ファンドニュース・新規設定ファンド

【SBIアセットマネジメント】SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド 新規設定。

投稿日:

EDINETによるとSBIアセットマネジメント(株)はSBI・バンガード・S&P500インデックスファンドを新規設定します。

[最終更新日:2019.8.27 15:15]販売情報を更新。

スポンサーリンク

SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドの詳細

設定日

2019年9月26日

(2019年9月12日よりSBI証券で募集開始予定)

 

投資対象

米国株式の代表的指数であるS&P500との連動を目指すインデックスファンドです。

ファミリーファンド方式ですが、マザーファンドがバンガード S&P500 ETF【VOO】に投資する事実上のFOFです。

 

信託報酬などのコスト

信託報酬  0.06264% (税込み)

投資先ETF【VOO】の経費率 0.03%

実質的な負担 0.09264% (税込み)

勿論、購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

販売会社

現時点ではSBI証券 1社となっています。

*SBI証券にて2019年9月12日からの募集が公表されました。
*つみたてNISA対象商品として申請済。
*一般/特定口座、NISA、つみたてNISAで100円から投資可能になる予定。

 

他社米国株式インデックスファンドとの信託報酬比較

他社の米国株式を投資対象とする低コスト・インデックスファンドと信託報酬を比較します。

*信託報酬は投資先ETF経費率を含む実質的な信託報酬(税込み)

ファンドベンチマーク信託報酬
SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドS&P5000.09264%
楽天・全米株式インデックス・ファンドCRSP USトータル・マーケット・インデックス0.1596%
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)S&P5000.1620%
(参考)
eMAXSIS Slim先進国株式インデックス
MSCI KOKUSAI0.10789%

S&P500を投資対象とするeMAXIS Slim米国株式(S&P500)、そしてバンガード社ETF VTIに投資する楽天・全米株式インデックス・ファンドより低コストです。

さらに、先進国株式に投資するeMAXIS Slim先進国株式インデックスよりも低コスト、(管理人が把握している限り)初めて税込みで0.1%を下回るインデックスファンドになります。

 

まとめ

以上、S&P500との連動を目指す超低コストのインデックスファンド、SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド新規設定のニュースでした。

S&P500だけでなく、先進国株式を含めても最安値のインデックスファンド、

そして初めて税込みで0.1%を下回る超低コストのインデックスファンドの登場となります。

*消費税10%に上がってもトータル0.0938%です。

今後の注目は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の対抗引き下げ。勿論、追従すると思いますが!

最新の米国株式インデックスファンドの情報を下記記事を参照して下さい。

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.