プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンドニュース・新規設定ファンド

野村AM はじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー)/米国株式インデックス(S&P500)など5本を新規設定!【愛称:Funds-i Basic】

投稿日:2023年6月23日 更新日:

EDINETによると野村アセットマネジメント株式会社は下記5本のインデックスファンドを新規設定します。

  • はじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー) 
    [愛称:Funds-i Basic 全世界株式(オール・カントリー)]
  • はじめてのNISA・米国株式インデックス(S&P500)
    [愛称:Funds-i Basic 米国株式(S&P500)]
  • はじめてのNISA・新興国株式インデックス
    [愛称:Funds-i Basic 新興国株式]
  • はじめてのNISA・日本株式インデックス(TOPIX)
    [愛称:Funds-i Basic 日本株式(TOPIX)]
  • はじめてのNISA・日本株式インデックス(日経225)
    [愛称:Funds-i Basic 日本株式(日経225)]

スポンサーリンク

野村AM 【Funds-i Basic】はじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー)/米国株式インデックス(S&P500)など5本を新規設定

設定日

2023年7月10日

 

ファンドの特徴

ベンチマーク・信託報酬

それぞれのファンドのベンチマーク、信託報酬(税込)を下表にまとめます。

ファンドベンチマーク信託報酬
はじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー)MSCI ACWI0.05775%
はじめてのNISA・米国株式インデックス(S&P500)S&P5000.09372%
はじめてのNISA・新興国株式インデックスMSCI EM0.1859%
はじめてのNISA・日本株式インデックス(TOPIX)TOPIX0.143%
はじめてのNISA・日本株式インデックス(日経225)日経2250.143%

*ベンチマークは全て配当込み

為替ヘッジは無しです。

 

スポンサーリンク

他社ファンドとの信託報酬比較

ベンチマークが同じ他社ファンドと信託報酬を比較します。

ファンド信託報酬
本ファンドの
信託報酬
他社ファンド
最安値
はじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー)0.05775%0.05775%
(Tracers)
0.1133%
(eMAXIS Slim)
はじめてのNISA・米国株式インデックス(S&P500)0.09372%0.09372%
(eMAXIS Slimなど)
はじめてのNISA・新興国株式インデックス0.1859%0.1859%
(eMAXIS Slimなど)
はじめてのNISA・日本株式インデックス(TOPIX)0.143%0.143%
(eMAXIS Slimなど)
はじめてのNISA・日本株式インデックス(日経225)0.143%0.143%
(eMAXIS Slimなど)

全ファンド、同率で最安値となります。

尚、(Tracers MSCI オール・カントリーで話題となった)信託報酬以外のコストとして標章使用料などの記載は見当たらず、信託報酬の中に含まれると推測します。

*見落としていたらごめんなさい。

 

注目は、はじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー)

何といっても注目は、MSCI ACWI(All Country World Index)との連動を目指し(日本を含む)全世界の株式に投資するはじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー)

大きな人気を集めているeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)、その信託報酬0.1133%、

これに対して日興AMがTracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)を0.05775%で2023年4月26日に設定しましたが、信託報酬に指数の商標使用料などが含まれておらず、eMAXIS Slim等と公平に比較出来ません。

そして、今回設定される、はじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー)、信託報酬に含まれる費用の範囲がeMAXIS Slim等と同じで、かつ主要ネット証券で取り扱うようになれば、大きな注目を集めるファンドとなる事でしょう。

参考までに全世界株式に投資するインデックスファンドの信託報酬・実質コスト一覧をまとます。

*個別ファンドの組合せとはeMAXIS Slimシリーズの個別のファンド(TOPIX、先進国株式、新興国株式)を6%:83%:11%の比率で組み合わせた場合。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

*ファンド名下の[]内はベンチマーク。[FTSE]はFTSE Global All Cap Index、[MSCI]はMSCI All Country World Indexの略。

