定期預金・銀行・信用金庫

【住信SBIネット銀行】「外貨積立」の為替手数料が引き下げられます。

投稿日:2018年3月30日 更新日:

住信SBIネット銀行は、「外貨積立」における買付時為替手数料を引き下げると発表しました。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行 「外貨積立」時の為替手数料 引下げの詳細

改定日

2018年4月2日より。

 

改定後の為替手数料(片道)

改定後の為替手数料は下表のようになります。

尚、今回引下げられるのは「外貨積立」のみです。通常のスポット取引時の為替手数料は変更ありません。(下表には参考までに両方を記載してあります)

*いずれも1通貨当たりの片道の為替手数料です。

通貨改定前改定後(参考)積立以外
の取引時
米ドル4銭2銭4銭
ユーロ13銭11銭13銭
英ボンド28銭23銭28銭
豪ドル5銭5銭25銭
NZドル25銭23銭25銭
カナダドル25銭23銭25銭
スイスフラン28銭23銭28銭
香港ドル5銭3銭5銭
南アランド14銭12銭14銭

 

住信SBIネット銀行の外貨積立

住信SBIネット銀行の外貨積立は、

  • 最低500円からの積立
  • 毎日、毎週、毎月と設定可能
  • 購入上限レートの設定が可能 (例えば、1ドル110円より円安になったら積立を行わないといった指示が可能)

実際の積立設定画面は↓のようになります。

尚、積立ですので、通常の取引のように指値での注文は出来ません。買付日のAM8:30の為替レートで約定します。

p.s. 積立ではなく、単発的に為替取引を行いたい方も、一度、積立設定で取引を行い、取引終了後、積立解除すれば安い為替手数料になりますね。成行で構わなければ。

 

SBI証券の米国株式・ETF定期買付サービスと組み合わせると便利

住信SBIネット銀行で積立した外貨は、外貨即時決済サービスを利用して、SBI証券へ出金、そしてSBI証券での外国株の購入資金にあてる事が出来ます。

SBI証券では、2018年3月10日より、米国株式・ETF定期買付サービスを開始しましたが、これと、住信SBIネット銀行の外貨積立を組合わせると、ドルも、米国株・ETFもドルコスト平均法での積立が可能になります。

しかも為替手数料は、今回の改定により米ドル2銭と非常に低くなります。

SBI証券で為替取引(円貨決済)を行うと、片道25銭の手数料がかかりますので、住信SBIネット銀行での外貨取引の方が断然お得です。

ただ、残念ながら、住信SBIネット銀行SBI証券間の外貨入出金は、その都度、ネット上で操作する必要があります。これが自動的に出来るようになれば(外貨版ハイブリッド預金みたいに)、もっと便利になるのですが・・・

公式サイト住信SBIネット銀行

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-定期預金・銀行・信用金庫

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.