ファンドニュース・新規設定ファンド

【SBI・先進国株式インデックス・ファンド 愛称:雪だるま(先進国株式)】逓減型信託報酬導入へ

投稿日:2020年1月29日 更新日:

SBIアセットマネジメントは、同社が運用するSBI・先進国株式インデックス・ファンド 愛称:雪だるま(先進国株式)において、逓減型信託報酬を導入すると発表しました。

スポンサーリンク

SBI・先進国株式インデックス・ファンド 逓減型信託報酬導入へ

逓減型信託報酬とは、純資産総額に応じて信託報酬が下がっていくシステムです。

既に、三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slimなどで導入している受益者還元型信託報酬と同様のものです。

 

変更適用日

2020年2月13日

 

変更後の信託報酬

逓減型信託報酬の導入と同時に、投資先ETFの組入れ比率の見直しも行い、ETFの経費率が0.0345% --> 0.0340%と0.0005%下がります。

このETF経費率引き下げを含めて、逓減型信託報酬導入後の信託報酬は下表のようになります。

参考までにeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの信託報酬も同時に記載します。

*ファンドの信託報酬にETF経費率を加えた実質的な信託報酬で記載。
*税込表記、()内は税抜き表記
*スマホの方は横にスクロールしてご覧ください。

純資産総額現状改定後eMAXIS Slim
先進国株式
500億円未満
の部分
0.10270%
(0.0965%)
0.10220%
(0.0960%)
0.10615%
(0.0965%)
500億円以上
1,000億円未満
の部分
0.10270%
(0.0965%)
0.09912%
(0.0932%)
0.10252%
(0.0932%)
1,000億円以上
の部分
0.10270%
(0.0965%)
0.09549%
(0.0899%)
0.09889%
(0.0899%)

500億円以上で0.0028%、1000億円以上で0.0033%下がります。

(注)あくまで500億円、または1,000億円を超えた部分についてのみ上記信託報酬が適用されます。

今回の逓減型信託報酬の導入で、500億円以上の部分については、税抜きでeMAXIS Slim 先進国株式インデックスと同率となります。

ただ、下記記事のように<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスが0.1023%(税込み)への信託報酬引下げを公表しており、恐らくeMAXIS Slim 先進国株式インデックスも、これに対抗した引下げを実施すると推測されます。

 

以上、SBI・先進国株式インデックス・ファンド、逓減型信託報酬導入のニュースでした。

尚、SBI・先進国株式インデックス・ファンドの純資産総額は17.4億円(2020.1.29時点)、500億円以上になるのは、まだまだ時間がかかりそうです。

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの詳細は下記記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2020 All Rights Reserved.