プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンドニュース・新規設定ファンド

【SSGA インデックス・シリーズ・ライト】ステート・ストリート全世界株式/S&P500/グローバル株式インデックス・オープンなど7本を新規設定!

投稿日:2023年12月21日 更新日:

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社は、低コスト・インデックス・ファンド・シリーズ【SSGA インデックス・シリーズ・ライト】として全世界株式MSCI ACWI、米国株式S&P500、先進国株式MSCIコクサイなどとの連動を目指す下記インデックスファンド7本を新規に設定します。

  • ステート・ストリート全世界株式インデックス・オープン <ライト全世界株式>
  • ステート・ストリートS&P500インデックス・オープン <ライトS&P500>
  • ステート・ストリート・グローバル株式インデックス・オープン <ライト・グローバル株式>
  • ステート・ストリートTOPIXインデックス・オープン <ライトTOPIX>
  • ステート・ストリート・グローバル債券インデックス・オープン <ライト・グローバル債券隔月>
  • ステート・ストリート国内債券インデックス・オープン <ライト国内債券隔月>
  • ステート・ストリート米国投資適格社債インデックス・オープン <ライト米国投資適格社債隔月>

[最終更新日:2024.2.23] 販売会社情報を追記

スポンサーリンク

ステート・ストリート全世界株式インデックス・オープン新規設定

設定日

2024年1月11日

 

投資対象・ベンチマーク

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス[MSCI ACWI](配当込み)をベンチマークとし、日本を含む全世界の株式に投資するインデックスファンドです。

為替ヘッジは無しです。

*マザーファンドは同社が2017年9月8日から運用している全世界株式インデックス・ファンドと同じです。

 

信託報酬等のコスト

信託報酬 0.0748% (税込)

購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

eMAXIS Slimなど他社全世界株式インデックスファンドとの信託報酬比較

他社の全世界株式インデックスファンドと信託報酬を比較します。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

*ファンド名下の[]内はベンチマーク。[FTSE]はFTSE Global All Cap Index、[MSCI]はMSCI All Country World Indexの略。

 ファンド信託報酬実質コスト
1楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド
[MSCI]
0.05610%---
2eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
[MSCI]
0.05775%0.111%
2はじめてのNISA・全世界株式インデックス
[MSCI]
0.05775%---
2'Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)
[MSCI]
0.05775%
(上限0.08775%)
5ステート・ストリート全世界株式インデックス・オープン
[MSCI]
0.0748%---
6PayPay投資信託インデックス世界株式
[FTSE]
0.0983%---
7SBI・全世界株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.1022%0.112%
個別ファンドの組合せ0.1074%
8たわらノーロード 全世界株式
[MSCI]
0.1133%0.187%
9Smart-i Select 全世界株式
[MSCI]
0.1144%0.219%
10SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.1338%0.163%
11楽天・全世界株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.192%0.217%
12つみたて全世界株式
[MSCI]
0.1980%0.254%
13ステート・ストリート
全世界株式インデックス
[MSCI]
0.5280%0.595%

今回設定されるステート・ストリート全世界株式インデックス・オープンは、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)等についで信託報酬5位となります。

 

販売会社

後述

 

コメント

同社はMSCI ACWIに連動するインデックスファンドとして、

全世界株式インデックス・ファンド

を運用していますが、その信託報酬は0.528%(税込)

今回、本ファンドの信託報酬を引下げるのではなく、新規ファンドとして低コストのステート・ストリート全世界株式インデックス・オープンが設定されることになります。

 

スポンサーリンク

ステート・ストリートS&P500インデックス・オープン新規設定

設定日

2024年1月11日

 

投資対象・ベンチマーク

S&P500(配当込み)をベンチマークとし、米国株式に投資するインデックスファンドです。

為替ヘッジは無しです。

*マザーファンドは同社が2017年9月29日から運用している米国株式インデックス・ファンドと同じです。

 

信託報酬等のコスト

信託報酬 0.0748% (税込)

購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

eMAXIS Slimなど他社S&P500インデックスファンドとの信託報酬比較

他社のS&P500インデックスファンドと信託報酬を比較します。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

