プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンド紹介・解説 ETF

【東証上場ETF】 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の評価・解説。

投稿日:2023年8月4日 更新日:

米国株式の代表的指数、S&P500との連動を目指す東証上場の国内ETF iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】について解説します。

[最終更新日:2023.8.4]全て最新の情報に更新。
本記事は原則2023.7末時点の情報に基づき記載しています。

スポンサーリンク

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の基本情報

先ず、 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の基本情報をまとめます。

運用会社ブラックロック・ジャパン
設定日2017年9月27日
上場日2017年9月28日
銘柄コード1655
運用形態インデックス型
ベンチマークS&P500
信託報酬(税込)0.077%(*1)
実質コスト0.135%(*2)
純資産総額 558.1億円(2023.7.31時点)
決算日(分配金)年2回(2月, 8月)
売買単位10口単位(*3)
マーケットメイク制度対象
iNAV対象
外国税額控除(二重課税調整)対象
つみたてNISA---
売買手数料無料の証券会社
*キャッシュバックを含む
SBI証券楽天証券auカブコム証券

(*1)2022.11.10 0.077%に引き下げられました。
(*2)2022.8/2023.2 1年間の決算より。
(*3)2022.2.10に1:10に分割され売買単位が1口から10口に変更になりました。これは呼値単位を縮小するためのもので、従来5円だったものが0.1円になりました。

 

投資対象

ベンチマークはS&P500で米国株式に投資します。

S&P500は米国の大型株 約500銘柄から構成された時価総額加重平均型の指数で、米国株式の約80%をカバーします。米国株式を代表する指数と言っても良いでしょう。

実際の運用は、米国BlackRock社 ETF iShares Core S&P500 ETF【IVV】(経費率 0.03%)に投資します。

 

手数料(信託報酬、実質コストなど)

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】信託報酬0.077%(税込)

これは投資先ETF IVVの経費率を含んだ値です。

実質コストは直近1年の決算結果から0.135%

信託報酬以外のコストとして0.058%かかっていますが、これは指数商標使用料 0.04125%、上場料 0.00825%、追加上場料 0.00825%(純資産の増加額に対して)などです。

 

信託報酬の変更履歴

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】過去に二度、信託報酬引き下げを行っています。

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の信託報酬変更履歴
引下げ日信託報酬(税込)備考
2017/9/27
 0.1620%新規設定
2019/10/1
 0.1650%消費税増税(8%-->10%)
2020/6/180.0825%期間限定として信託報酬引き下げ。
2022/11/10
 0.0770%NEXT FUNDS【2633】、MAXIS【2558】と同率に。

 

国内上場 S&P500連動型ETF 信託報酬比較 

東証に上場するS&P500連動型ETFを信託報酬が低い順に下表にまとめます。

ETF 【コード】運用会社
信託報酬(*1)
MAXIS米国株式(S&P500)上場投信
【2558】
三菱UFJ
国際
0.077%
NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信
【2623】
野村
AM
0.077%
iシェアーズS&P500米国株ETF
【1655】
ブラック
ロック
0.077%
iFreeETF S&P500(為替ヘッジなし)
【2247】
大和
AM
0.077%
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
【1547】
日興
AM
0.1650%
(*2)
<参考>(*3)
SPDR
S&P500ETF
【1557】
SSGA0.0945%
<非上場>
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
三菱UFJ
国際
0.09372%

(*1)信託報酬は、含まれる費用の範囲がETF、非上場のインデックスファンドで異なります。
ETFでは、信託報酬以外に上場費用、指数使用料などがかかります。
(*2)FOF。ETFの信託報酬0.066%に投資先ファンドの信託報酬0.099%を加えた値。
(*3)SPDR 1557は米国籍ETF

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の信託報酬はMAXIS米国株式(S&P500)上場投信【2558】NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信【2633】、iFreeETF S&P500(為替ヘッジなし)【2247】と並び同率最安値。

 

マーケットメイク制度

東京証券取引所では2018年7月2日よりマーケットメイク制度を導入しました。

指定を受けたマーケットメイカーは、気配提示義務を履行することで、インセンティブ(報酬)を得ることができます。マーケットメイカーが気配提示義務を履行することによって、対象のETFに対して、需給動向を踏まえた公正な価格で、十分な量の気配が提示されることになり、投資家の皆様が売買をしたいタイミングで、より良い価格で売買する環境を提供できるようになります。

~東京証券取引所サイトより引用~

マーケットメイク制度の導入で流動性が上がり、より適正な価格で売買できるようになると期待できます。

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】はマーケットメイク制度の対象銘柄です。

 

外国税額控除(二重課税調整措置)

本ETFは2020年より始まった外国税額控除(二重課税調整制度)の対象です。

国内籍ETFに外国税額控除が与える影響については下記記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の運用状況

市場価格と基準価額の乖離

ETFには実際に市場で売買する時の価格=市場価格、一般の投資信託同様、純資産総額を口数で割った真の価格=基準価額の二つの価格が存在します。

勿論、この二つの価格は同じである事が望ましいのですが実際には差=乖離が生じます。

この乖離はWEALTH ADVISORのサイトで調べる事が出来ます。(終値と基準価額の乖離)

