ファンドニュース・新規設定ファンド

楽天・インデックス・バランス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド)等の実質的な信託報酬引下げ。

投稿日:2021年3月22日 更新日:

楽天投信投資顧問株式会社が運用する下記ファンドの実質的な信託報酬が引下げとなります。これは投資先ファンドの経費率の変更(シェアクラス変更)によるものです。

スポンサーリンク

楽天・インデックス・バランス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド)等の実質的な信託報酬引下げ

変更日

2021年3月23日(公表日)

*いつから変更になったかは現時点で明確な情報がありません。

 

投資先ファンドの変更

各ファンドの債券部分はバンガード社のファンドに投資していますが、これが変更になるとともに、その経費率が引き下げられます

 ファンド経費率
従来Vanguard Global Bond Index Fund - JPY Hedged Acc0.15%
変更後Vanguard Global Bond Index Fund - Institutional Plus JPY Hedged Acc0.10%

従来、変更後のファンドとも基本的に同じもので、Share Classの変更のようです。これで経費率が0.15%から0.10%に-0.05%pt引下げになります。

 

楽天・インデックス・バランス・ファンド等の変更後の信託報酬

上記バンガードの債券ファンドに投資している下記ファンドの実質的な信託報酬が引下げとなります。

*実質的な信託報酬 = 信託報酬 + 投資先ETF/ファンドの経費率

ファンド実質的な信託報酬
従来改定後
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型) 0.247% 0.222%
楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型) 0.233% 0.218%
楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型) 0.261% 0.226%
楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド 0.282% 0.232%
楽天・インデックス・バランス(DC年金) 0.206% 0.163%

当然、債券比率の大きいファンドの引き下げ幅が大きく、最大0.05%ptの実質的な引き下げとなります。

 

以上、楽天・インデックス・バランス・ファンド等、計5本の実質的な信託報酬引下げのニュースでした。

 

楽天・インデックス・バランス・ファンドの詳細は下記ページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

*1年間だけながらauユーザーは最大5%、UQ mobileユーザーなら最大3%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年/3年/5年 0.20%(税引前)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.