証券会社

【楽天銀行 x 楽天証券】マネーブリッジで楽天銀行口座に残す金額を設定可能に。

投稿日:2018年5月1日 更新日:

楽天銀行楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」に、2018年5月1日より新機能が追加されました。

スポンサーリンク

楽天銀行・楽天証券 自動入出金(スイープ)の機能追加

楽天銀行楽天証券、両方の口座を所有し、マネーブリッジを設定すれば、自動入出金(スイープ)を利用できます。

自動入出金(スイープ)は、楽天銀行の普通預金残高が、そのまま楽天証券の買付余力となり(買付時に資金が自動的に楽天証券に振替えられます)、さらに楽天証券の預り金が自動的に楽天銀行の普通預金に出金されるサービスです。

楽天銀行の普通預金は、マネーブリッジを設定するだけで0.10%と高金利になりますので(300万円超は0.04%)、無駄なく運用する事ができます。

 

楽天銀行に残す金額を設定可能に

従来、自動入出金(スイープ)使用時に、楽天証券口座に残す金額を設定する事は出来ました。

今回の機能追加で、新たに楽天銀行に残す金額も設定出来るようになります。

楽天銀行口座で、クレジットや公共料金等の引落を使用している方には便利な機能となります。

 

楽天銀行・楽天証券 どちらからでも設定が可能です。

従来は楽天証券サイトからの設定のみでしたが、今後は、楽天銀行楽天証券、どちらの口座からでも設定が可能になります。

楽天証券での設定画面

楽天銀行、楽天証券マネーブリッジ

楽天銀行での設定画面

楽天銀行、楽天証券マネーブリッジ

上限額は設定出来ません (ペイオフ対策)

ペイオフを考えると、楽天銀行 残高が1,000万円を超えないようにしたいところですが、残念ながら今回の機能追加では、楽天銀行の上限額を設定する事は出来ません。

楽天証券に多額の預り金がある場合、ご自分で計算して、楽天証券に残す金額を設定し、楽天銀行残高が1,000万円以上にならないように調整する必要があります。

今後の改善に期待したい点です。

因みに、SBI証券住信SBIネット銀行間の連携サービスでは、住信SBIネット銀行(ハイブリッド預金)の上限額を設定できます。

SBI証券・住信SBIネット銀行の場合

以上、楽天銀行楽天証券マネーブリッジ自動入出金(スイープ)の機能追加のお知らせでした。

公式サイト楽天証券(楽天証券、楽天銀行両方の口座開設が可能です。勿論、口座維持手数料は不要です)

 

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

*1年間だけながらauユーザーは最大5%、UQ mobileユーザーなら最大3%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年/3年/5年 0.20%(税引前)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.