 ファンド信託報酬実質コスト
1楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド
[MSCI]
0.05610%---
2eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
[MSCI]
0.05775%0.111%
2はじめてのNISA・全世界株式インデックス
[MSCI]
0.05775%---
2'Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)
[MSCI]
0.05775%
(上限0.08775%)
5ステート・ストリート全世界株式インデックス・オープン
[MSCI]
0.0748%---
6PayPay投資信託インデックス世界株式
[FTSE]
0.0983%---
7SBI・全世界株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.1022%0.112%
個別ファンドの組合せ0.1074%
8たわらノーロード 全世界株式
[MSCI]
0.1133%0.187%
9Smart-i Select 全世界株式
[MSCI]
0.1144%0.219%
10SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.1338%0.151%
11楽天・全世界株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.192%0.217%
12つみたて全世界株式
[MSCI]
0.1980%0.254%
13ステート・ストリート
全世界株式インデックス
[MSCI]
0.5280%0.595%

 

はじめてのNISA・全世界株式インデックス(オール・カントリー)の詳細は下記ページをご覧下さい。

スポンサーリンク

販売会社

EDINET提出時点では

野村證券

1社。

今後、どういう販売形態になるかは分かりません。

*野村AMからプレスリリースが出ました。
それによると、2023.7.10に野村證券が取り扱いを開始し、順次取り扱いを販売会社の拡大を予定しているとの事。
主要ネット証券で取扱いが開始されるとうれしいですね。
そうすると全世界株式にeMAXIS Slimが対抗するかも注目。

以上、超低コストの「はじめてのNISA」シリーズ(愛称:Funds-i Basic)、計5本 新規設定のニュースでした。

[2023.8.24追記]SBI証券、auカブコム証券に続きマネックス証券での取扱いも開始されました。

マネックス証券 クレジットカード積立 最高水準のポイント還元率1.1%
マネックス証券ではマネックスカード(クレジットカード)で投資信託が積立出来ます。ポイント還元率は月5万円までは最高水準の1.1%(5~10万円部分の還元率は下がります)
(2023.10以降にマネックス証券のNISA口座を開設した方は2024年9月30日までNISA口座でのクレカ積立還元率2.2%[5~10万円部分も2.2%])
*通常ショッピング時は1.0%
また投資信託保有でポイントもたまります(一部ファンドを除く)
*マネックスカードの発行にはマネックス証券の口座開設が必要です。

公式サイト(PR)マネックス証券

 

SBI証券 三井住友カードでのクレジットカード積立
SBI証券では三井住友カードで投資信託積立が出来ます。ポイント付与率はスタンダードカードで最大0.5%、ゴールドカードなら最大1.0%(2024.11買付分からはカード利用実績に応じた付与率に変更)
また投資信託保有でTポイント、Pontaポイント、dポイントがもらえます。さらにT/Pontaポイントで投資信託を購入できます。

公式サイト(PR) SBI証券

*三井住友カード(NL)なら年会費永年無料、三井住友カード ゴールド(NL)は1年間だけでも年間100万円以上利用(一部取引は集計対象外 ※対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。)すれば翌年以降は利用額によらず年会費永年無料。

公式サイト(PR)三井住友カード(NL)

公式サイト(PR)三井住友カード ゴールド(NL)

 

auカブコム証券のクレジットカード積立 & auじぶん銀行との連携
auカブコム証券はau Payカードで投資信託積立が出来ます。Pontaポイント還元率は1.0%(月10万円まで)。
Pontaポイントで投資信託の購入も可能。
また、auじぶん銀行との連携(auマネーコネクト)でauじぶん銀行普通預金金利0.1%、au Payアプリ等の連携で最大0.20%になるのも魅力。

公式サイト(PR)auカブコム証券

 

 

主なインデックスファンドの一覧は下記ページをご覧下さい。(今回の「はじめてのNISA」も追加済)

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立でのポイント還元率は月5万円までは最高水準の1.1%(5~10万円部分の還元率は下がります)

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイト(PR)マネックス証券

マネックス証券の口座はSBI新生銀行経由でも開設出来ます。

SBI新生銀行新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

公式サイト(PR)SBI新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は月10万円まで1.0%

公式サイト(PR)auカブコム証券

 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2024 All Rights Reserved.