ブログを運営し、よそ様のブログも多く読ませて頂いていますが、いつのまにか「インデックス投資は長期にコツコツ積立てていけば必ず儲かるものなんだ」っていう錯覚に陥る事もあります。

投資するか否か、無リスク資産とリスク資産の比率等、書籍・ブログ等を読んですぐに決めるのではなく、ちょっと冷静になってから改めて考えた方が良いでしょう。

投資ブログは、あくまで個人が何の責任もなく書いているにすぎない。

書籍より身近な情報源である投資ブログやネット記事。

投資ブログは、あくまで個人が、何の責任もなく書いているものだという事をお忘れなく。

いくらベテラン投資家・ブロガーだって間違った事を書いている事はありますし、そこには多くの主観も含まれています。

勿論、(決してベテランとは言えない「しんたろう」が書いている)このサイトも同じです。

ネット記事だって、それが大手メディアの記事だったとしても、必ずしも公平な立場で、正しい事が書かれているとは限りません。

投資ブログやネット記事の情報を鵜呑みにするのではなく、それを自分なりに改めて考えてみる事が必要です。

書籍やブログの刺激的なタイトル・表現に惑わされない。

書籍やブログ(含むSNS)で刺激的なタイトルや表現が使われる事が多くありますが、これは単に読者の関心を引くため。どちらも、読まれてナンボの世界ですから。

中には、「投資しないのは情弱」みたいな表現をされる方もいますが、決してそんな事はありません。

元本割れは絶対に嫌だという方は無理に投資する必要もないし、またリスクを取らなくても十分な生活が出来る収入・資産のある方も同じ。(実際は、お金持ちほど、もっと資産を殖やしたいと投資する傾向にあるのでしょうけど)

強制的に加入せざるを得なくなった企業型確定拠出年金、定期預金や保険などの元本確保型の商品に100%預けるのだって、決して間違った選択ではありません。(どの商品を選んだらよいか分からないから定期預金、っていう方はちょっと勉強した方が良いと思うけど…)

というふうに、この記事も「しんたろう」の完全な主観で書いています。

まとめ

投資関連の書籍・ネット記事・ブログ、参考になる、勉強になる本、記事も多くあります。

しかし、それを鵜呑みにせず、自分なりの考えをもって、自分自身の投資スタンスを決める事が重要話半分に読むぐらいに、そして、ちょっと疑って読むぐらいがちょうど良いんです。

「しんたろう」が運営しているこのサイト、勿論、正しい情報を伝えるよう努力はしていますが、間違いが無いという保証はありません。そして、主観的な記事は「コラム」というカテゴリーに分けて書くようにしていますが、それ以外の記事にも主観が含まれる場合もあります。

そこをご承知の上で、このサイトも話半分に読んでください!

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする