ファンドニュース・新規設定ファンド

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド (実質的な)信託報酬引下げ。(バンガードETF経費率改定を反映)

投稿日:

SBIアセットマネジメントは、SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド実質的な信託報酬を引き下げると発表しました。

これは投資対象としている米国バンガード社ETFの経費率引下げによるものです。

バンガード Total World Stock ETF【VT】の経費率 引下げ

2022年2月25日より下表のように引き下げられました。

ETF従来改定後
【VT】Total World Stock ETF0.08%0.07%

 

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドの(実質的な)信託報酬引下げの詳細

上記バンガードETF VTの経費率改定を受けて、SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド実質的な信託報酬は下記のようになります。

*全て税込み表記
*信託報酬と投資先ETF経費率の合計を「実質的な信託報酬」と記載。

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド
 信託報酬ETF経費率実質的な
信託報酬
従来0.0638%0.08%0.1438%
改定後0.0638%0.07%0.1338%
(参考)
楽天・全世界株式(*)
0.132%0.07%0.202%
(参考)
SBI・全世界株式
0.0682%0.042%0.1102%
(参考)
eMAXIS Slim全世界株式
------0.1144%

*楽天・全世界株式いンデックス・ファンド(楽天バンガード)もVTに投資しており、同じように0.01ポイント引き下げらると発表済。

 

以上、SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドの実質的な信託報酬引下げのニュースでした。

 

主なインデックスファンドの信託報酬・実質コストは下記記事を参照して下さい。(今回の引下げも反映済)

 

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前、2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.