【外国債券インデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

インデックスファンドとは、ある指数に連動するよう運用するファンドですが、一体どんな指数があって、それぞれが、どこの国を投資対象としているかをまとめます。

今回は先進国債券、新興国債券の外国債券編です。

株式、REITについては下記の記事を参照して下さい。

参考記事【外国株式インデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国? 
参考記事【外国REITインデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国?

インデックスファンドの一覧(ファンド名、信託報酬、実質コスト、純資産総額)は↓を参照してください。
参考記事インデックスファンド・コスト比較

先進国債券

代表的なインデックス(指数)

世界主要国(主に先進国)の債券を対象とした指数として、Citigroupが公表している、

シティ世界国債インデックス(除く日本)

があります。

日本を除く22カ国から構成される時価総額加重型の指数で、市場規模、信用格付、市場参入障壁が一定の基準以上の国債で構成されます。

構成する国の国民総生産(GDP)は、全世界のGDPの52%を占めます。

主な構成国、比率を下図に示します。

シティ世界国債インデックス(除く日本)

尚、同じCitigroupが公表し、公社債、担保付証券、社債に投資する

シティグループ世界BIG債券インデックス

もあり、EXE-i 先進国債券ファンドの参考指標として採用されていますが、詳細は割愛します。

主なインデックスファンド

ファンドの名称に「先進国債券」「外国債券」「グローバル債券」と名のつくインデックスファンドの殆どが、シティ世界国債インデックス(除く日本)を使用しています。

主な低コストのインデックスファンドでは、

  • eMAXIS Slim 先進国債券インデックス (三菱UFJ国際投信)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド (ニッセイAM)
  • iFree 外国債券インデックス (大和投資信託)
  • たわらノーロード先進国債券 (アセットマンジメントOne)
  • SMT グローバル債券インデックス・オープン (三井住友トラストAM)

など多くのファンドがあります。

また、債券の場合、リターン・リスクに対する為替要因の影響が大きいことから、多くのファンドで為替ヘッジありのファンドも用意されています。(たわらノーロード、SMT、Funds-i、eMAXISなど)

参考記事先進国株式・先進国債券に為替ヘッジは必要か否か? 為替ヘッジを組み込むことで運用効率を上げられないか?

新興国債券

代表的なインデックス(指数)

新興国債券では、JPモルガンが公表している二つのインデックスがあり、現地通貨建て、米ドル建てと大きな違いがあります。

より詳細な比較は↓の記事を参照して下さい。
参考記事新興国債券インデックスファンドの二つのベンチマーク(GBI-EM、EMBI+)

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ・グローバル・ダイバーシファイド (ディバーシファイドと表記される場合もあり)

J.P.Morgan Government Bond Index-Emerging Markets(GBI-EM) Global Diversified
*以下、本文中ではGBI-EMと略して表記する場合があります。

現地通貨建の債券で、時価総額加重型の指数ですが、ダイバーシファイドでは一つの国の上限比率を10%としてます。

17カ国で構成され、その国民総生産(GDP)は、全世界のGDPの12%を占めます。

JP モルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス

J.P.Morgan Emerging Market Bond Index (EMBI) Plus
*以下、本文中ではEMBI+と略して表記する場合があります。

米ドル建時価総額加重型の指数で、16カ国で構成されています。それらの国の国民総生産(GDP)は、全世界のGDPの11%を占めます。

後述しますが、為替ヘッジ有のインデックスファンドで良く使用されています。

(注)もう一つ、SMT米ドル建新興国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)に採用されている、ブルームバーグ・バークレイズ・US・エマージング・ソブリン・マキシマム・レイティング・インベストメント・グレイド・インデックスがありますが、ここでは省略します。

構成国とその比率

GBI-EMダイバーシファイドEMBI+の構成国、及び比率は下図のようなります。

新興国債券インデックス

主なインデックスファンド

GBI-EMダイバーシファイドをベンチマークとしているファンド

主な低コストのインデックスファンドでは、

  • iFree 新興国債券インデックス (大和投資信託)
  • インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券 (日興AM)
  • eMAXIS 新興国債券インデックス (三菱UFJ国際投信)
  • Funds-i 新興国債券 (野村AM)
  • SMT新興国債券インデックス・オープン (三井住友AM)

