投資初心者、「つみたてNISA」(積立NISA)で投資デビューする方におすすめのネット証券「楽天証券」。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

これから投資信託(ファンド)に投資しようと思っている方、

そして、2018年から始まる「つみたてNISA」で投資デビューを考えている方、

先ずやらなければいけないのが、どこで購入するか、証券会社・銀行選びです。

銀行や大手店頭証券でも投資信託の購入は可能ですが、購入時手数料無料(ノーロード)(*1)や信託報酬(*2)の低いファンドのラインアップからみてネット証券がお勧め。

(*1)投資信託は購入時に手数料を取られる場合があります。そして同じ商品でも購入する銀行・証券会社によって購入時手数料は異なります。この購入時手数料が無料の事をノーロードと言います。これから投資信託を購入しようという方、ノーロードの投資信託を選びましょう。
(*2)信託報酬は、投資信託を保有している間ずっとかかる費用です。直接支払う訳ではありませんので手数料として認識しにくいのですが、実は毎日の基準価額(投資信託の株価のようなもの)は、既にこの手数料が差し引かれた後の価格になっているのです。信託報酬が高いからと言って良いファンドという事はありません。特にインデックスファンドの場合、信託報酬は基本的に低いものを選びましょう。目安としては0.3%以下。(一部のバランスファンドを除く)

そして、数あるネット証券の中から楽天証券を選択するメリットをご紹介します。

*ここでは基本的に国内外の個別銘柄の投資ではなく、投資信託、特にインデックスファンドを使った投資という前提で説明します。

楽天証券のメリット

商品の豊富さ

楽天証券には多くの商品(投資信託)、しかも、購入時手数料無料は当然として、信託報酬の低いファンドが多くラインアップされています。

今、投資信託(主にインデックスファンド)は熾烈な低コスト化競争を繰り広げており、次々と低コスト(信託報酬)のファンドが新規に設定されています。その新しいファンドもいち早く取扱うことが多いのが楽天証券です。

100円から投資信託の購入が可能

楽天証券では、100円から投資信託が購入できます。

貯金箱への100円玉貯金のかわりに、100円で世界に投資するのも夢があると思いませんか?

ちょっと飲み物を我慢した、ランチ代を安く上げた時など、その浮いたお金で、投資信託を購入してみるのも良いですね。スマホで簡単に購入できます

*100円からの投資信託購入はSBI証券、マネックス証券などでも実施しています。

楽天スーパーポイントで投資信託が購入できる。

楽天市場、そこで獲得した楽天スーパーポイント、折角もらったポイントを使い切ろうと、つい、あまり必要ではないものを購入した経験のある方も多いかと思います。

楽天証券では、楽天スーパーポイントで100ポイント(=100円)から投資信託が購入できます。(期間限定ポイントを除く)

楽天市場等で獲得した楽天スーパーポイントを、無駄なく将来の為の資産形成に役立てる事が出来ます。

勿論、これは楽天証券だけのサービスです。

投資信託所有で楽天スーパーポイントがもらえる。

投資信託の残高10万円毎に毎月4ポイントもらえます。年間に換算すると0.048%の還元になります。

このポイントを使って投資信託を購入する事も、楽天市場等で買い物に使う事も可能です。

*SBI証券では0.05%のポイント還元(低コストファンドの場合)ですので、これだけ見ると若干負けています。

「つみたてNISA」(積立NISA)も楽天証券

2018年から始まる「つみたてNISA」、これを機会に投資を始める方も多いかと思いますが、楽天証券の「つみたてNISA」は、

  • 金融庁が認定したファンドの多くを取扱い。
  • 毎月、または毎日の積立てが可能。
    「毎日積立」なら購入した翌日に相場がどうなろうが関係なし、究極のドルコスト平均法です。
  • つみたてNISA」でも楽天スーパーポイントが使用できます。(2018年春以降)

