ファンド紹介・解説

SBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]の評価・評判・人気。

投稿日:

米国ETFを介して先進国の株式に投資するインデックスファンドSBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]について解説します。

[最終更新日:2022.4.21]全て最新の情報に更新。
本記事は原則2022年3月末日時点の情報に基づき記載しています。

SBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]の基本情報

(愛称)雪だるまシリーズは、SBIアセットマネッジメントが運用する(事実上)FOFの超低コスト・インデックスファンドで、当初「EXE-i つみたて」という名称で設定・販売されました。今回紹介する先進国株式の他、全世界株式、新興国株式、中国A株の4本がラインアップされています。

今回解説するのは(日本を含む)先進国の株式に投資するSBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]

*設定当初はEXE-iつみたて先進国株式ファンドという名称でしたが、2018.9に現在の名称に変更になりました。

先ず、SBI・先進国株式インデックス・ファンドの基本情報をまとめます。

運用会社SBIアセットマネジメント
設定日2018年1月12日
運用形態インデックスファンド
投資形態ファミリーファンド
*マザーファンドがETFに投資するので事実上FOF
ベンチマークFTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬(税込)0.1022%
(投資先ETF経費率 0.0340%含む)
実質コスト0.119%(*1)
純資産総額 102.2億円(2022.3.31時点)
(マザーファンド) 純資産総額 81.9億円(2021.11.12時点)
分配金実績
つみたてNISA対象商品
SBI証券ポイント還元年率0.0250%
楽天証券ポイント還元年率---%(*2)
マネックス証券ポイント還元年率対象外

(*1)実質コストは2021.11.12決算より。
(*2)楽天証券 2022.4より投資信託保有による毎月のポイント還元は廃止され、残高が初めて一定の金額を超えたときのポイント付与に変更

 

投資対象

ベンチマークFTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスで日本を含む先進国の大・中・小型株に投資します。

多くの先進国株式インデックスファンドがベンチマークとしているMSCI KOKUSAI(コクサイ)とは異なりますので注意して下さい。(違いについては後述)

尚、ベンチマークが配当込みか否か、また配当込みとしたら、その源泉徴収税を考慮するネットか考慮しないグロスなのかはわかりません。

*インデックスファンドのベンチマークは[除く配当]と[税引前配当込/グロス]、[税引後配当込/ネット]の3種類ありますが、ベンチマークの配当除く・含むは運用成績に直接関係するものではありません(少なくとも過去においては)。但し、運用報告書などに記載されているベンチマークとの乖離を見る時は注意注意が必要です。詳細は下記記事を参照して下さい。
参考記事インデックスファンドのベンチマーク(除く配当/プライス、配当込/グロス・ネット)と乖離の評価方法。

 

投資先ETF

SBI・先進国株式インデックス・ファンドはファミリーファンドとなっていますが、下図のようにマザーファンドが2本の米国ETFに投資する実質的なFOFです。

SBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]

画像引用:SBI・先進国株式インデックス・ファンド交付目論見書

投資対象のETFは下記2本。

ETF投資対象ベンチマーク経費率
Schwab U.S. Broad Market  ETF【SCHB】米国株式Dow Jones U.S. Broad Stock Market Index0.03%
SPDR Portfolio Developed World ex-US  ETF【SPDW】先進国株式
(除く米国)
S&P Developed Ex-U.S. BMI Index0.04%

米国株式、米国以外の先進国株式を投資対象とする2本のETFを通してFTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックスとの連動を目指す運用を行います。

 

ベンチマーク ~FTSE ディベロップド・オール・キャップ・インデックスとMSCI KOKUSAIとの違い~

本ファンドがベンチマークとしているFTSE ディベロップド・オール・キャップ・インデックス(FTSE Developed All Cap Index)を、MSCI KOKUSAIに日本を加えたMSCI WORLD(*)と比較しつつ解説します。

(*)正確にはMSCI WORLDから日本を除いたのがMSCI KOKUSAI。

FTSE Developed All Cap Index、MSCI Worldの比較 2022.3時点
インデックスFTSE Developed
All Cap Index
MSCI World
ベンダーFTSE MSCI
投資国・地域25カ国23カ国
タイプ時価総額加重時価総額加重
投資対象
時価総額
大・中・小型大・中型
投資銘柄数5,8941,540

データ引用元:各インデックスのFACTSHEET

どちらも時価総額加重型の指数ですが、FTSE ディベロップド・オール・キャップ・インデックスは小型株をも含みます。

また、FTSE ディベロップド・オール・キャップ・インデックスが韓国、ポーランドを含むのに対して、MSCI Worldは含みません。

MSCIは韓国・ポーランドを新興国に区分している為です。

SBI・先進国株式インデックス・ファンドには韓国を含むという事を理解しておいてください。(ポーランドは配分比率が小さいので大きな影響はないでしょう)