などがあります。

EMBI+をベンチマークとしているファンド

為替ヘッジありの以下のファンド

  • eMAXIS 新興国債券インデックス(為替ヘッジあり) (三菱UFJ国際投信)
  • Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型 (野村AM)

為替ヘッジなしで、バランスファンドの新興国債券部分

  • たわらノーロード バランス(8資産均等型) (アセットマンジメントOne)
  • 投資のソムリエ (アセットマンジメントOne)

*投資のソムリエは厳密な意味でのインデックスファンドではありません。

新興国債券の上記二つのインデックスは、その通貨の違いにより全く異なる動きをしますので注意が必要です。

外国債券インデックスの構成国の詳細

上述の、先進国債券、新興国債券の各インデックスの構成国、及び比率を下表にまとめます。

そのインデックスに含まれる国を、比率の大きい国は%表示(5%以上は赤太字)、その他は✔で表記します。

また、参考までの国民総生産(GDP)の2015年の順位、及び比率も示します。 

  GDP(2105年)  先進国債券 新興国債券 
  順位  比率 シティ世界国債インデックス
(除く日本)
GMI-EM EBMI+
構成国数     22 17 16
北アメリカ     
米国 1 24% 43%    
カナダ 10 2% 2%    
メキシコ 15 2% 10% 12%
パナマ 67 0%     3%
南アメリカ     
ブラジル 9 2%   10% 8%
チリ 43 0%    
コロンビア 40 0%   8% 6%
ペルー 49 0%   4%
アルゼンチン 21 1%   4%
ベネズエラ 31 0%     4%
  GDP
順位
 GDP
比率
シティ世界国債インデックス
(除く日本)
GMI-EM EBMI+
ヨーロッパ     
英国 5 4% 7%    
フランス 6 3% 10%    
ドイツ 4 5% 7%    
スイス 19 1%    
オランダ 17 1% 2%    
スペイン 14 2% 6%    
オーストリア 30 1%    
ベルギー 26 1% 3%    
デンマーク 35 0%    
フィンランド 44 0%    
アイルランド 41 0%    
イタリア 8 2% 10%    
ノルウェー 29 1%    
ポルトガル 45 0%      
スウェーデン 23 1%    
チェコ 50 0%    
ハンガリー 54 0%   5%
ポーランド 25 1% 10%  
ロシア 12 2%   7% 12%
ギリシャ 46 0%      
ルーマニア ? ?   2%
ウクライナ 59 0%     4%
クロアチア ? ?     3%
  GDP
順位
 GDP
比率
シティ世界国債インデックス
(除く日本)
GMI-EM EBMI+
アジア・オセアニア     
中国 2 15%      
香港 34 0%      
韓国 11 2%      
台湾 22 1%      
タイ 28 1%   7%  
シンガポール 38 0%    
マレーシア 37 0% 7%  
フィリピン 39 0%   9%
インドネシア 16 1%   10% 10%
インド 7 3%      
パキスタン 42 0%      
イスラエル 36 0%      
トルコ 18 1%   8% 14%
カタール 52 0%      
UAE ? ?      
オーストラリア 13 2% 2%    
ニュージーランド 51 0%      
アフリカ     
エジプト 32 0%      
南アフリカ 33 0% 9% 3%

*シティ世界国債インデックスは、SMTグローバル債券インデックス・オープンの月次レポート(2017.7.31)に記載のベンチマークの構成国・比率を引用。
*GBI-EMは、SMT新興国債券インデックス・オープンに記載のベンチマークの構成国・比率を引用。(2017年5月末時点)
*EMBI+は、アセットマネジメントOne 投資のソムリエ 運用報告書(全体版)2017.1.11より

*各国のGDPは総務省統計局の「世界の統計2017」から引用。

参考記事【外国株式インデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国? 
参考記事【外国REITインデックスファンド】各インデックス(指数)、そして先進国、新興国ってどこの国?

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする