証券会社

【SBI証券】米国株式・ETF定期買付サービス開始、「NISA枠ギリギリ注文」なども対応。

投稿日:2018年3月7日 更新日:

SBI証券は、米国株式・ETFの定期買付サービスを2018年3月10日から開始すると発表しました。

スポンサーリンク

SBI証券 米国株式・ETF定期買付サービスの詳細

サービス開始日

2018年3月10日(土)夕方より(予定)

 

サービス内容

定期的に買付したい銘柄に対して、買付日を設定できます。

日付指定、曜日指定、ボーナス月が指定出来ます

複数日を設定する事も出来ます。

毎日(毎営業日)積立ても可能です。(投資額的にはかなり厳しいけど・・・)

成行注文のみとなります。

 

「株数指定・金額指定」、「円貨決済・外貨決済」の組合せが可能

勿論、金額指定の場合は購入可能な株数が注文されます。

外貨決済も可能ですので、為替手数料の安い住信SBIネット銀行で購入した外貨で積み立てる事も出来ます。

金額指定 : 1セント以上(1セント単位)、または1円以上(1円単位)の設定が可能ですが、設定した銘柄の最低発注金額に満たない場合は発注されません。

 

「NISA枠ギリギリ注文」「課税枠シフト注文」も可能

投信積立では既に実施している「NISA枠ギリギリ注文」「課税枠シフト注文」が米国株式・ETFでも可能になります。

*「NISA枠ギリギリ注文」: 積立金額が残りNISA枠より多い場合に、NISA枠を使い切るように自動的に購入金額を調整してくれるサービス。

*「課税枠シフト注文」:積立金額が残りNISA枠より多い場合に、課税口座で積立購入してくれるサービス。

以上、SBI証券米国株式・ETF定期買付サービスのご紹介でした。

特にSBI証券(従来)NISAで米国ETFに投資する方にとって、米国ETFの買付手数料が無料ですので、手数料負けする事無く、人気のVT等を少額から(複数日)積立出来るようになる嬉しいサービス拡充です。

今回のサービスが使用できるのは特定・一般口座、(従来)NISA、ジュニアNISAです。つみたてNISAでは、米国株・米国ETFは購入出来ません(国内株も)。

公式サイトSBI証券

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

*1年間だけながらauユーザーは最大5%、UQ mobileユーザーなら最大3%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年/3年/5年 0.20%(税引前)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-証券会社

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.