プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンドニュース・新規設定ファンド

SBI・iシェアーズ・TOPIX/日経225インデックス・ファンド 新規設定 ~国内株式インデックスファンドで信託報酬最安値???~  

投稿日:

EDNIETによるとSBIアセットマネジメント株式会社は、SBI・iシェアーズ・シリーズとして下記2本のインデックスファンドを新規設定します。

  • SBI・iシェアーズ・TOPIXインデックス・ファンド (愛称:サクッとTOPIX)
  • SBI・iシェアーズ・日経225インデックス・ファンド (愛称:サクッと日経225)

 

スポンサーリンク

SBI・iシェアーズ・TOPIXインデックス・ファンド 新規設定

設定日

2023年7月12日

*当初申込期間は2023年7月3日~7月11日。

 

ファンドの概要

国内株式TOPIX(配当込み)との連動を目指すインデックスファンド。

実際の運用はブラックロック・ジャパンのiシェアーズ・コア TOPIX ETFに投資する事実上のFoFです。

 

信託報酬等のコスト

信託報酬 0.0638%

投資先ETFの信託報酬 0.0495%

ファンドの信託報酬と投資先ETFの信託報酬を加えた実質的な信託報酬は、0.1133% (税込)

これは国内株式・TOPIX連動型のインデックスファンドとして信託報酬最安値となります。

 

SBI・iシェアーズ・日経225インデックス・ファンド 新規設定

設定日

2023年7月12日

*当初申込期間は2023年7月3日~7月11日。

 

ファンドの概要

国内株式 日経平均株価/日経225(配当込み・日経平均トータルリターン・インデックス)との連動を目指すインデックスファンド。

実際の運用はブラックロック・ジャパンのiシェアーズ・コア 日経225 ETFに投資する事実上のFoFです。

 

信託報酬等のコスト

信託報酬 0.0638%

投資先ETFの信託報酬 0.0495%

ファンドの信託報酬と投資先ETFの信託報酬を加えた実質的な信託報酬は、0.1133% (税込)

これは国内株式・日経平均株価連動型のインデックスファンドとして信託報酬最安値となります。

 

スポンサーリンク

SBI・iシェアーズ・TOPIX/日経225インデックス・ファンドの実質コストは?

*以下、管理人の推測も含まれます。

それぞれのファンドの投資先ETF、iシェアーズ・コア TOPIX ETF【1475】、iシェアーズ・コア 日経225 ETF【1329】は東証に上場するETFですが、一般的に東証上場ETFの信託報酬には指数の商標使用料や上場費用などが含まれていません。

これらを含めた営業費用全体から算出した各ETFの実質コストは(2023.2決算より、費用合計と信託報酬の比率から管理人が推測した値)

iシェアーズ・コア TOPIX ETF【1475】 0.094%程度

iシェアーズ・コア 日経225 ETF【1329】 0.090%程度

信託報酬に0.04%程度が上乗せされる可能性があります。

そうすると、本ファンドの実質コストは0.15%程度となり、eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)eMAXIS Slim国内株式(日経平均)等と概ね同等となってしまいます。

 

正確には本ファンドの運用結果、及び決算時の実質コストに注目しましょう!

*そもそも、こういうファンドの場合、指数使用料は投資先ETF、ファンドそのもの両方に必要になるのだろうか???

 

尚、iシェアーズ・コア TOPIX ETF【1475】、iシェアーズ・コア 日経225 ETF【1329】は純資産総額に応じて信託報酬が下がる段階料率を採用しており、二つのETFとも既にこれが適用される1兆円を突破しています。

段階料率の詳細は下記記事を参照して下さい。

 

スポンサーリンク

販売会社

EDINET提出時点では、

  • SBI証券

1社となっています。

SBI証券 クレジットカード積立 ポイント付与率0.5%~
SBI証券では三井住友カードで投資信託積立が出来ます。ポイント付与率はスタンダードカードで0.5%、ゴールドカードなら1.0%
また投資信託保有でTポイント、Pontaポイント、dポイントがもらえます。さらにT/Pontaポイントで投資信託を購入できます。

公式サイト(PR) SBI証券

*三井住友カード(NL)なら年会費永年無料、三井住友カード ゴールド(NL)は1年間だけでも年間100万円以上利用(一部取引は集計対象外 ※対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。)すれば翌年以降は利用額によらず年会費永年無料。

公式サイト(PR)三井住友カード(NL)

公式サイト(PR)三井住友カード ゴールド(NL)

 

以上、SBI・iシェアーズ・TOPIXインデックス・ファンド、SBI・iシェアーズ・日経225インデックス・ファンド新規設定のニュースでした。

 

主なインデックスファンドの一覧は下記ページを参照して下さい。

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイト(PR)マネックス証券

マネックス証券の口座はSBI新生銀行経由でも開設出来ます。

SBI新生銀行新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

公式サイト(PR)SBI新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイト(PR)auカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

新規口座開設者限定 円定期 1年0.35%(税引前,2024.3.29まで)
*募集総額2,000億円到達したら終了

他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイト(PR)UI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2024 All Rights Reserved.