プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンドニュース・新規設定ファンド

eMAXIS S&P500インデックス 新規設定。(eMAXIS Slimではありません)

投稿日:2020年11月27日 更新日:

EDINETによると三菱UFJ国際投信は「eMAXISシリーズ」に下記ファンドを新規設定します。

  • eMAXIS S&P500インデックス

*eMAXIS Slimではなく、通称「Fat」とよばれる方です。

スポンサーリンク

三菱UFJ国際投信 「eMAXIS  S&P500インデックス」新規設定

設定日

2020年12月14日

 

運用方針

米国株式の代表的指数S&P500との連動を目指し、米国の大型株に投資します。

勿論、マザーファンドはeMAXIS Slim米国株式(S&P500)つみたて米国株式(S&P500)と同じです。

 

信託報酬

年率 0.330% (税込)

eMAXISシリーズの他のファンドよりは低コストに抑えていますが、後述するようにeMAXIS Slim等とは大きな差があります。

 

受益者還元型信託報酬

eMAXIS S&P500インデックスは下表のように純資産総額に応じて信託報酬率が変わる受益者還元型信託報酬を採用しています。

純資産総額信託報酬(税込)
500億円未満の部分0.330%
500億円以上1,000億円未満の部分0.319%
1,000億円以上の部分0.308%

 

スポンサーリンク

三菱UFJ国際投信の他のファンドとの信託報酬比較

三菱UFJ国際投信には、S&P500との連動を目指すインデックスファンドとしてeMAXIS Slim米国株式(S&P500)つみたて米国株式(S&P500)が既に存在しますが、これらと信託報酬を比較します。

*税込み表記
*受益者還元型信託報酬適用前

ファンド信託報酬
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.0968%
つみたて米国株式(S&P500)0.2200%
eMAXIS S&P500インデックス0.3300%

eMAXIS S&P500インデックスは、eMAXIS Slimと0.23%もの差があります。

 

販売会社

現時点では百十四銀行 1社のみとなっていますが、今後、広がっていくと推測します。

 

以上、eMAXIS S&P500インデックス 新規設定のニュースでした。

 

勿論、当サイトでは、(S&P500に投資したい方には)eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の方を強くお勧めします。主要ネット証券で取り扱っています。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の詳細は下記記事を参照して下さい。

 

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立でのポイント還元率は月5万円までは最高水準の1.1%(5~10万円部分の還元率は下がります)

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は月10万円まで1.0%

公式サイトauカブコム証券

 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2024 All Rights Reserved.