アクティブファンド

「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね」(旧:米国株式長期厳選ファンド)の評価・評判・人気

投稿日:

農林中金全共連アセットマネジメントが運用する農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね(旧名称:農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド)、米国株式に投資するアクティブファンドです。

その農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねのパフォーマンスを、米国株式の代表的指数であるS&P500との比較も含めて評価します。

*2019.9.21に農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドから農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねに名称が変更になりました。

[最終更新日:2021.3.2]全て最新の情報に更新。
本記事は原則2021年2月末日時点の情報に基づき記載しています。

スポンサーリンク

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの基本情報

先ず、農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの基本情報をまとめます。

運用会社農林中金全共連アセットマネジメント
設定日2017年7月5日
信託期間無期限
運用形態アクティブファンド
投資形態ファミリーファンド
ベンチマーク
参考指数
購入時手数料上限2.20%(販売会社が独自に設定)
*主要ネット証券は無料(ノーロード)
信託財産留保額
信託報酬(税込)0.990%
実質コスト1.047%(2020.6.22決算時点)(*1)
純資産総額 76.84億円(2021.2.26時点)
マザーファンド 純資産総額 153.86億円(2020.2.17時点)
分配金実績(50~90円/年)
つみたてNISA対象外
個人型確定拠出年金(iDeCo)SBI証券など
SBI証券ポイント還元年率0.10%
(対象投資信託1,000万円以上保有で0.20%)
楽天証券ポイント還元年率0.048%
松井証券現金還元年率0.050%

(*1)実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定し、消費税率8%から10%に換算した概算値。

信託報酬は0.990%と低くはありませんが、アクティブファンドの中ではそう高い部類でもないでしょう。

また信託報酬以外のコストも十分抑えられており実質コストは1.047%

 

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの運用方針、投資対象

運用方針

1.圧倒的な競争力を有する企業への長期厳選投資により投資信託財産の中長期的成長を目指すアクティブファンド

2.米国の上場株式を主要投資対象

3.①付加価値の高い産業 ②圧倒的な競争優位性 ③長期的な潮流
この3つの基準を満たす「構造的に強靭な企業」に長期厳選投資

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね 交付目論見書より抜粋・編集して引用。

著名なファンドマネージャー 奥野一成氏が常務取締役兼最高投資責任者(CIO)を務める農林中金バリューインベストメント株式会社(NVIC)の助言を受け、ポートフォリオを構築します。

尚、ベンチマーク、参考指数ともにありません。

 

投資対象

2021年1月末時点の銘柄総数は26銘柄とかなり絞っています(厳選?)。

組入上位10銘柄は下表のとおり。参考までに各銘柄のS&P500での構成比、順位も記載します。

順位銘柄
[Ticker]

(業種)
比率S&P500構成比
(順位)
1THE WALT DISNEY CO.
[DIS]

(コミュニケーション・サービス)
8.1%1.06%
(12位)
2TEXAS INSTRUMENTS INC
[TXN]

(情報技術)
6.5%0.49%
(42位)
3BECTON DICKINSON & CO
[BDX]

(ヘルスケア)
6.3%0.22%
(106位)
4VISA INC-CLASS A SHARES
[V]

(情報技術)
6.2%1.12%
(11位)
5CHURCH & DWIGHT CO INC
[CHD]

(生活必需品)
4.7%0.06%
(313位)
6NIKE INC -CL B
[NKE]

(一般消費財・サービス)
4.5%0.53%
(39位)
7MCCORMICK & COMPANY
[MKC]

(生活必需品)
4.5%0.07%
(295位)
8COSTCO WHOLESALE CORP
[COST]
(生活必需品)
4.5%0.45%
(47位)
9COLGATE-PALMOLIVE CO
[CL]

(生活必需品)
4.5%0.20%
(112位)
10CLOROX COMPANY
[CLX]

(生活必需品)
4.4%0.07%
(274位)

データ引用:農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね マンスリーレポート(2021/1)
S&P500はSPYD S&P500ETF(2021.2.26)から引用

上位10銘柄は全てS&P500に入っている大型株ですが、その構成比は大きく異なり、S&P500で下位の銘柄が本ファンドの上位10銘柄に多く入っています。

また構成銘柄が26と少なく、その分、各銘柄の構成比率が上位10で4.4~8.1%と高くなっているのも特徴です。

スポンサーリンク

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねのパフォーマンス (S&P500と比較)

*以下、年率リターン・リスクは月次データ(終値)より計算。またシャープレシオは、無リスク資産の収益率0としています。
*基準価額は運用会社のサイトより引用。分配金がある場合は分配金再投資の価額に独自に変換。
*S&P500はiFree S&P500インデックスの基準価額を使用。

