証券会社

【マネックス証券】国内株式現物売買手数料引下げ ~取引毎手数料コース~

投稿日:

マネックス証券は国内株式売買手数料(取引手数料)を引下げると発表しました。

尚、マネックス証券は1注文(1約定)ごとに手数料を計算する「取引毎手数料コース」と、1日の約定金額合計で手数料が決まる「1日定額手数料コース」の2種類がありますが、今回改定されるのは「取引手数料コース」です。

マネックス証券 国内株式売買手数料(現物)の引下げ ~取引毎手数料コース~

改定日

2022年3月22日より

 

国内株式売買手数料

改訂前後の手数料は下表のようになります。

また、株式売買手数料の引下げで先行していたSBI証券(スタンダードプラン)楽天証券(超割コース)の手数料も同時に記載します。

マネックス証券 国内株式(現物)売買手数料 ~取引毎手数料コース~ (税込)
1約定金額従来改定後SBI証券
楽天証券
5万円まで110円55円55円 
10万円まで99円99円 
20万円まで 198円115円115円 
30万円まで 275円275円275円 
40万円まで 385円
50万円まで 495円
100万円まで(成行)1,100円
(指値)1,650円
(アプリ)約定金額
の0.11%
535円 535円
150万円まで(成行・アプリ)
約定金額
の0.11%
(指値)
約定金額
の0.165%
640円 640円
3,000万円まで1,013円1,013円
3,000万円超1,070円 1,070円 

今回の改定によりマネックス証券SBI証券楽天証券の同等の手数料になりました。

 

スポンサーリンク

1日定額手数料コースは変更無

1日の約定金額合計で手数料が決まる「1日定額手数料コース」は今回は変更の対象とならず、従来通り、

1日約定金額合計100万円以下 550円、

100万円超 300万円毎に2,750円

がかかります。

SBI証券(アクティブプラン)楽天証券(いちにち定額コース)では、100万円までを無料としているだけで、マネックス証券にも「1日定額手数料コース」の引下げも期待したいところです。

 

以上、マネックス証券、国内株式売買手数料改定のニュースでした。

マネックス証券

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)で投資信託積立が出来ます。
投信積立でのポイント還元率は1.1%と主要ネット証券で最高水準。
*通常ショッピング時の還元率は1.0%
また、投資信託保有でポイントも貯まります。(一部ファンドを除く)
マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。
*マネックスカードの年会費は初年度無料、翌年以降も年1回の利用(投信つみたてを含む)で無料となります。

 

国内株式売買手数料(現物)の各社比較は下記ページをご覧下さい。

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前、2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.