プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンドニュース・新規設定ファンド

iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス・ファンド 信託報酬引下げと名称変更。信託報酬同率最安値へ!

投稿日:2022年8月2日 更新日:

ブラックロック・ジャパン株式会社は下記ファンドの信託報酬の引下げ、及び名称変更を発表しました。

  • iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス・ファンド

[最終更新日:2022.8.18]つみたてNISA対象ファンドに

スポンサーリンク

iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス・ファンド 信託報酬引下げと名称変更

改定日

2022年8月3日

 

名称変更

従来 「iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド」

新名称「iシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド」 

となります。

 

信託報酬引下げ

信託報酬が下表のように引き下げられます。

尚、iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス・ファンドはマザーファンドを通して米国ETF iShares Core S&P 500 ETF IVVに投資しますが、その経費率を含めて記載します。
*2022.6.1よりFoFからファミリーファンド方式に変更になりました。

*信託報酬は税込み表記

 実質的な信託報酬 
従来
(税込)
投資先ETF
経費率
合計 
(税込み)
従来0.4125%0.4125%
改定後0.0638%0.03% 0.0938%

0.3187%ポイントと大幅な引き下げです。

 

ベンチマークを配当込に変更、つみたてNISA対象商品に

本ファンドのベンチマークはS&P500ですが、従来、除く配当だったものが、配当込み(ネット)に変更されます。

さらに、2022年8月18日につみたてNISA対象商品となりました。

 

スポンサーリンク

他社 S&P500インデックスファンドとの比較

iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス・ファンドの引下げ後の信託報酬を他社のS&P500連動型インデックスファンドと比較します。

 ファンド信託報酬実質コスト
---つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス[2026.5.7まで]
0.0586%
---
1ステート・ストリートS&P500インデックス・オープン0.0748%---
2楽天・S&P500インデックス・ファンド0.0770%---
3つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス[2026.5.8以降]
0.09072%
---
4eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.09372%0.106%
4たわらノーロードS&P5000.09372%0.135%
4はじめてのNISA米国株式(S&P500)0.09372%---%
7
SBI・V・S&P500インデックス0.0938%0.104%
7iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス0.0938%0.102%
9SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)0.0968%0.152%
9My SMT S&P500インデックス0.0968%0.291%
11iFree S&P500・インデックス0.198%0.215%
12つみたて米国株式(S&P500)0.2200%0.235%
12NZAM・ベータ・S&P5000.2200%0.287%
14Smart-i S&P500インデックス0.242%0.301%

*iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス・ファンドの実質コストは、ファミリーファンド方式に変更する前の決算結果に信託報酬引下げ分を差し引いた概算値。

iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス・ファンドは(税込みで)SBI・V・S&P500インデックス・ファンドと並び(投資先ETF経費率を含めた実質的な)信託報酬最安値となります。

*税抜きではeMAXIS Slim米国株式(S&P500)等と同じです。

 

以上、iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス・ファンドの信託報酬引下げのニュースでした。

 

米国株式(S&P500)に投資するファンドの詳細な比較は下記ページをご覧下さい。

 

主なインデックスファンドの信託報酬・実質コスト一覧は下記ページをご覧下さい。

 

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイト(PR)マネックス証券

マネックス証券の口座はSBI新生銀行経由でも開設出来ます。

SBI新生銀行新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

公式サイト(PR)SBI新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイト(PR)auカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

新規口座開設者限定 円定期 1年0.35%(税引前,2024.3.29まで)
*募集総額2,000億円到達したら終了

他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイト(PR)UI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2024 All Rights Reserved.