NISA、つみたてNISA

【楽天証券】つみたてNISA、毎日積立や楽天スーパーポイントの使用も可能に。キャンペーンも実施中。

投稿日:2017年9月15日 更新日:

豊富な商品ラインアップを誇り、楽天スーパーポイントで投資信託が購入できる楽天証券の「つみたてNISA」(積立NISA)について解説します。

[最終更新日 :2018.7.19]新規キャンペーンを追記。
[2018.4.14]つみたてNISAでの楽天スーパーポイント使用が春から夏頃に延期。

つみたてNISAって何?って方は↓の記事を参照して下さい。
参考記事つみたてNISA。その制度、お勧めの金融機関(証券会社・銀行)、商品(投資信託)を解説。現行NISAや個人型確定拠出年金(iDeCo)とも比較。

楽天証券 「つみたてNISA」 の特徴

対象ファンドの多くをラインアップ

銀行や大手証券では「つみたてNISA」対象ファンドの極一部の商品だけしか取扱っていないところが殆どですが、楽天証券の「つみたてNISA」は対象ファンドの多くをラインアップしています。

勿論、圧倒的な信託報酬の低さを誇るeMAXIS Slimシリーズも取扱っています。

 

毎日積立に対応

つみたてNISAでは、毎月または毎日の積立て設定が可能になります。

究極のドルコスト法である(究極の気休め?)毎日積立が楽天証券では初めて可能になります。

参考記事究極のドルコスト法である毎日積立って意味があるの? ただの究極の気休め? 複数のファンドで検証してみました。

また、ボーナス月の設定も可能です。

 

楽天スーパーポイントが使えます

既に、楽天証券では楽天スーパーポイントを使った投資信託の購入が可能ですが、つみたてNISAでも楽天スーパーポイントが使用できます。(2018年夏頃サービス開始)

参考記事【楽天証券】楽天スーパーポイントで投資信託購入。100ポイントで世界経済インデックスファンドを買う!

 

まとめて一括注文

従来、1商品(ファンド)毎に積立の設定を行っていましたが、つみたてNISAでは、積立額や分配金コースなどの設定を一括で行えるようになります。

 

厳選したパッケージを提案

投資初心者の為に、ファンドを組み合わせたパッケージ商品を提案してもらう事も出来ます。

 

年の途中から積立を開始した場合の増額設定

基本的に月々の積立上限額は約3.3万円ですので、1年の途中から加入した場合、限度額の40万円を使い切れない事になります。

そこで、楽天証券では、オプションで増額の設定を可能にし、月々の積立額を増額する事が出来ます。(勿論、積立金額の合計は40万円未満。そして年内の積立回数が2回以上ある事)

もしくは、ボーナス月設定(年2回)で40万円になるように調整する事も可能です。

今から口座開設、つみたてNISAを開始しても、非課税限度額の40万円を使い切る事が出来ます。

 

キャンペーン

*2018.7.2 新規キャンペーンが開始されました。

期間

 2018年7月2日~9月28日まで

 

キャンペーン(1)

対象者 : キャンペーン期間中にNISA口座(一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISA)を新規開設された方。 

プレゼント : 抽選で2,000名に2,000円をプレゼント。

 

キャンペーン(2)

対象者 : キャンペーン期間中(約定ベース)つみたてNISAで初めて取引し、合計約定金額が5,000円以上。

*約定代金は2018年9月28日時点の時価評価額。

プレゼント:抽選で1,000名に3,000円をプレゼント。

*キャンペーン(1)、(2)のプレゼントは重複できません。両方に該当する方はキャンペーン(2)が優先され抽選。

 

楽天銀行からの自動入出金(スイープ)でもっとお得に?

*以下は現在の特定口座で行えるサービスですが、「つみたてNISA」でも同じになるかは保証の限りではありません。

楽天証券で投資信託を購入する場合、楽天証券の買付余力を0にした上で、楽天銀行からの自動入出金(スイープ)を設定すると、投資信託購入のたびに楽天銀行から楽天証券に資金が振替えられ、それに伴い、楽天銀行で楽天スーパーポイントが1~3ptもらえます。(楽天銀行のステージがVIP以上であれば3pt)

即ち、つみたてNISAで毎日積立を行うと、毎日の積立額はおよそ1500円(22営業日として)、1銘柄100円として15銘柄買付すると、毎日3pt x 15 = 45pt、1月で45pt x 22=990ptもらえる事になります。

概ね3%のポイント還元となります。

(これだけの取引があれば楽天銀行のスーパーVIPにも自動的になれます)

ただ、楽天証券毎日積立が可能になるのは「つみたてNISA」が初めてであり、しかもポイント付与は楽天銀行のサービスですので、サービスが改定されるなど、実際に思惑通りポイントがもらえるかは保証の限りではありません。

*このサービスがあるから、楽天証券での一般口座・特定口座での毎日積立が実現しないのではないかと勝手に想像しています。

以上、楽天証券つみたてNISAのお知らせでした。

楽天証券つみたてNISA口座を開設するには、先ずは楽天証券の口座開設が必要です。

楽天証券

100円から、そして楽天スーパーポイントでも投資信託購入が可能。
楽天銀行との連携(マネーブリッジ)で普通預金金利が0.10%。
日経テレコンが読めるなどサービスも充実。
勿論、「つみたてNISA」にも最適な証券会社です。

楽天証券のメリットは↓の記事も参照して下さい。
参考記事投資信託なら「楽天証券」。投資初心者、「つみたてNISA」(積立NISA)で投資デビューする方にもおすすめのネット証券。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-NISA、つみたてNISA

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2018 All Rights Reserved.