ファンドニュース・新規設定ファンド

SBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)] 信託報酬引き下げ

投稿日:2019年11月22日 更新日:

SBIアセットマネジメントは同社が運用するSBI・先進国株式インデックス・ファンド[愛称:雪だるま(先進国株式)]の信託報酬を引き下げると発表しました。

SBI・先進国株式インデックス・ファンド 信託報酬引下げ

信託報酬引下げ日

2019年12月18日より

 

引下げ後の信託報酬

下表のように引き下げられます。

信託報酬は投資先 ETFの経費率(0.0345%)を含めた実質的な信託報酬で表記します。

*参考までにeMAXIS Slim先進国株式の信託報酬も記載します。

SBI・先進国株式インデックス・ファンドバンガードの信託報酬引下げ
 現状改定後
SBI・先進国株式0.1170%
(税抜  0.1095%)
0.1027%
(税抜 0.0965%)
[参考]
eMAXIS Slim
先進国株式
0.10989%
(税抜  0.0999%)
---

改定後の信託報酬は税込みで0.1027%となり、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスより0.007%(税抜きで0.003%)低くなります。

SBI・先進国株式インデックス・ファンドはFTSEディベロップド・オール・キャップ・インデックス(日本を含む先進国株式)をベンチマークとし、2本のETFに投資する事実上のFOFですが、今回の引下げによりベンチマークは異なるものの先進国株式クラスとしては最安値の信託報酬となります。

因みにSBI・先進国株式インデックス・ファンド(旧:EXE-iつみたて先進国株式)は、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスが2018.1.30に信託報酬を(税抜き)0.20412%から0.1095%に大幅引き下げた契機となったファンドで、超低コスト化の先駆け的存在とも言って良いでしょう。

 

以上、SBI・先進国株式インデックス・ファンド、信託報酬引下げのニュースでした。

今後の注目はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスが今回のSBIの引下げに対抗できるか?

恐らく税抜きで同一となるよう引き下げると推測しますが・・・

 

主なインデックスファンド一覧は下記ページをご覧ください。(今回の改定も反映済)

 

先進国株式インデックスファンドの最新の人気・運用状況は下記ページをご覧下さい。

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前、2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.