投資における期待リターンとリスクの考え方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

投資する場合、リターン(利益)に対して、どれだけのリスク(損失)があるかを十分に理解しておく必要があります。

投資におけるリターン・リスクの基本的な考え方

リターンとリスク

一般的に、リターンは年利回り、リスクはそのバラツキである標準偏差で表されます。

リターンは、簡単にいうと、1年間で何%もうかったか、損したかを表した数字です。

将来のリターンを予測する時は期待リターンという言葉を使います。

そして、投資では、儲かる時もあれば損する時もあります。その結果、リターンも毎月、毎年とばらつく事になります。そのバラツキがリスクと定義されています。

一方、銀行の定期預金だと、ある決まった年利(リターン)で利息が確実にもらえますのでリスクは0となります。(銀行の破たんを心配するならペイオフの範囲内で)

(注)リターンは、年利回りではなく、ある指定された期間で表示される場合もあります。例えば、3カ月のリターンとか、ある投資信託が設定されてから現在までのリターンなど。リターンの値を見る時は、その値が、年率換算されているかどうかを確認しましょう。

リスクは、リターンのバラツキ=標準偏差と言いましたが、ちょっと難しいですよね、その言葉通り、危険度、要するに損する確率を表していると理解しても問題ないでしょう。(正確には、同じ確率で期待したリターン以上に儲かる事もあります)

シャープレシオ (投資の効率性)

勿論、リターンは大きく、リスクは小さい方が良いのですが、一般的に、リターンが大きければリスクも大きくなります。リスク無くして大きなリターンは得られないという事です。

リスク0の定期預金で5%の年利なんてあり得ませんし、一方で、5%のリターンが期待できる株式投資でリスクが0という事も絶対にありません。(数字は、ただの一例です)

ただ、同じリスクでも、リターンが全く同じというわけではありません。投資対象により、同じリスクでもリターンが異なる場合があります。

このリスクに対するリターンの度合いをシャープレシオと定義します。

シャープレシオ 
 = (投資対象のリターン - 無リスク資産のリターン) / (投資対象のリスク)

無リスク資産のリターンとは、例えば定期預金等の金利の事です。現在のように金利が低い場合は、

シャープレシオ = (投資対象のリターン) / (投資対象のリスク)

と理解しても問題ないでしょう。

当然、同じリスクであれば、リターンが高い方が良いに決まっています。即ち、シャープレシオの数字が大きいほど、より効率的な投資と言えます。

投資で損する確率

投資って怖いと思われている方にとって、一番気になるのが元本割れする事、即ち、損するという事だと思います。

どの程度の確率で、どれだけ損するかは、

  期待リターン -   リスクのA倍

で計算できます。どこまでの可能性を考えるかでAの値、すなわちリスクの何倍を引くかが決まります。

具体的な例で説明します。例えば、期待リターンが年利3%、リスクが10%の投資があったとします。

期待通りいけば、3%で運用できるのですが、

リスク(標準偏差)の1倍とすれば、68.3%の確率で、
リターンは、-7%(3% – 1 x 10%)から13%(3% + 1 x 10%)の範囲内でばらつきます。期待した3%より損する事も、あるいは儲かる事もあるわけです。

損失側だけで考えると、(100%-68.3%)/2=15.9%の確率で、-7%以上の損失になる事があるという事です。

同様に、リスクの2倍とすれば95.5%の確率
-17%~23%の中に入り、
確率2.3%で、-17%以上の損失

同様に、リスクの3倍とすれば、99.7%の確率
-27%~33%の中に入り、
確率0.14%で、-27%以上の損失

という事になります。勿論、1年間の値です。

リスクの2倍程度(確率で95.5%)を見込む事が多いようですが、そのへんはご自身で決めるべきかと思います。

各資産クラス毎のリターン・リスク

*資産クラスとは、アセットクラスとも言いますが、それぞれの投資対象の事で、例えば、国内債券、国内株式、外国債券、外国株式などの事を意味します。

一つの例として、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が公表している値を紹介します。GPIFは我々の大切な国民年金、厚生年金を運用している機関です。

平成26年の業務概況書に示されているリターンとリスクを下表にまとめました。

*リターンは、経済中位ケースと市場基準ケースの二つのケースで示されていますが、ここでは、市場基準ケースの値を使用しました。より悪い方の値なのですが、それでも物価上昇率0.9%を想定したものです。なお、値は名目リターンです。(実質リターンに賃金上昇率を加えた値)

   期待リターン  リスク(標準偏差) リターン – 2 x リスク 
国内債券 2.0%  4.7% -7.4% 
国内株式 5.2%  25.1% -45.0% 
外国債券 3.5%  12.6% -21.7% 
外国株式 6.2%  27.3% -48.4% 

                       *GPIFデータよりしんたろう作成

2倍のリスク(すなわち95.5%の確率でこの範囲内に収まる)で、国内、海外株式とも50%近い損失が出る可能性があります。大切な資産が1年間で半分になる事もあるって事です。

このリスクを背負う覚悟がある方のみ、または、このリスクを許容できる資金の範囲内で投資すべきなんです。

勿論、国内債券など比較的リスクの少ないものに投資すれば、2倍のリスクでも7%程度の損失ですみます。

良く、新聞・雑誌などで、「年利○%で運用したら、こんなに余裕が出るんです」みたいな記事がありますが、リスクについてはちゃんと説明してない事が多いように思います。高いリターンを得るには、それなりのリスク=覚悟が必要な事をお忘れなく。

さらに、の期待リターン、リスクは将来にわたって保証された値ではありませんリスクは過去のデータから見積もったものですし、リターンには主観も含まれています。この点もご注意ください。

次回(↓)は「アセットアロケーションとリスク」ついてご説明します。
参考記事アセットアロケーションとリターン・リスク

リターンとリスク、その値を探すのも大変ですし、複数の投資信託を購入した際、その組み合わせのリターン・リスクを自分で計算するのはもっと大変です。
購入した投資信託のリターン・リスクをわかりやすく表示してくれるサービスを無料で行ってくれるのが松井証券 投信工房です。
公式サイト利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆

また、初めて投資、特に投資信託で投資する方は、個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用するのも良いでしょう。所得のある方なら(所得税・住民税を納めている方)、その税金が拠出額に応じて還付されます。お勧めは手数料が安い、マネックス証券楽天証券イオン銀行SBI証券です。

マネックス証券 公式サイト マネックス証券 iDeCo
楽天証券 公式サイト楽天証券 確定拠出年金
イオン銀行 公式サイトイオン銀行のiDeCo
SBI証券 公式サイトSBI証券 個人型確定拠出年金

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする