プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンドニュース・新規設定ファンド

【iFreeシリーズ】日経225、TOPIX、日本債券信託報酬引下げ。

投稿日:2019年5月15日 更新日:

大和投資信託は同社が運用する低コストのインデックスファンド、iFreeシリーズ3本の信託報酬を引き下げると発表しました。

引き下げられるのは下記の3本です。

  • iFree 日経225インデックス
  • iFree TOPIXインデックス
  • iFree 日本債券インデックス

スポンサーリンク

iFree 日経225インデックス・TOPIXインデックス・日本債券インデックス 信託報酬引下げ

信託報酬引下げ日

iFree 日経225インデックス、iFree TOPIXインデックス

2019年6月13日

 

iFree 日本債券インデックス

2019年8月24日

 

改定後の信託報酬

下表のように引下げとなります。(税込表記)

*スマホの方は横にスクロールしてご覧ください。

ファンド現在改定後現在の最安値
iFree
日経225
0.17172%0.1512%0.1512%
eMAXIS Slim
iFree
TOPIX
0.17172%0.1512%0.1512%
eMAXIS Slim
iFree
日本債券
0.1512%0.1296%0.1296%
eMAXIS Slim

*iFree日本債券インデックスは新発10年国債利回りが1%以上になると信託報酬が上がり0.2376%となります。これは改定後でも変わりません。

3本とも現在の最安値eMAXIS Slimと並び、同率で最安値となります。

iFree日経225、TOPIXの2本は2018年12月13日にも信託報酬引下げを行ったばかりですが、今回の引下げで、再度eMAXIS Slimに並ぶ事になります。

 

以上、iFreeシリーズ3本の信託報酬引下げのニュースでした。

願わくば、国内株式・債券だけでなく先進国株式、S&P500などもeMAXIS Slimに対抗し、さらなる引き下げを期待します。

 

主なインデックスファンド一覧は下記ページをご覧ください。(今回の改定反映済)

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイト(PR)マネックス証券

マネックス証券の口座はSBI新生銀行経由でも開設出来ます。

SBI新生銀行新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

公式サイト(PR)SBI新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイト(PR)auカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

新規口座開設者限定 円定期 1年0.35%(税引前,2024.3.29まで)
*募集総額2,000億円到達したら終了

他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイト(PR)UI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2024 All Rights Reserved.