 ファンド信託報酬実質コスト
---つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス[2026.5.7まで]
0.0586%
---
1ステート・ストリートS&P500インデックス・オープン0.0748%---
2楽天・S&P500インデックス・ファンド0.0770%---
3つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス[2026.5.8以降]
0.09072%
---
4eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.09372%0.106%
4たわらノーロードS&P5000.09372%0.135%
4はじめてのNISA米国株式(S&P500)0.09372%---%
7
SBI・V・S&P500インデックス0.0938%0.104%
7iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス0.0938%0.102%
9SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)0.0968%0.152%
9My SMT S&P500インデックス0.0968%0.291%
11iFree S&P500・インデックス0.198%0.215%
12つみたて米国株式(S&P500)0.2200%0.235%
12NZAM・ベータ・S&P5000.2200%0.287%
14Smart-i S&P500インデックス0.242%0.301%

今回設定されるステート・ストリートS&P500インデックス・オープンは信託報酬最安値となります。

*期間限定で信託報酬が低くなるつみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックスを除く

 

販売会社

後述

 

コメント

同社はS&P500に連動するインデックスファンドとして、

米国株式インデックス・ファンド

を運用していますが、その信託報酬は0.495%(税込)

今回、本ファンドの信託報酬を引下げるのではなく、新規ファンドとして低コストのステート・ストリートS&P500インデックス・オープンが設定されることになります。

そして、ステート・ストリートS&P500インデックス・オープンはS&P500連動型インデックスファンドとして信託報酬最安値となります。

 

スポンサーリンク

ステート・ストリート・グローバル株式インデックス・オープン新規設定

設定日

2024年1月11日

 

投資対象・ベンチマーク

MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)をベンチマークとし、(日本を除く)先進国株式に投資するインデックスファンドです。

為替ヘッジは無しです。

*マザーファンドは2002年で設定されたものです。

 

信託報酬等のコスト

信託報酬 0.0748% (税込)

購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

eMAXIS Slimなど他社先進国株式インデックスファンドとの信託報酬比較

他社の先進国株式インデックスファンドと信託報酬を比較します。

尚、PayPay投資信託インデックス先進国株式SBI・先進国株式インデックス・ファンドだけはベンチマークが異なりFTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス、他は全てMSCI KOKUSAIをベンチマークとするファンドです。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

*順位はMSCI KOKUSAIをベンチマークとするファンドだけでつけています。
*野村スリーゼロ先進国株式投信は野村證券・つみたてNISA限定商品ですので参考ファンド扱いとしています。

 ファンド信託報酬実質コスト
--野村スリーゼロ先進国株式投信0%
(2030年まで)
0.013%
1ステート・ストリート・グローバル株式インデックス・オープン0.0748%---
2楽天・先進国株式(除く日本)インデックス・ファンド0.088%---
--PayPay投資信託インデックス先進国株式
[FTSE]
0.0906%---
--SBI・先進国株式インデックス・ファンド
[FTSE]
0.0982%0.113%
3eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.09889%0.139%
3たわらノーロード先進国株式0.09889%0.133%
3<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックス0.09889%0.126%
6My SMTグローバル株式インデックス0.1023%0.143%
6SMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)0.1023%0.157%
8iFree外国株式インデックス0.2090%0.241%
9(三菱UFJ)つみたて先進国株式0.2200%0.259%
9Smart-i先進国株式インデックス0.2200%0.282%

今回設定されるステート・ストリート・グローバル株式インデックス・オープンは信託報酬最安値となります。

 

販売会社

後述

 

スポンサーリンク

ステート・ストリートTOPIXインデックス・オープン新規設定

設定日

2024年1月11日

 

投資対象・ベンチマーク

TOPIX(配当込み)をベンチマークとし、国内株式に投資するインデックスファンドです。

*マザーファンドは2003年で設定されたものです。

 

信託報酬等のコスト

信託報酬 0.1078% (税込)

