ファンドニュース・新規設定ファンド

SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式)) 信託報酬引下げ。

投稿日:2020年8月12日 更新日:

(EDINETの有価証券届出書によると)SBIアセットマネジメントは同社が運用するSBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式))の実質的な信託報酬を引下げます。

これは、本ファンドが投資するETFの経費率引き下げによるものです。

スポンサーリンク

SBI・新興国株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(新興国株式)) 信託報酬引下げ。

Charles Schwab ETF SCHE 経費率引下げ

本ファンドは、事実上、米国ETFに投資するFoFですが、その投資先ETF、Charles Schwab社「Schwab Emerging Markets Equity ETF(SCHE)」の経費率が下表のように引き下げられました。

ETF経費率
従来改定後
Schwab Emerging Markets Equity ETF【SCHE】0.13%0.11%

*上記ETFのProspectus(目論見書)によると、2020.2.25に引下げたと思われます。

 

SBI・新興国株式インデックス・ファンド 実質的な信託報酬引下げ

ETF SCHEの経費率引き下げに伴い、SBI・新興国株式インデックス・ファンドの実質的な信託報酬は下表のように引き下げられます。

 信託報酬ETF経費率実質的な信託報酬
従来0.066%
(税抜き0.06%)
0.13%0.196%
(税抜0.190%)
改定後0.11%0.176%
(税抜0.170%)

税込み 0.196%から0.176%へ0.02%の引下げとなります。

 

以上、SBI・新興国株式インデックス・ファンドの実質的な信託報酬引下げのニュースでした。

SBI・新興国株式インデックス・ファンドの詳細は下記記事をご覧ください。

 

そして、気になるのがeMAXIS Slim新興国株式インデックスへの影響。

常に最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズ、今回も追従してくれると期待します! 

現在、eMAXIS Slim新興国株式インデックスの信託報酬は0.2079%(税抜 0.189%)、

仮に追従したとすれば、0.187%(税抜 0.170%)になると推測します。

 

低コストインデックスファンドの一覧(信託報酬・実質コストなど)は下記ページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!(2022.12.31まで)

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前、2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.