ファンドニュース・新規設定ファンド

りそなアセットマネジメント「Smart-i S&P500インデックス」新規設定。~つみたてNISA対応~

投稿日:2020年7月10日 更新日:

EDINETによるとりそなアセットマネジメントは、同社の低コストインデックファンドシリーズ「Smart-i」に新たに下記ファンドを追加、新規設定します。

  • Smart-i S&P500インデックス

[最終更新日:2020.9.15]つみたてNISA対象ファンドへ。
販売会社情報追記。

スポンサーリンク

Smart-i S&P500インデックス 新規設定

設定日

2020年7月29日

 

ファンドの特徴

S&P500(配当込み)との連動を目指し米国株式に投資するインデックスファンドです。

尚、マザーファンドは「RAM S&P500マザーファンド」で、信託契約日が2020年7月29日となっており、マザーファンドも新たに設定するものと推測されます。

 

信託報酬などの手数料

信託報酬 0.242% (税込み)

勿論、購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

販売会社

現時点では、SBI証券、一社となっています。

*SBI証券 2020.9.15より取扱い開始。

 

つみたてNISA対象

2020年9月15日、つみたてNISA対象ファンドとなりました。

 

他社ファンドとの比較

S&P500、及びベンチマークは異なりますが米国株式に投資する他社の低コスト・インデックスファンドと比較してみます。

*ファンド名下の[]内はベンチマーク。[CRSP US]はCRSP USトータル・マーケット・インデックスの略。
*信託報酬・実質コストは税込み表記。

 ファンド信託報酬実質コスト
1PayPay投信米国株式インデックス
[Morningstar US]
0.0915%(決算前)
2SBI・V・S&P500インデックス
[S&P500]
0.0938%0.105%
2iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス
[S&P500]
0.0938%0.108%
2SBI・V・全米株式インデックス
[CRSP US]
0.0938%0.110%
5eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
[S&P500]
0.0968%0.112%
5SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)
[S&P500]
0.0968%0.128%
5My SMT S&P500・インデックス
[S&P500]
0.0968%(決算前)
5My SMT ダウ・ジョーンズ・インデックス
[NYダウ]
0.0968%(決算前)
9Tracers S&P500配当貴族インデックス
[S&P500配当貴族]
0.1155%(決算前)
10SBI・V・米国高配当株式インデックス
[FTSE High Dividend Yield]
0.1238%0.166%
11楽天・全米株式インデックス・ファンド
[CRSP US]
0.1620%0.187%
12楽天・米国高配当株式インデックス
[FTSE High Dividend Yield]
0.1920%0.253%
13PayPay投信 NYダウインデックス
[NYダウ]
0.1980%0.595%
14つみたて米国株式(S&P500)
[S&P500]
0.2200%0.237%
15NZAM・ベータ・NYダウ30
[NYダウ]
0.2310%0.490%
16Smart-i S&P500インデックス
[S&P500]
0.242%0.385%
17iFree S&P500・インデックス
[S&P500]
0.2475%0.278%
17iFree NYダウ・インデックス
[NYダウ]
0.2475%0.262%
17たわらノーロード NYダウ
[NYダウ]
0.2475%0.267%
-eMAXIS NYダウインデックス
[NYダウ]
0.6600%0.677%

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

今回のSmart-iの信託報酬も十分低いレベルなのですが、S&P500との連動を目指すインデックスファンドとして、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドeMAXIS Slim米国株式(S&P500)と税込みでも1%を切るファンドがあり、これらと比べると割高感は否めません。

以上、Smart-i S&P500インデックス 新規設定のニュースでした。

 

米国株式(S&P500、CRSP USトータル・マーケット・インデックス)に投資するインデックスファンドの詳細は下記記事を参照して下さい。

 

スポンサーリンク

マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイトマネックス証券

マネックス証券の口座は新生銀行経由でも開設出来ます。新生銀行口座を新規に開設すると取引条件に応じて最大8,000ポイントがプレゼント!(2022.12.31まで)

公式サイト新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイトauカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年 0.20%(税引前、2022.10.1時点)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイトUI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2022 All Rights Reserved.