証券会社

【マネックス証券】投信マネックスポイントの取得対象が拡大。低コスト・インデックスファンドも対象に。

投稿日:

マネックス証券では投資信託を保有する事でマネックスポイントが貯まるサービスを実施していますが、従来、低コストのファンドは対象外となっていました。しかし2019年10月より対象となる投資信託が拡大し、(一部ファンドを除き)低コスト・インデックスファンドを含む殆どのファンドでポイントが貯まるようになります。

スポンサーリンク

マネックス証券 投資信託保有によるマネックスポイント 対象ファンド拡大

ポイント還元率

2019年10月以降のポイント還元率、対象ファンドは下表のようになります。

 総合口座NISA
つみたてNISA
対象商品国内株式型投資信託
外貨建てMMF
外国投資信託
国内株式型投資信託
対象残高
(受渡ベース)
月の平均評価額月末時点の評価額
ポイント還元率(年率)
標準0.08%0.03%または0%
一部ファンド0.03%または0%

従来は低コストファンド以外に0.08%付与されるだけで、しかもNISAは対象外でしたが、今後は低コストファンドにもNISAを含み0.03%が付与されるようになります(一部ファンドを除く)

 

マネックスポイント還元対象外のファンド

下記ファンドはマネックスポイント付与の対象外となります。

  • SBI・新興国株式インデックス・ファンド
  • SBI・先進国株式インデックス・ファンド
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  • MRF

SBIアセットマネジメントの雪だるまシリーズ3本が対象外となります。

また、iDeCoや投資一任口座で保有するファンドも対象外となります。

 

マネックスポイント還元率 0.03%のファンド

  • eMAXIS Slimシリーズ
  • 楽天・バンガード・ファンド シリーズ
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ・シリーズ
  • たわらノーロード・シリーズ
  • iFreeシリーズ
  • 他、多数のファンド。

主たる低コスト・インデックスファンドの多くが対象となります。

対象ファンドの詳細は下記公式サイトをご覧ください。
公式サイトマネックス証券 投信保有ポイント対象ファンド一覧

 

マネックスポイント交換先にAmazonギフト券が追加

マネックスポイントは株式手数料に使うほか、T-POINT、nanaco、waon等の他社ポイントサービスに交換できます(1ポイント1円相当)

その交換先に2019年10月以降、Amazonギフト券が加わります。

1マネックスポイント=1円相当で1ポイントから交換可能です。

 

以上、新たに低コスト・ファンドも対象となったマネックス証券のポイント還元のニュースでした。

全ファンドに年率0.048%のポイントが付与される楽天証券には負けますが、一部のファンドではSBI証券と同等の付与率となります。

 

マネックス証券を含む他社のポイント還元の比較は下記記事をご覧ください。(マネックス証券も最新情報に更新済)

 

マネックス証券の口座開設は下記公式サイトから。
公式サイトマネックス証券

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.