ファンドニュース・新規設定ファンド ETF

【東証ETF】NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信[2633] / (為替ヘッジあり)[2634] 信託報酬改定

投稿日:2022年10月28日 更新日:

野村アセットマネジメント(株)は、同社が運用する下記2本のETFの信託報酬率を改定します。

  • NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信【2633】
  • NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信【2634】

スポンサーリンク

NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信[2633] / (為替ヘッジあり)[2634] 信託報酬改定

*信託報酬は税込み表記

現在、上記2本のETFは、信託報酬(税込)の上限が0.099%、但し、2021年3月29日(設定日)から2022年12月20日までの期間限定で0.077%となっています。

*約款上は0.099%以内。

しかし、今回の改定により、期間限定だった信託報酬0.077%が2022年12月21日以降も引き続き適用され、約款も上限0.077%に引き下げられます。

 信託報酬 
従来改定後
NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信【2633】0.099%
*2022.12.20までは
0.077%
0.077%
NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信【2634】

事実上の信託報酬率、引下げと言ってもよいでしょう。

今回の改定により、2本のETFは、

MAXIS 米国株式(S&P500)上場投信[2558]、MAXIS 米国株式(S&P500)上場投信(為替ヘッジあり)[2630]、さらに2022.11.10より引き下げられるiシェアーズ S&P500 米国株ETF[1655] / iシェアーズ S&P500 米国株ETF(為替ヘッジあり)【2563】とならび、S&P500連動型ETFとして信託報酬同率最安値となります。

 

NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信【2633】の詳細は下記ページをご覧下さい。

 

S&P500との連動を目指す東証上場ETFの詳細、比較は下記ページをご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!(2022.12.31まで)

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前、2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド, ETF

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.