また、eMAXIS Slim先進国株式インデックスのように先進国株式インデックスファンドとして販売されている投資信託の多くは日本を含みませんが、SBI・先進国株式インデックス・ファンドには日本が含まれるという点も注意して下さい。

 

SBI・先進国株式インデックス・ファンドに投資するときの注意点
  • SBI・先進国株式インデックス・ファンドと国内株式インデックスファンド(TOPIXや日経平均等)を組合わせると両方に日本が含まれてしまい、日本の配分比率が高まります。
  • SBI・先進国株式インデックス・ファンドMSCI エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとする新興国株式インデックスファンド(eMAXIS Slim新興国株式など)を組合わせると、両方に韓国が含まれるため韓国比率が高くなります。

 

投資銘柄

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの組入上位10銘柄です。

10位までは全て米国企業が占めています。

SBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]

画像引用:SBI・先進国株式インデックス・ファンド月次レポート(2022/3)

 

投資国

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの投資国配分比率です。

SBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]

画像引用:SBI・先進国株式インデックス・ファンド月次レポート(2022/3)

米国が63%、日本が7%。

尚、ベンチマーク(インデックス)では米国67%、日本7%ですので、米国比率が大きく異なります。

SBI・先進国株式インデックス・ファンドは、それぞれ米国、米国以外の先進国を投資対象とする2本のETFに投資していますが、この配分比率でベンチマークとの差が生じているのでしょう。

スポンサーリンク

手数料(信託報酬、実質コストなど)

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの最大の魅力は何と言っても信託報酬の低さ。

信託報酬は0.0682%、

これに投資先ETF経費率0.0340%を加えた実質的な信託報酬は0.1022%

通常FOFでは、ファンドの信託報酬、ETF経費率の両方がかかりコスト高になる事が多いのですが、SBI・先進国株式インデックス・ファンドはファンドの信託報酬を低く抑えることで実質的な信託報酬でも十分低いコストを実現しています。

実質コストは4期目決算(2021.11.12)0.119%

初回決算の0.382%,2期目決算 0.202%、3期目決算 0.135%と2期目、3期目で大きく下がっています(全て最新の信託報酬で換算した値)

勿論、購入時手数料無料(ノーロード)、信託財産留保額は無です。

 

逓減型信託報酬制

SBI・先進国株式インデックス・ファンドは、下表のように純資産総額に応じて信託報酬率が変わる逓減型信託報酬制を採用しています。

多くの方が購入・投資し、純資産総額が大きくなれば、さらに信託報酬が低くなるという事です。

*三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slimなどで採用している受益者還元型信託報酬と同等の仕組みです。

(注意)あくまで純資産総額500億円(または1,000億円)以上の部分のみ低い信託報酬が適用され、500億円未満の信託報酬率は変わりません。

純資産総額信託報酬(税込)
500億円未満の部分0.10220%
500億円以上1,000億円未満の部分0.09912%
1,000億円以上の部分0.09549%

ただ、SBI・先進国株式インデックス・ファンドの純資産総額は設定から4年以上経っても100億程度ですので、500億円以上となるのはかなり先の事かと推測します。

 

他社 類似ファンド(先進国株式インデックスファンド)との信託報酬・実質コスト比較

他社の(低コスト)先進国株式インデックスファンドと信託報酬・実質コストを比較します。

尚、下表中、SBI・先進国株式インデックス・ファンド以外のファンドは全てMSCI KOKUSAIをベンチマークとするインデックスファンドです。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

 ファンド信託報酬実質コスト
--野村スリーゼロ先進国株式投信0%
(2030年まで)
0.033%
--SBI・先進国株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.1022%0.119%
1eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.1023%0.145%
1<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックス0.1023%0.159%
1My SMTグローバル株式インデックス0.1023%0.140%
1SMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)0.1023%0.161%
5たわらノーロード先進国株式0.10989%0.179%
6iFree外国株式インデックス0.2090%0.256%
7(三菱UFJ)つみたて先進国株式0.2200%0.264%
7Smart-i先進国株式インデックス0.2200%0.286%

SBI・先進国株式インデックス・ファンドMSCI KOKUSAIをベンチマークとするインデックスファンドを含めて最安値。

実質コストでも、3期目決算で大きく下がった事で最安値になりました。

 

FOFによる三重課税の問題

SBI・先進国株式インデックス・ファンドは米国ETFを介して先進国各国の株式に投資しますが、(米国以外の)投資先の株式から配当が出た場合、

  1. 現地国(先進国)で源泉徴収
  2. ETFが分配金を出すとき米国で10%の源泉徴収
  3. SBI・先進国株式インデックス・ファンドが分配金を出さないとすると、売却時に譲渡益として国内課税。

