証券会社

【楽天証券】米国株式・ETFに楽天ポイントで投資! 積立投資「米株積立」にも対応。

投稿日:

楽天証券では、楽天ポイントで投資信託や国内株式(現物)に投資出来るサービスを実施していますが、新たに楽天ポイントで米国株式・ETFに投資出来るサービスを開始します。さらに米国株式・ETFの積立投資にも対応します。

スポンサーリンク

楽天証券 楽天ポイントで米国株式に投資

サービス開始日

2021年12月26日

 

楽天ポイントで米国株式に投資

楽天ポイント 1pt = 1円として、買い注文時および積立設定時の購入代金または手数料の全額または一部に利用できます。

*円貨決済時
*楽天ポイントコースに設定しておく事

 

楽天ポイントの利用方法

下記3パターンから選択できます。

  • すべての利用可能ポイントを使う
  • 毎日の利用上限ポイントを設定
  • 毎月の利用上限ポイントを設定

*期間限定ポイント、他ポイントから交換した楽天ポイントなど一部使用できないポイントがあります。

 

対象口座

特定口座、一般口座、NISA口座

*ジュニアNISAは対象外。

スポンサーリンク

楽天証券 米国株式・ETF取引積立サービス「米株積立」の詳細

サービス開始日

2021年12月26日

 

サービス内容

設定した株数、金額を上限として定期的に米国株式・ETFを購入できます。

 

積立指定日

毎週(曜日指定コース)、毎月(日付指定コース)を設定できます。

年2回のボーナス月(6,12月)も設定可能。

 

決済方法

  • 米ドルによる外貨決済
  • 日本円による円貨決済  *マネーブリッジ自動入出金(スイープ)対応。

 

設定単位

最低設定金額 1万円以上1円単位 (外貨決済では1万円相当額以上1米ドル単位)

  • 金額指定: 外貨決済(1米ドル単位)、円貨決済(1円単位) 
    *各銘柄の最低取引単位以上の金額を設定
  • 株数指定 : 1株以上
    *最低設定金額以上の株数を設定

 

手数料

通常の委託手数料と同じ手数料

 

対象口座

特定口座、一般口座、NISA口座

*ジュニアNISAは対象外。

 

楽天銀行との連携サービス「マネーブリッジ」の自動スイープ機能に対応

米株積立は、楽天銀行との連携サービス「マネーブリッジ」にも対応し、買付資金を楽天銀行口座から自動的に楽天証券に入金出来ます。(円貨決済時のみ)

 

以上、より便利になった楽天証券の米国株式投資サービスのご紹介でした。

公式サイト楽天証券

 

米国株式の積立サービスはSBI証券マネックス証券でも実施しています。

 

マネックス証券では配当金の自動再投資にも対応しています。

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

*1年間だけながらauユーザーは最大5%、UQ mobileユーザーなら最大3%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年/3年/5年 0.20%(税引前)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.