ファンドニュース・新規設定ファンド

PayPay投信 NYダウインデックス/ 日経225インデックス 新規設定! 信託報酬最安値。

投稿日:

アストマックス投信投資顧問株式会社は同社が新たに立ち上げる「PayPay投信インデックスファンドシリーズ」の第一弾として下記2本のファンドを新規設定します。

両ファンドは業界最低水準の運用コストを目指しているとの事です。

*アストマックス投信投資顧問株式会社は2021年3月8日より「PayPayアセットマネジメント株式会社」に変更になります。

  • PayPay投信 NYダウインデックス
  • PayPay投信日経225インデックス

スポンサーリンク

PayPay投信 NYダウインデックス

設定日

2021年3月8日

 

ファンドの特徴

米国株式 NYダウ(配当込)との連動を目指すインデックスファンドです。

マザーファンドは「米国平均株価インデックスマザーファンド受益証券」。信託契約締結日が2020年1月30日となっており、今回新規に設定・運用を開始するものと思われます。

 

信託報酬などのコスト

信託報酬  0.198% (税込)

購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

他社 NYダウ連動型インデックスファンドとの信託報酬比較

他社が運用しているNYダウ連動型インデックスファンドと信託報酬を比較します。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

 ファンド信託報酬実質コスト
1PayPay投信 NYダウインデックス0.1980%(決算前)
2NZAM・ベータ・NYダウ300.2310%0.508%
3iFree NYダウ・インデックス0.2475%0.276%
4たわらノーロード NYダウ0.2475%0.303%
5SMT ダウ・ジョーンズインデックス・オープン0.5500%0.571%
6eMAXIS NYダウインデックス0.6600%0.687%

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

PayPay投信 NYダウインデックスは、NZAM・ベータ・NYダウ30を抜いて単独で信託報酬最安値となります。

 

販売会社

SBI証券、ジャパンネット銀行

 

スポンサーリンク

PayPay投信 日経225インデックス

設定日

2021年3月8日

 

ファンドの特徴

日経平均株価(日経225) 配当込とのとの連動を目指すインデックスファンドです。

マザーファンドは「日経225インデックスマザーファンド受益証券」。信託契約締結日が2020年1月30日となっており、今回新規に設定・運用を開始するものと思われます。

 

信託報酬などのコスト

信託報酬  0.143% (税込)

購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

他社 日経平均連動型インデックスファンドとの信託報酬比較

他社が運用している日経平均株価連動型インデックスファンドと信託報酬を比較します。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

 ファンド信託報酬実質コスト
1PayPay投信 日経225インデックス0.1430%(決算前)
2eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)0.1540%0.160%
2<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド0.1540%0.157%
2iFree 日経225インデックス0.1540%0.162%
5NZAM・ベータ日経2250.1760%0.186%
6野村つみたて日本株投信0.1870%0.194%
6たわらノーロード日経2250.1870%0.193%
6i-SMT 日経225インデックス0.1870%0.194%
6Smart-i 日経225インデックス0.1870%0.207%
10(三菱UFJ)つみたて日本株式(日経平均)0.1980%0.204%
11日経225 インデックスe0.2090%0.218%
12ニッセイ日経225インデックスファンド0.2750%0.280%

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

PayPay投信 日経225インデックスは、eMAXIS Slim国内株式(日経平均)などを抜いて単独で信託報酬最安値となります。

 

販売会社

SBI証券、ジャパンネット銀行

 

eMAXIS Slim国内株式 信託報酬引下げの期待も?

長らく信託報酬の変更がなかった国内株式インデックスファンドですが、今回のPayPay投信 日経225インデックの最安値での設定で、今後、「常に最低水準の運用コストを目指す」eMAXIS Slim国内株式(日経平均)eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)などが追従して引き下げる可能性もあります。

期待して待ちましょう!

 

以上、アストマックス投信投資顧問株式会社(PayPayアセットマネジメント株式会社)の2本のインデックスファンド新規設定のニュースでした。

 

主な低コストインデクッスファンドの一覧は下記ページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2021 All Rights Reserved.