証券会社

【松井証券】米国株式・米国ETFに外貨決済サービスを開始。米ドル買付為替手数料無料キャンペーンも開始!

投稿日:

2022年2月に米国株式・ETFの取り扱いを開始した松井証券、当初、円貨決済のみでのスタートでしたが、新たに外貨決済サービスが追加されます。

スポンサーリンク

松井証券 米国株式・米国ETFの取引に外貨決済を開始

サービス開始日

2023年2月13日(予定)

 

サービス内容

注文時に米ドル・円どちらかを選択できるようになります。

為替取引(米ドル買、米ドル売)機能も新たに追加されます。

従来は円決済での売買のみでしたが、今後は保有する米ドルで米国株を買い、また売却した米国株の売却額をドルで受け取る事が出来ます。
円貨決済では売買の度に為替手数料がかかりますが、ドル決済では為替手数料無で売買できます(勿論、為替取引を行えば手数料が発生します)

 

米ドル買付時の為替手数料無料キャンぺーン

キャンペーン期間

2023年2月13日開始予定

*終了時期は未定

 

キャンペーン内容

米ドル買付時の為替手数料が0銭(通常時 25銭/米ドル)

また、

円での株式購入時の買付為替手数料も0銭(通常時 25銭/米ドル)

となります。

*エントリーは不要で全員が対象となります。

 

スポンサーリンク

松井証券の米国株・米国ETF

取扱い銘柄数

当初約400銘柄からスタートしましたが、2023.1.26時点で1648銘柄(ETF 209銘柄を含む)。

 

決済方法

2023.2.12まで

円貨決済のみ。

2023.2.13以降(予定)

円貨決済・米ドル決済

 

米国株式売買委託手数料

取引手数料 : 約定代金の0.495%  上限22ドル 最低 0ドル (税込)

*これはSBI証券楽天証券マネックス証券と同じです。

 

為替手数料

片道 25銭

*25銭はSBI証券楽天証券マネックス証券と同じですが、SBI証券は住信SBIネット銀行経由だと6銭、SBI FXα経由では0.2銭となります。

但し、配当金受取時の為替手数料は0銭です(円貨決済時)。

*米ドル決済サービス開始後の配当金受取通貨については未確認。

 

リアルタイム株価

無料でリアルタイム株価を提供します。

 

以上、松井証券での米国株式取引サービスの概要、及び米ドル決済開始のニュースでした。

公式サイト松井証券

 

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座はSBI新生銀行経由でも開設出来ます。

SBI新生銀行新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

公式サイトSBI新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年/3年 0.30%(税引前、2023.3.31までのキャンペーン)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2023 All Rights Reserved.