ファンドニュース・新規設定ファンド

三井住友DSアセットマネジメント 「三井住友DS・外国株式インデックス年金ファンド」など確定拠出年金向けファンド7本新規設定。

投稿日:2019年6月28日 更新日:

三井住友DSアセットマネジメントは確定拠出年金向けインデックスファンド7本を新規に設定しました。

新規設定されるファンドは下記7本。

  • 三井住友DS・国内債券インデックス年金ファンド
  • 三井住友DS・国内株式インデックス年金ファンド
  • 三井住友DS・外国債券インデックス年金ファンド
  • 三井住友DS・外国株式インデックス年金ファンド
  • 三井住友DS・年金バランス30(債券重点型)/バランス50(標準型)/バランス70(株式重点型)
    【愛称:マイパッケージNEXT】

スポンサーリンク

三井住友DS・インデックス年金ファンドの詳細

設定日

2019年6月28日

 

新規設定ファンドのベンチマーク、信託報酬

新規設定される7本のベンチマーク・信託報酬を下表にまとめます。

*信託報酬は税込み表記

ファンドベンチマーク信託報酬
三井住友DS・
国内債券
インデックス年金ファンド
NOMURA-BPI
総合指数
0.1296%
三井住友DS・
国内株式
インデックス年金ファンド
TOPIX
(配当込み)
0.1512%
三井住友DS・
外国債券
インデックス年金ファンド
FTSE世界国債
インデックス
(除く日本)
0.1512%
三井住友DS・
外国株式
インデックス年金ファンド
MSCIコクサイ
(配当込み)
0.1512%
三井住友DS・
年金バランス
30(債券重点型)
50(標準型)
70(株式重点型)
合成指数
(詳細は後述)
0.1512%

購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

三井住友DS・年金バランス30(債券重点型)/50(標準型)/70(株式重点型)【愛称:マイパッケージNEXT】の詳細

三井住友DS・年金バランスは国内債券・国内株式(TOPIX)・先進国株式・先進国債券の4資産に投資するインデックス型のバランスファンドです。

各ファンドの資産配分比率は下図・表のようになります。

三井住友DS・年金バランス

 

 マイパッケージ
NEXT30
マイパッケージ
NEXT50
マイパッケージ
NEXT70
国内債券55%35%15%
国内株式20%35%50%
先進国債券10%10%10%
先進国株式10%15%20%
短期金融資産5%5%5%
株式・債券比率
株式30%50%70%
債券70%50%30%
国内・海外(先進国)比率
国内80%75%70%
海外25%25%30%

*図表中で短期金融資産は国内・債券として分類

各ファンドの名称の最後の数字が株式比率です。

3本とも国内比率が70~80%と非常に高いバランスファンドで、大和証券投資信託のダイワつみたてインデックスバランス30/50/70と類似の資産配分です。

 

販売会社

三井住友銀行 (2019.6.12のEDINET情報より)

 

販売形態

確定拠出年金専用ファンドと思われます。

2019.6.28時点で三井住友銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo)での取扱いはありません。企業型確定拠出年金のみの取り扱いとなるかもしれません。

 

以上、三井住友DS・年金シリーズ(?)、新規設定のお知らせでした。

尚、同社は既にDC用ファンド(一部は一般販売も実施)として三井住友・DCシリーズを運用していますが、今回新規設定されたファンドは、これよりも信託報酬が低く設定されています。

DC向けファンドは野村アセットマネジメント大和「つみたてインデックス」ニッセイDCシリーズと信託報酬引下げが続いていますが、税抜きで国内債券が0.12%、国内株式、先進国債券・株式、バランスファンドは0.14%というのが標準のようになってきているようです。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.