このように現地国、米国、日本の3カ国で税金が徴収される事になります。

国内から直接投資する、例えばeMAXIS Slim先進国株式インデックスのような場合、2の米国課税が不要ですので、この分SBI・先進国株式インデックス・ファンドは不利となります。

米国ETFの3重課税の詳細は下記記事をご覧ください。

 

信託報酬の変更履歴

SBI・先進国株式インデックス・ファンドは設定以来2回信託報酬引下げの実績があります。(但し、2020/2の引下げは投資先ETFの比率が変わった為で積極的な引下げとは異なります)

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの信託報酬変更履歴
引下げ日信託報酬(税込)備考
2018/1/12
 0.1155%新規設定。
設定時は他社に比べ大幅に低い信託報酬。その後eMAXIS Slimが追従。
2019/10/10.1170%消費税増税(8%-->10%)
2019/12/18
 0.1027%eMAXIS Slim等より低い信託報酬へ。
2020/2/13
 0.1022%投資先ETFの組入れ比率変更に伴う実質的な信託報酬引下げ。

設定時は先進国株式クラスとして他社より圧倒的に低い信託報酬で話題を集めました。その後、eMAXIS Slim先進国株式インデックス<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスの引下げで差は小さくなりましたが、依然、税込みで最安値の座を維持しています。

先進国株式インデックスファンドが今のように低コストになったのは、SBI・先進国株式インデックス・ファンドのおかげと言っても良いでしょう。

また、先進国株式クラスに限らず、SBI・雪だるまシリーズSBI・V・S&P500は、業界の先頭に立って低コスト化を推進してきたファンドです。

スポンサーリンク

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの運用状況

資金流出入額 & 純資産総額 (評判・人気は?)

月次資金流出入額純資産総額からSBI・先進国株式インデックス・ファンドの売れ行き・人気を見てみます。

(*)月次資金流出入額は、日々の純資産総額の増減額に騰落率を考慮して算出した概算値です。

SBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]の人気・評判

多少増加傾向にはありますが、それでも2021年は概ね毎月2~5億の資金流入に留まっています。先進国株式で最も売れているeMAXIS Slim先進国株式インデックスは毎月50億以上の資金流入で、これと比較すると大きく見劣りします。

純資産総額も設定から4年以上経過するも漸く102億とあまり増えていません。

 

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの運用状況は? 

月次レポートで見るベンチマークとの乖離

*本章では管理人の勝手な推測が含まれます。

インデックスファンドでは、ベンチマークとの乖離が小さい事がファンド評価の重要な要素です。

(注)ベンチマークの値は除く配当、配当込み、配当込みでも配当に対する課税を考慮するネット、考慮しないグロスと様々で、月報、運用報告書記載のベンチマークとの乖離が必ずしも妥当な値とは限りません。そこで、本サイトではベンチマークとの乖離を同じインデックスをベンチマークとする他のファンドと比較する事で評価してきました。しかし、本ファンドの場合、他に比較できるファンドが存在しない事から致し方なく月報・運用報告書記載の値で評価します。

2022年3月末日時点の月次レポートでのファンド騰落率とベンチマーク騰落率の比較です。

SBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]

画像引用:SBI・先進国株式インデックス・ファンド月次レポート(2022/3)

1年騰落率でのベンチマークとの差は-1.74%と大きなマイナス乖離を起こしています。

ベンチマークが配当除く・込み(グロス or ネット)かが分かりませんが、それにしても大きいように思えます。

先に示したように、本ファンドは二つのETFの組合せでベンチマークに連動させるよう運用していますが、構成国比率も異なるように、ベンチマークとの連動性・乖離という点では難点があるようです。

 

eMAXIS Slim先進国株式+国内株式(TOPIX)の組合せと比較

SBI・先進国株式インデックス・ファンドは日本を含む先進国株式に投資しますので、本ファンドとeMAXIS Slim先進国株式インデックスeMAXIS Slim国内株式(TOPIX)の組合せとを比較してみます。

eMAXIS Slim先進国・国内株式の配分比率は、SBI・先進国株式インデックス・ファンドの配分比率92.7% : 7.3%固定で計算します(2022/3末時点の配分比率)

2022年3月末日時点の直近4年のデータです。

*両者は国別比率だけでなく小型株を含むか否かなどの違い、さらにeMAXIS Slim組合せは先進国・日本を固定比率で計算してありますので、あくまで参考として見て下さい。

*シャープレシオは無リスク資産のリターンを0として計算

直近4年のパフォーマンス  2022.3末時点
 年率
リターン
年率
リスク
シャープレシオ
SBI・先進国株式インデックスファンド15.01%17.89%0.84
eMAXIS Slim 先進国:国内=92.7%:7.3%16.83%18.03%0.93

僅か4年という短い期間で優劣をつけられるものではありませんが、取り合えず、この期間でのパフォーマンスはeMAXIS Slim組合わせ、即ちMSCI KOKUSAI + TOPIXの方が勝っています。

