プロモーション

  • 本サイトは広告を含みます。
  • 本サイトは、掲載されている情報の正確性を保証するものではありません。記載の情報が原因で被ったいかなるトラブル・損害についても責任は負えません。

ファンドニュース・新規設定ファンド

たわらノーロード S&P500 新規設定 ~eMAXIS SlimやSBI・V・S&P500よりも低い信託報酬!~

投稿日:2023年3月14日 更新日:

EDNIETによるとアセットマネジメントOne株式会社は、米国株式、S&P500との連動を目指す下記インデックスファンドを新規に設定します。

  • たわらノーロード S&P500

[最終更新日:2023.3.15]eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の信託報酬引下げ発表を反映。

 【PR】SBI新生銀行 新規口座開設特典

新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

さらに、新規口座開設者限定円定期預金「スタートアップ円定期」 3カ月もの 年1.0%(税引前) 、1年もの 年0.3%(税引前) に預入できます。

たわらノーロード S&P500 新規設定

設定日

2023年3月30日

 

投資対象・ベンチマーク

S&P500(配当込み)をベンチマークとし、米国株式に投資するインデックスファンドです。

為替ヘッジは無しです。

ファミリーファンド方式で運用し、マザーファンドは「S&P500インデックス・マザーファンド」。

マザーファンドの信託契約締結日は2017年6月5日となっており、既存のマザーファンドと思われます。

 

 

信託報酬等のコスト

信託報酬 0.09372% (税込)

信託財産留保額はありません。

 

SBI・V・S&P500、eMAXIS Slim 米国株式などの他社S&P500連動型インデックスファンドとの信託報酬比較

たわらノーロード S&P500の信託報酬を他社のS&P500連動型インデックスファンドと比較します

 ファンド信託報酬実質コスト
1eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.09372%0.106%
1たわらノーロードS&P5000.09372%---%
1はじめてのNISA米国株式(S&P500)0.09372%---%
4
SBI・V・S&P500インデックス0.0938%0.104%
4iシェアーズ米国株式(S&P500)インデックス0.0938%0.102%
6SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)0.0968%0.140%
6My SMT S&P500インデックス0.0968%0.291%
8iFree S&P500・インデックス0.198%0.224%
9つみたて米国株式(S&P500)0.2200%0.235%
9NZAM・ベータ・S&P5000.2200%0.335%
11Smart-i S&P500インデックス0.242%0.385%

*eMAXIS Slimは2023.4.25からの信託報酬。実質コストは信託報酬引下げ分を考慮した概算値。

たわらノーロード S&P500は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)(事実上のFoFで運用する)SBI・V・S&P500インデックスよりも低い信託報酬で単独最安値となります。

[2023.3.15追記]eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が早くも対抗する信託報酬引下げを発表し、たわらノーロード S&P500と同率最安値となりました。

 

販売会社

EDINET提出時点では、SBI証券マネックス証券、長野證券となっています。

 

以上、S&P500連動型インデックスファンドとして信託報酬最安値となる、たわらノーロード S&P500、新規設定のニュースでした。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)SBI・V・S&P500インデックスが対抗する引下げを行うか否かにも注目です。

 

 

スポンサーリンク

プロモーション(記事下)

本サイトは広告を含みます。
マネックス証券のクレジットカード投信積立

マネックス証券

マネックスカード(クレジットカード)での投信積立が2022.2.25より始まりました。投信積立でのポイント還元率は最高水準の1.1%

*マネックスカードの発行はマネックス証券の口座が必要です。

公式サイト(PR)マネックス証券

マネックス証券の口座はSBI新生銀行経由でも開設出来ます。

SBI新生銀行新規口座開設+エントリーで1,000円、1回3万円以上の入金で2,000円、最大3,000円がもらえます。

公式サイト(PR)SBI新生銀行

 
auカブコム証券のクレジットカード投信積立

auカブコム証券

au Payカード(クレジットカード)での投信積立が2022.3.28より始まりました。投信積立でのポイント還元率は1.0%

公式サイト(PR)auカブコム証券

 
無リスク資産の預け先として最適な銀行定期預金

UI銀行(東京きらぼしフィナンシャルグループ)

円定期1年/2年/3年 年0.30%(税引前、2023.10.31まで)
他行宛振込手数料も条件により一定回数無料になります。

公式サイト(PR)UI銀行
 

-ファンドニュース・新規設定ファンド

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2023 All Rights Reserved.