個人向け国債

マネックス証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーンを解説。少額購入で最も有利、SBI証券等とも比較。

投稿日:2017年5月11日 更新日:

マネックス証券個人向け国債キャッシュバックキャンペーンの詳細を解説します。

*マネックス証券も他社同様、2017年3月以降、キャッシュバック金額が減額されました。
*マネックス証券は2018年1月を最後にキャンペーンを実施していません。

スポンサーリンク

マネックス証券 個人向け国債キャッシュバックキャンペーンの詳細

対象となる個人向け国債、募集期間

変動10年、固定5年、固定3年、全てが対象となります。

 

キャッシュバック金額

購入金額プレゼント金額
金額によらず合計購入金額 x 0.15%
(参考)2017年2月までのキャッシュバック金額
500万円未満合計購入金額 x 0.2%
500万円以上合計購入金額 x 0.3%

購入金額は1万円から。プレゼント金額に上限無。

マネックス証券も、他社同様、2017年3月以降キャッシュバック額が大幅に減額されました。以前に比較し、500万円未満では-25%、500万円以上では-50%の減額となります。

但し、マネックス証券の場合、

  • 1万円と少額の購入でもキャッシュバックが貰える
  • 他社のように100万円単位毎にキャッシュバック金額が増額されるのではなく、購入金額に対する比率で決まるので無駄がない。

というメリットがあり、これは現在も継続されています。

尚、0.15%というのは、課税前銀行預金金利相当0.188%となります。

 

マネックス証券と他社の比較

マネックス証券と他社のキャッシュバック金額を比較します。尚、下記の比較は変動10の場合です。

購入金額マネックス証券SBI証券みずほ・
大和証券等
1万円15円対象外対象外
10万円150円対象外対象外
50万円750円500円対象外
99万円1,485円500円対象外
100万円1,500円1,000円2,000円
133万円1,995円1,000円2,000円
134万円2,010円1,000円2,000円
150万円2,250円1,000円2,000円
199万円2,985円1,000円2,000円
200万円3,000円2,000円4,000円
266万円3,990円3,000円4,000円
267万円4,005円2,000円4,000円
299万円4,485円3,000円4,000円
300万円4,500円3,000円6,000円
300万円超の場合はみずほ・大和証券などが有利

99万円以下134万円以上199万円以下、及び267万円以上299万円以下の場合、マネックス証券のキャンペーンが最も有利となります。

他社を含めた最新のキャッシュバックキャンペーン情報は↓を参照して下さい。

 

まとめ

個人向け国債を少額で購入する場合、マネックス証券のキャンペーンが有利となります。

また300万円以上購入する方でも、100万円単位はみずほ証券、大和証券などで購入し、残りの100万円未満の端数をマネックス証券で購入するというのが最もお得な個人向け国債の購入方法です。

公式サイトマネックス証券

尚、マネックス証券個人向け国債キャッシュバックキャンペーン課税前銀行預金金利相当と、他の銀行(信用金庫)の定期預金金利のランキング・比較は↓にまとめてあります。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-個人向け国債

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.