*「つみたてNISA」の取引方法については未だ公表されていない部分が多くありますので、明確になり次第更新します。

楽天銀行との連携でもっとお得に ~その1~  普通預金金利が0.1%

楽天証券とともに楽天銀行の口座を開設し、マネーブリッジ(*)を設定すると、楽天銀行の普通預金が0.1%になります。

都市銀行の定期預金金利よりはるかに高い金利です。

*マネーブリッジは楽天証券・楽天銀行間の資金の移動を無料で行えるサービスで、設定はネットから簡単に出来ます。勿論、申込は無料。

楽天銀行との連携でもっとお得に ~その2~  自動入出金(スイープ)機能

楽天証券・楽天銀行 自動入手金(スイープ)

マネーブリッジに加え、「自動入出金(スイープ)」を設定すれば、楽天証券に資金がなくても、投資信託購入時に自動的に楽天銀行から楽天証券に資金が振替えられます。

つまり、楽天銀行普通預金に資金をおいておけば、楽天証券の買付余力を気にする事無く投資が可能です。しかも、0.1%の高金利ですので無駄のない資産運用が可能になります。

楽天銀行との連携でもっとお得に ~その3~  楽天銀行でもポイントがもらえる。そしてハッピープログラムのステージ・アップも

上記のように、楽天証券で投資信託を買い付ける際、楽天銀行からの自動入出金(スイープ)にしておくと、楽天銀行では「楽天銀行即時入金サービス」1件としてカウントされ、1~3ポイントが付与されます。

(注意)楽天証券に資金があるとその資金で購入されますので、楽天証券の預り金は0にしておく必要があります。

楽天銀行の口座入出金明細
(100円積立を同一日に複数設定しても、1銘柄ずつ楽天銀行から出金されます。よって積立銘柄数だけ取引件数とカウントされます)楽天証券・楽天銀行 自動入手金(スイープ)

その時のハッピープログラムのステージがベーシック、アドバンストなら1pt、プレミアムなら2pt、VIP、スーパーVIPなら3ptが獲得できます。

22件の投資信託積立で22pt獲得
(最初なのでベーシックで1件1pt。今後は3倍になる筈です)楽天スーパーポイント

さらに、この取引はステージアップの取引件数としてもカウントされますので、20件以上行えばVIP、30件以上でスーパーVIPとなります。

積立開始1カ月でVIPに昇格楽天銀行 ハッピープログラム

例えば、100円の投資信託積立購入を月20件以上行えば、ステージは自動的にVIP以上となり、1回の取引で3pt、100円に対して3%の還元となるわけです。

勿論、ステージが上がりますので、楽天銀行のATM無料利用回数や他行振込手数料無料回数も増えます。

(注)「楽天銀行即時入金サービス」は1日あたり最大15回までの取引がポイント付与、取引回数のカウント対象です

個人型確定拠出年金(iDeCo)も楽天証券

個人型確定拠出年金(iDeCo)で投資を始める方も多いかと思いますが、楽天証券個人型確定拠出年金(iDeCo)は、無条件で運営管理機関手数料が無料、そして低コストのインデクスファンドをラインアップした、お勧めできるプランの一つです。

楽天証券個人型確定拠出年金(iDeCo)は楽天証券の口座が無くても加入する事が出来ますが、楽天証券の口座を保有すると、楽天証券にログインするだけで確定拠出年金の管理・運用が可能となります。

参考記事楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するなら楽天証券の口座も開設しましょう!

一日10万円までの国内株式取引は手数料無料

投資信託購入とは関係ありませんが、インデックス投資家でもETF等を購入する事もあるかと思います。

通常の株式売買は手数料がかかりますが、楽天証券の場合、1日の約定金額が10万円以下であれば手数料が一切かかりません。

(注)一日定額コースを選択しておく事。

日経テレコンも読めます

日経テレコンが、スマホ(iSPEED)、及びPC(マーケットスピード)で無料で見ることが出来ます。

iSPEEDは無条件、マーケットスピードも簡単な条件(例えば、マネーブリッジ・自動入出金の設定等)で無料で使う事ができます。

まとめ

以上、主に投資信託に投資する方にとっての楽天証券のメリットの解説でした。

楽天証券とともに、楽天銀行の口座を開設する事で、より便利に特に使う事が可能になります。

この機会に口座開設してみては如何でしょうか?

↓ 楽天証券の口座開設 ↓
+
↓ 楽天銀行の口座開設 ↓

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

シェアする

フォローする