ファンドニュース・新規設定ファンド

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 4回目の信託報酬引下げ。(SBI・新興国株式インデックス・ファンドに対抗)

投稿日:

 

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

三菱UFJ国際投信は、同社が運用するeMAXIS Slim 新興国株式インデックスの信託報酬を引き下げると発表しました。

これは、2020年8月12日に発表されたSBI・新興国株式インデックス・ファンドの実質的な信託報酬引下げに対抗したものです。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 信託報酬引下げ

信託報酬引下げ日

2020年9月25日より

 

引下げ後の信託報酬

下表のように引き下げられます。
*参考までにSBI・新興国株式インデックス・ファンド、<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンドも記載します。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの信託報酬引下げ
 現状改定後
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス0.2079%
(税抜  0.189%)
0.1870%
(税抜  0.170%)
[参考]
SBI・新興国株式インデックス・ファンド
0.176%
(税抜  0.170%)
[参考]
<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックス
0.2079%
(税抜  0.189%)

引下げ後は、新興国株式インデックスファンドとして、SBI・新興国株式インデックス・ファンドとならび税抜きでは同率最安値となります。ただ、税込みでは若干負けます。

また、MSCI エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとするファンドでは、<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンドを引き離し、単独で最安値となります。

 

受益者還元型信託報酬

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは、下表のように純資産総額に応じて信託報酬率が変わる受益者還元型信託報酬を採用していますが、当然これも引下げとなります。

*税込表記

純資産総額現状改定後
500億円未満の部分0.2079%0.1870%
500億円以上1,000億円未満の部分0.2024%0.18645%
1,000億円以上の部分0.1969%0.1859%

純資産総額が500億円増えるごとに、その超えた部分について税抜で0.0005%ずつ下がります。

下がり幅は従来の0.005%から0.0005%と小さくなりました。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの信託報酬変更履歴

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは設定から約3年で4回目の信託報酬引下げとなります。

eMAXIS Slim新興国株式インデックスの信託報酬変更履歴
引下げ日信託報酬(税込)備考
2017/7/31
 0.3672%新規設定
2017/11/100.36612%ニッセイ新興国株式の引下げに対抗
2017/12/130.20520%SBI・新興国株式に対抗
2018/7/250.20412%ニッセイ新興国株式の引下げに対抗
2019/10/10.2079%消費税増税(8%-->10%)
2020/9/250.1870%SBI・新興国株式の引下げに対抗
??????%???

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは、信託報酬でライバルファンドに負けることがないよう常に対抗引下げを行ってきたことがわかります。

ライバルファンドが信託報酬を引き下げても、迅速に対抗引下げを行うのがeMAXIS Slimシリーズの大きな魅力です。そして、ベンチマークが異なっていても概ね類似のファンドであれば、それにも対抗してきました。

 

販売会社

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは下記の金融機関で購入出来ます。

*主にネット証券、ネット取引での取扱いとなります。

SBI証券
投資信託保有で毎月Tポイントがもらえます。さらにTポイントで投資信託を購入する事も出来ます。
(つみたてNISAでも購入可能)
公式サイト SBI証券

楽天証券
投資信託保有で毎月楽天ポイントがもらえます。さらに楽天ポイントで投資信託を購入する事も出来ます。また、楽天カード(クレジットカード)で投資信託を積立購入する事が出来ます(上限5万円/月)。勿論ポイント還元があり事実上1%割引で購入出来るようなものです。
(つみたてNISAでも購入可能)
公式サイト楽天証券楽天カード

SMBC日興証券(ダイレクトコース)
大手店頭証券で唯一eMAXIS Slimシリーズを取扱い(ダイレクトコースのみ)。
国内株式を定額(100円~)、買付手数料無料(100万円以下)で買付・積立出来、さらにdポイントも使えるキンカブ・日興フロッギーも魅力の証券会社。
(つみたてNISAでも購入可能)
公式サイトSMBC日興証券

松井証券
松井証券は、複数の投資信託を積立する際、設定したポートフォリオ(配分比率)になるよう自動的に購入商品・金額を調整してくれる「リバランス積立」が魅力(無料で利用可能)。
(つみたてNISAでも購入可能、但しリバランス積立はつみたてNISAでは非対応)
公式サイト松井証券

その他のネット証券
マネックス証券auカブコム証券岡三オンライン証券GMOクリック証券等。

勿論、つみたてNISA対象のファンドです。(上記金融機関でもつみたてNISAを取扱っていない場合があります)

また、個人型確定拠出年金(iDeCo)で取扱っているのは、マネックス証券 iDeCo松井証券 iDeCoSBI証券 iDeCo(セレクトプラン)のみとなります。

 

主なインデックスファンド一覧は下記ページをご覧ください。

 

新興国株式インデックスファンドの最新の人気・運用状況は下記ページをご覧下さい。

 

以上、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの信託報酬引下げのニュースでした。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2020 All Rights Reserved.