購入時手数料、信託財産留保額はありません。

 

eMAXIS Slimなど他社TOPIXインデックスファンドとの信託報酬比較

他社のTOPIXインデックスファンドと信託報酬を比較します。

(注)下表は基本的に最新の情報に随時更新しています。よって記事中の記載と異なる場合がありますが、その際は下表の値が最新の情報となります。

 ファンド信託報酬実質コスト
1ステート・ストリートTOPIXインデックス・オープン0.1078%---
--SBI・iシェアーズ・TOPIXインデックス0.1133%---
2eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)0.1430%0.147%
2<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド0.1430%0.146%
--はじめてのNISA日本株式(TOPIX)0.1430%---
4iFree TOPIXインデックス0.1540%0.165%
4Smart-i TOPIXインデックス0.1540%0.161%
4My SMT TOPIXインデックス0.1540%0.160%
4東京海上セレクション・日本株TOPIX0.1540%0.160%
8三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド0.1760%0.184%
8たわらノーロードTOPIX0.1870%0.189%
10(三菱UFJ)つみたて日本株式(TOPIX)0.1980%0.202%

今回設定されるステート・ストリートTOPIXインデックス・オープンは信託報酬最安値となります。

*SBI・iシェアーズ・TOPIXインデックス・ファンドは東証上場ETFに投資し、ETFの信託報酬以外のコストが含まれていませんので、実際のコストははさらに上がると推測されます。実際のコストがわかるまでは参考値として記載。

 

販売会社

後述

 

スポンサーリンク

SSGA インデックス・シリーズ・ライトとして株式・債券全7本をラインアップ

前章までで解説した株式インデックスファンド4本の他にも債券に投資する3本を合わせ全7本がSSGA インデックス・シリーズ・ライトしてラインアップされます。

ファンド
[ベンチマーク]
信託報酬
(税込)
 
ステート・ストリート全世界株式インデックス・オープン
[MSCI ACWI]
0.0748%---
 ステート・ストリートS&P500インデックス・オープン
[S&P500]
0.0748%業界
最低水準
ステート・ストリート・グローバル株式インデックス・オープン
[MSCI KOKUSAI]
0.0748%業界
最低水準
ステート・ストリートTOPIXインデックス・オープン
[TOPIX]
0.1078%業界
最低水準
ステート・ストリート・グローバル債券インデックス・オープン
(隔月分配型)
[FTSE世界国債(除く日本)]
0.0638%業界
最低水準
ステート・ストリート国内債券インデックス・オープン
(隔月分配型)
[NOMURA-BPI総合]
0.1078%業界
最低水準
ステート・ストリート米国投資適格社債インデックス・オープン
(隔月分配型)
[ブルームバーグ米国社債(1-10年)]
0.2838%業界
最低水準

全世界株式を除く6本が最安値と超低コストのインデックスファンドシリーズになります。

 

販売会社

設定から暫く販売会社がない状態が続いていましたが、2024.2.22よりauカブコム証券、2024.2.26より松井証券での販売が決まりました。

auカブコム証券のクレジットカード積立 & auじぶん銀行との連携
auカブコム証券はau Payカードで投資信託積立が出来ます。Pontaポイント還元率は1.0%
Pontaポイントで投資信託の購入も可能。
また、auじぶん銀行との連携(auマネーコネクト)でauじぶん銀行普通預金金利0.1%、au Payアプリ等の連携で最大0.20%になるのも魅力。

公式サイト(PR)auカブコム証券

 

松井証券 投信保有での最高水準のポイント還元
松井証券は、投資信託保有による最高水準のポイント還元率が魅力。
またMATSUI Bank(住信SBIネット銀行マツイ支店)の口座開設すれば普通預金金利 年0.20%になるのも魅力。

公式サイト(PR)松井証券

 

以上、SSGA インデックス・シリーズ・ライト 全7本新規設定のニュースでした。

今後、eMAXIS Slimや楽天+(プラス)シリーズが対抗する信託報酬引下げを実施するかも注目です。

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイト(PR)マネックス証券

マネックス証券の口座はSBI新生銀行経由でも開設出来ます。

SBI新生銀行新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

公式サイト(PR)SBI新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイト(PR)auカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

新規口座開設者限定 円定期 1年0.35%(税引前,2024.3.29まで)
*募集総額2,000億円到達したら終了

他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイト(PR)UI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2024 All Rights Reserved.