SBI・先進国株式インデックス・ファンドはベンチマークより(直近4年で好調だった)米国比率が小さくなっていますが、これが影響した結果かもしれません。

 

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの分配金

SBI・先進国株式インデックス・ファンドは分配金を出した実績はありません。

これから資産を築いていこうとする資産形成期においては分配金を出さない投資信託の方が有利です。
勿論、分配金を出さなくても、保有する株式から出た配当は、ファンドの資産となり、基準価額の上昇につながります。
尚、分配金を出すか否かは運用会社が決定しますので、将来の分配金については分かりません。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、FTSE ディベロップド・オール・キャップ・インデックスをベンチマークとし日本を含む先進国株式に投資するSBI・先進国株式インデックス・ファンドの解説でした。

先進国株式クラスとしては十分低い信託報酬ですが、

資金流入額・純資産総額が大きいとは言えない、

そして2本のETFの組合せで運用する事もあり、ベンチマークとの乖離が大きい等の懸念点があります。

ただ、ベンチマークとの連動性よりもコストを重要視する方には選択肢の一つとなるファンドかと。

また、超低コストで日本を含む先進国株式に一本のファンドで投資したい方にとっては唯一の選択肢です。

(注)本ファンドに新興国株式を組合わせる場合、韓国を重複させたくない方は、SBI・新興国株式インデックス・ファンド楽天・新興国株式インデックス・ファンドを検討されては如何でしょう。

 

販売会社

SBI・先進国株式インデックス・ファンドは下記の金融機関で購入出来ます。

下記証券会社ではクレジットカード決済で投信積立が出来、ポイント還元があります。

マネックス証券 クレジットカード積立 最高水準のポイント還元率1.1%
マネックス証券ではマネックスカード(クレジットカード)で投資信託が積立出来ます。ポイント還元率は最高水準の1.1%
また投資信託保有でポイントもたまります(一部ファンドを除く)

*マネックスカードの発行にはマネックス証券の口座開設が必要です。

公式サイトマネックス証券

 

SBI証券 クレジットカード積立 ポイント付与率0.5%~
SBI証券では三井住友カードで投資信託積立が出来ます。ポイント付与率はスタンダードカードで0.5%、ゴールドカードなら1.0%(プラチナカードなら2.0%)
また投資信託保有でTポイント、Pontaポイント、dポイントがもらえます。さらにT/Pontaポイントで投資信託を購入できます。

公式サイト SBI証券

*三井住友カード(NL)なら年会費永年無料、三井住友カード ゴールド(NL)は1年間だけでも年間100万円以上利用(一部取引は集計対象外)すれば翌年以降は利用額によらず年会費永年無料。

公式サイト三井住友カード(NL)

公式サイト三井住友カード ゴールド(NL)

 

auカブコム証券のクレジットカード積立 & auじぶん銀行との連携
auカブコム証券はau Payカードで投資信託積立が出来ます。Pontaポイント還元率は1.0%
Pontaポイントで投資信託の購入も可能。
また、auじぶん銀行との連携(auマネーコネクト)でauじぶん銀行普通預金金利0.1%、au Payアプリ等の連携で最大0.20%になるのも魅力。

公式サイトauカブコム証券

 

楽天証券 クレジットカード & 楽天キャシュ積立 
楽天証券では楽天カードで投資信託積立が出来ます。ただ信託報酬(販売会社分)が税込0.4%未満のファンドの還元率は0.2%に低下、0.4%以上のファンドの還元率は1.0%(2022.9買付分より)
また、2022年8月より楽天キャッシュ決済で投資信託積立が出来るようになります。楽天カードからチャージすると0.5%のポイント還元(2022.12買付分まではキャンペーンで+0.5% 計1.0%)。
楽天カード決済で5万円、楽天キャシュ決済で5万円、あわせて月10万円まで利用可能。
さらに、楽天ポイントで投資信託を購入できます。

公式サイト楽天証券

公式サイト楽天カード

 

勿論、つみたてNISA対象のファンドです。

また、個人型確定拠出年金(iDeCo)で取扱っている金融機関は未だありません。

 

 

ライバルとなるファンド

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)

i-SMTグローバル株式インデックス 

たわらノーロード 先進国株式

つみたて先進国株式

 

他の先進国株式インデックスファンドとの比較、最新の人気・運用状況は下記記事を参照して下さい。

 

インデックスファンドの信託報酬、実質コスト、純資産総額の一覧は下記記事を参照して下さい。

 

SBI・雪だるま & SBI・Vシリーズの他のファンドの評価・解説は下記記事をご覧ください。

SBI・全世界株式インデックスファンド

SBI・先進国株式インデックス・ファンド  *本記事

SBI・新興国株式インデックスファンド

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前、2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンド紹介・解説

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.