証券会社

【マネックス証券】米国ETF(一部銘柄)の買付手数料を実質無料に! 為替手数料(買付時)無料も引き続き継続。

投稿日:2019年12月10日 更新日:

マネックス証券は米国ETFの一部銘柄の買付手数料を実質無料にすると発表しました。

[最終更新日:2020.6.16]米ドル買付時為替手数料無料継続

スポンサーリンク

マネックス証券 米国ETF買付応援プログラム「US ETF Assistプログラム(通称:USAプログラム)」

開始日

2020年1月2日(木) (現地約定分)

 

内容

対象銘柄の買付手数料(税抜き)を米ドルで全額キャッシュバック

*非課税口座は対象外

 

対象ETF

・バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF(ティッカー:VT)
・バンガード・S&P500ETF(ティッカー:VOO)
・バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF(ティッカー:VTI)
・i シェアーズ・コア S&P 500 ETF(ティッカー:IVV)
・SPDR トラストシリーズ 1(ティッカー:SPY)
・ウィズダムツリー インド株収益ファンド(ティッカー:EPI)
・ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド(ティッカー:DHS)
・ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド(ティッカー:DLN)
・ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド(ティッカー:DGRW)

*尚、本プログラムの開始により「ゼロETFプログラム」(ウィズダムツリーETF 27本の売買手数料無料)は2019.12.31で終了となります。ゼロETF保有者は2020年3月31日まで実質無料。

 

米国株 為替手数料(買付時)無料も継続

当初、キャンペーンとして2020年1月7日に終了予定だった、

米国株取引の為の円からドルへの為替手数料(買付時)無料

を2020年1月8日以降も継続し、引き続き無料となります。

今後は定期的に見直しがはいり、次回の変更は2020年4月 6月 9月予定。
*2020年4月、6月の見直しでは無料が継続される事になりました。

*見直しの結果、有料になる事もあります。

公式サイト(口座開設)マネックス証券

以上、マネックス証券 米国ETF(一部銘柄)購入時手数料実質無料と買付時の為替手数料無料継続のニュースでした。

 

[2019.12.12追記]SBI証券、楽天証券も同様のサービスを開始しました。下記ページに各証券会社の無料ETFをまとめてあります。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2020 All Rights Reserved.