 

基準価額のチャート

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの設定日は2017年7月5日ですが、比較対象とするiFree S&P500インデックスの設定日2017年8月31日に合わせ、この日を基準(10,000)とした基準価額のチャート(分配金再投資時の基準価額)を示します。

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね 基準価額チャート

チャートを見る限り、明らかに農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねがS&P500を上回っていることが分かります。特にS&P500が大きく下落した2018年末、また2020年3月のコロナショック時に農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの下落率が小さく、ここで大きな差がついたように見えます。

以下、運用成績を詳細に分析していきます。

 

設定来の運用実績(リターン・リスク)

2021年2月末日時点での3年半のリターン、リスクを見てみます(全て年率換算で表記)

3年6カ月の年率リターン・リスク 
(2021.2末時点)
 農林中金おおぶねS&P500(iFree)
年率リターン14.90%13.74%
年率リスク15.01%17.69%
シャープレシオ0.990.78

*一般的にシャープレシオが大きいほど投資効率が良いとされています。

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねS&P500をリターンで1%強上回り、リスクも小さく、シャープレシオでも勝っています。

 

1年間騰落率 年別比較

アクティブファンドの評価としてもう一つ重要な要素は、常にインデックスに対して勝ち続ける事が出来るかという点です。

そこで1年騰落率(リターン)を年別に比較してみます。

騰落率が高い方
農林中金
おおぶね
S&P500
(iFree)
2020年15.4%10.2%+5.1%
2019年
26.1%30.4%-4.3%
2018年-2.4%-7.7%+5.3%
2017年
(8月末から)
14.1%11.9%+2.2%

まだ4年にも満たないデータしかありませんが、農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねS&P500に3勝1敗と勝ち越しています。

ただ、未だファンドの評価としては十分な期間とは言えません。

 

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの分配金

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねは設定来、毎年、年1回分配金を出しています。

各決算期(年1回)の分配金と各期の収益率をまとめたのが下表。

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの分配金
決算日分配金利回り期間収益率
2020年6月0.69%8.38%
2019年6月0.58%12.20%
2018年6月0.46%8.68%

決算期間の収益率に対し分配金利回りは僅かで、所謂、「タコ足分配」にはなっていません。

これから資産を築いていこうとする資産形成期においては、分配金に対する課税を考慮すると、分配金を出さない投資信託の方が基本的には有利です。

 

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの人気・評判

月次資金流出入額純資産総額から農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの売れ行き・人気を見てみます。

*月次資金流出入額は純資産総額の増減に日々の基準価額変動を考慮して計算した概算値。

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの人気・評判

設定当初は殆ど売れていませんでしたが、ここ最近は毎月億レベルの資金流入があります。また、資金流出の月もありません。

純資産総額も設定から約3年半で77億。

販売会社の少なさを考慮すると、そこそこ売れていると言っても良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねS&P500のパフォーマンスを比較してきましたが、設定来では農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねが若干勝っています。特にS&P500が大きく下落した2018年、2020年のコロナショック時に(S&P500に対し)アウトパフォームしています。

ただ未だ設定から4年にも満たず、ファンドを評価するのに十分な期間とは言えません。

今後の運用成績に期待といったところでしょうか。

(注意)本記事ではS&P500と比較してきましたが、S&P500は農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねのベンチマーク、参考指数ではありません。

 

販売会社

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねは下記のネット証券で購入時手数料無料で購入する事が出来ます。

SBI証券
投資信託保有で毎月Tポイントがもらえます。さらにTポイントで投資信託を購入する事も出来ます。
公式サイトSBI証券

楽天証券
投資信託保有で毎月楽天ポイントがもらえます。さらに楽天ポイントで投資信託を購入する事も出来ます。また、楽天カード(クレジットカード)で投資信託を積立購入する事が出来ます(上限5万円/月)。勿論ポイント還元があり事実上1%割引で購入出来るようなものです。
公式サイト楽天証券楽天カード

松井証券
松井証券は、複数の投資信託を積立する際、設定したポートフォリオ(配分比率)になるよう自動的に購入商品・金額を調整してくれる「リバランス積立」が魅力(無料で利用可能)。
公式サイト松井証券

 

また、個人型確定拠出年金ではSBI証券のiDeCo等で取り扱っています。

*これらは全て過去のデータですので、将来のリターンを保証するものではありません。投資は自己責任でお願いします。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-アクティブファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2021 All Rights Reserved.