「 月別アーカイブ:2017年02月 」 一覧

コラム

ターゲットイヤー型の投資信託をお勧めできない二つの理由。リスク許容度は人により様々、そして年齢とともに必ずしもリスクを下げる必要はない。

2017/02/28  

企業型、個人型確定拠出年金等にラインアップされているターゲットイヤー型のファンド。バランス型とならんで、多くの方が購入されているファンドかと思います。 ターゲットイヤー型は、当初は株式の比率が高いもの ...

インデックスファンド

ファンドニュース・新規設定ファンド

三菱UFJ国際投信 eMAXISシリーズ 低信託報酬のeMAXIS Slim設定。各アセットクラスとも最低水準の信託報酬を実現。

2017/02/10  

2017年2月8日、日経新聞が、 三菱UFJ国際投信は株式などで運用する投信4本の運用手数料(信託報酬)を業界最低とする。ライバル各社が対抗して手数料を下げても、連動して「常に最低」を実現する。 と報 ...

インデックスファンド

インデックス投資全般

[インデックス・ファンド] 信託報酬以外のコスト(実質コスト)とマザーファンド純資産総額との関係。マザーファンドの純資産総額も重要。

2017/02/09  

はじめに インデックス・ファンドにとって重要なのは、そのコスト。信託報酬だけでなく、それ以外のコストもかかる事は多くの方がご存知だと思います。 信託報酬は事前に分かりますが、それ以外のコストは決算が出 ...

個人型確定拠出年金(iDeCo)

確定拠出年金(iDeCo)

確定拠出年金の所得控除、年利15%と誇張した記事がありますが、全くの嘘です。だけど、特に年齢の高い方は、定期預金で運用するのも「あり」。

2017/02/09  

年利15%なんて事はありません。 先ず、個人型確定拠出年金(iDeCo)の記事で、年利15%以上、なんて書かれている事がありますが、これは全くの誤りです。 例えば、最近でも、NIKKEI STYLEの ...

証券会社

楽天証券、楽天銀行からの自動入出金に対応【自動入出金(スイープ)サービス】(2017年2月18日より)

2017/02/08  

楽天証券、2017年2月18日より、楽天銀行との自動入出金に対応するようになります。 今までも、24時間リアルタイム、無料での入出金は可能でしたが、毎回、資金移動の手続きが必要でした。 今回の、自動入 ...

証券会社

松井証券 投信工房 500円で世界分散毎日積立。積立結果の報告、そして、その買付方法のアルゴリズムも解説。

2017/02/03  

[最終更新日 2017/6/5] 投資信託の注文単位が2017年6月10日より500円から100円に引き下げられましたので、それに合わせて記事を修正・更新しました。 以前の記事(↓)で書いたように、松 ...

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2020 All Rights Reserved.