2022年9月~2023年7月の11カ月の平均値(各月の乖離率の絶対値の平均)を他社のS&P500連動型ETFと比較します。

2022年9月~2023年7月の市場価格と基準価額の乖離
ETF乖離率
iシェアーズS&P500米国株ETF【1655】0.065%
NEXT FUNDS S&P500 指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信【2633】0.078%
MAXIS米国株式(S&P500)上場投信【2558】0.067%
iFreeETF S&P500(為替ヘッジなし)【2247】0.087%(*)
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)【1547】0.078%

データ引用:WEALTH ADVISOR

(*)設定されたばかりのiFreeETFは2023.5~7の平均。

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の乖離率は上記5本の中で最も小さくなっています。

 

平均売買代金、平均売買高

2023年8月3日時点の直近90日の平均売買代金、平均売買高は、

平均売買代金:87,178万円

平均売買高 : 1,981,367口

スプレッド(2023.6.30時点)  0.03%

*データ引用:東証マネ部

これを他社のS&P500連動型ETFと比較します。

[スマホの方は横にスクロールしてご覧下さい]

ETF
*()内は信託報酬
平均売買代金
(万円)
平均売買高
(口)
スプレッド
2023.6.30
(終値)
2023.8.3
iシェアーズS&P500
米国株 ETF
【1655】
(0.077%)
87,1781,981,3670.03%
(468.1)
NEXT FUNDS S&P500指数
(為替ヘッジなし)
連動型上場投信
【2633】
(0.077%)
7,80127,8640.05%
(2,996.5)
MAXIS米国株式(S&P500)
上場投信
【2558】
(0.077%)
60,23734,3810.04%
(18,62
5)
iFreeETF S&P500
(為替ヘッジなし)【2247】
(0.077%)
1,7301,4710.07%
(12,130)
上場インデックスファンド
米国株式(S&P500)

【1547】
(0.1650%)
35,94254,3050.03%
(7,076)

データ引用 : 東証マネ部

*iFreeETF 2247は2023.5.10に設定されたばかりの新しいETFです。
*2558だけ基準価額が極端に高い為、口数が少なく見えています。

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の売買高は金額、口数とも最も大きく、スプレッドも小さくなっています。

 

純資産総額

558.1億円  (2023.7.31時点)

純資産総額も5本の中でトップ、最も大きくなっています。

 

基準価額とベンチマークとの乖離

ETFでは先に示した市場価額と基準価額の乖離の他に、(非上場の)インデックスファンド同様、基準価額とベンチマークとの乖離も生じます。

そこで、 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の基準価額騰落率を、S&P500をベンチマークとする他社ETF、及び(非上場の)インデックスファンドと比較してみます。

下図は2023.7末日時点の1年騰落率を、実質コストに対してプロットしたものです。

*基準価額は分配金非課税再投資時
*○がETF、◇が(非上場)インデックスファンド
*米国ETF Vanguard VOOのデータもプロットします。VOOは分配金10%課税後再投資した場合の終値での円換算騰落率。(終値は米国Yahoo Finance、分配金は米国Vanguard社サイトより引用)

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の評価

*多くのファンドがコスト要因以外でのベンチマークとの乖離がないという前提で評価。

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】の騰落率は、多くのETF、ファンドを結んだ図中点線上にあり、これはコスト要因以外でのベンチマークとの乖離がない事を意味します。

そして、信託報酬は同率最安値ながら、実質コストで僅かに勝るiシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】は、その低いコストに応じて最も高い騰落率を示しています(東証上場S&P500連動型ETFの中で)

 

スポンサーリンク

まとめ

 iシェアーズ S&P500 米国株ETF【1655】は、S&P500をベンチマークとし、超低コストで米国株式に投資できる東証上場ETFです。

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信【2558】NEXT FUNDS S&P500指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信【2633】等と並び最低水準の信託報酬。

実質コストでは最安値です。

そして、東証上場S&P500連動型ETFの中で、最も高い騰落率を示しています。

*株式同様、その時の市場価格で売買したい、定期的に分配金が欲しい、分配金に対する外国税額控除に魅力を感じる方にはETFもお勧め出来ます。

 

販売会社

東証に上場するETFですので、証券会社を通して売買する事になります。

売買単位は10口単位ですが5,000円弱程度(2023.7時点)と少額から投資出来るのも本ETFの魅力です。

尚、通常、国内株式と同様の売買手数料がかかりますが、SBI証券楽天証券auカブコム証券では本ETFを取引手数料無料の対象銘柄としています。

*SBI証券楽天証券は、それぞれ2023.9.30、2023.10.1より約定金額によらず国内株式売買手数料が無料(一部条件、コースの選択有)となりますので、本ETF以外でも無料で取引できます。

公式サイト(PR) SBI証券楽天証券auカブコム証券

 

S&P500との連動を目指す国内ETFの比較は下記ページをご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイト(PR)マネックス証券

マネックス証券の口座はSBI新生銀行経由でも開設出来ます。

SBI新生銀行新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

公式サイト(PR)SBI新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイト(PR)auカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

新規口座開設者限定 円定期 1年0.35%(税引前,2024.3.29まで)
*募集総額2,000億円到達したら終了

他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイト(PR)UI銀行
 

-ファンド紹介・解説, ETF

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2024 All Rights Reserved.