プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンドニュース・新規設定ファンド

【三井住友トラスト・アセットマネジメント】SMT、My SMTシリーズ等のベンチマークを「配当込み指数」へ変更。

投稿日:

三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社は、同社が運用するインデックスファンドや、その他のファンドで使用しているベンチマークを配当込み指数に変更すると発表しました。

勿論、同社が運用する低コストのインデックスファンド、SMT/My SMTシリーズのベンチマークも変更となります。

スポンサーリンク

【三井住友トラスト・アセットマネジメント】SMT/My SMTシリーズ等のベンチマークを「配当込み指数」へ変更

ベンチマークを配当込み指数に変更

三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用し、従来、「配当を含まない指数」をベンチマーク(または参考指数)としていた株式・リート等に投資するファンドのベンチマークを「配当込み指数」に変更します。

尚、「配当込み指数」には、配当に対する課税を考慮しないグロス、考慮するネットの2種類がありますが、どちらになるのかは現時点では不明です。

 

変更時期

ベンチマークの変更 :  2023年半ばごろ

 

対象となるファンド

多くのファンドが対象となりますが、低コストのインデックスファンドでは、

  • SMT TOPIXインデックス・オープン
  • SMT 日経225インデックス・オープン
  • SMT グローバル株式インデックス・オープン
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン
  • SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン
  • My SMT TOPIXインデックス(ノーロード)
  • My SMT 日経225インデックス(ノーロード)
  • My SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)
  • My SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)
  • My SMT ダウ・ジョーンズ インデックス(ノーロード)
  • 世界経済インデックスファンド
  • SMT 世界経済インデックス・オープン

等が対象となります。

 

スポンサーリンク

コメント

ベンチマークが配当を含む、含まないで実際の運用が変わるものではありません。ただ、配当を含まないベンチマークの場合、ファンドの騰落率はベンチマークより基本的に配当分高くなりますので、ベンチマークとの乖離が分かりにくいという難点がありました。

今回の変更により、月報、運用報告書などでのベンチマークとの乖離がより正確にわかるようになります。また「配当を含まない指数」に懸念を持ったいた方の不安も解消されます。

 

 

*尚、厳密には配当込み指数(グロス・ネット)でも、実際のファンドとはコスト要因以外の乖離が生じます(海外に投資するファンドの場合)。グロスは配当課税分、ネットは配当課税が日本に対して適切でない為です。詳細は下記ページをご覧下さい。

 

各社のインデックスファンド一覧は下記ページ。ここにベンチマークは配当込(グロス、ネット)、除くも記載してあります。(今回の三井住友トラスト・アセットマネジメントの変更は実際に変更になった後、順次更新していきます)

 

同様の変更をeMAXIS Slimなどを運用する三菱UFJ国際投信も2019年に行いました。

 

また、iFreeシリーズを運用する大和アセットマネジメントも2023年半ばに変更する事を発表しています。

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立でのポイント還元率は月5万円までは最高水準の1.1%(5~10万円部分の還元率は下がります)

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は月10万円まで1.0%

公式サイトauカブコム証券

 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2024 All Rights Reserved.