ファンド紹介・解説

【インデックス型バランスファンド評価・解説】つみたて4資産均等バランス (三菱UFJ国際投信 つみたてんとうシリーズ)

投稿日:2019年6月21日 更新日:

つみたて4資産均等バランス

 

1本のファンドで国内外の債券、株式に分散投資できるインデックス型のバランスファンド、つみたて4資産均等バランスについて解説します。

1本のファンドで複数の資産クラス(例えば、国内株式・債券、先進国株式・債券など)に投資するファンドをバランスファンドと言います。個々の資産クラスのファンドを組合わせるよりコスト的には割高になる場合が多いですが、バランスファンドなら面倒なリバランスも不要で、ほったらかし投資が簡単に実践できます。

[最終更新日:2019.9.18]消費税10%表記に変更。
[2019.8.28]2019年6月決算の結果を反映。
[2019.6.21]初版。本記事は原則2019.5末日時点の情報に基づいて記載しています。

スポンサーリンク

つみたて4資産均等バランスの基本情報

つみたて4資産均等バランスは三菱UFJ国際投信が運用するインデックスファンド「つみたてんとうシリーズ」の一つです。eMAXISeMAXIS Slimシリーズとは、基本的に同じマザーファンドで運用する兄弟ファンド。eMAXIS Slimが原則ネット証券・銀行専用商品なのに対し、つみたてんとうシリーズは、「つみたてNISA」を主なターゲットとし、最寄りの金融機関で相談できるファンドとして2017年8月に設定されました。現在7本のファンドから構成されています。コスト(信託報酬)はeMAXISよりは低く、eMAXIS Slimよりは高くなっています。(ただし、4資産均等型はeMAXIS Slimにはラインアップされていません。)
参考記事三菱UFJ国際投信 インデックスファンド「つみたてんとうシリーズ」運用開始。

今回解説するのは、国内・先進国の債券・株式の4資産に均等に投資するつみたて4資産均等バランス

先ず、つみたて4資産均等バランスの基本情報をまとめます。

運用会社三菱UFJ国際投信
設定日2017年8月16日
運用形態インデックスファンド
投資形態ファミリーファンド
ベンチマーク合成ベンチマーク(後述)
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬(税込)0.2420% 
実質コスト0.268%
純資産総額 12.10億円(2019.6.20時点)
(マザーファンド) 純資産総額 --- 円
分配金実績
つみたてNISA対象商品
SBI証券ポイント還元年率0.05%
楽天証券ポイント還元年率0.048%

 

投資対象

国内債券、国内株式、先進国債券、先進国株式の4資産に均等に投資します。

バランスファンド4資産均等型

ベンチマーク

各投資対象はインデックス運用を行い、ベンチマークは下表のようになります。

 
 資産クラスベンチマーク
国内債券NOMURA BPI総合
国内株式TOPIX[配当込]
先進国債券FTSE世界国債インデックス(除く日本)
先進国株式MSCI Kokusai[配当込]

*2019.7.1よりベンチマークが配当込みとなりました。

いずれも、それぞれの資産クラスで一般的なベンチマークです。

また、各マザーファンドeMAXIS、eMAXIS Slimシリーズの個々のファンドと同じです。

 

手数料(信託報酬、実質コストなど)

つみたて4資産均等バランス信託報酬0.2420%(税込)

実質コスト0.268%(税込)

勿論、購入時手数料無料(ノーロード)、信託財産留保額は無です。

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

 

バランスファンドとしてのお得度 ~個々のファンドの組合せと比較~

バランスファンドは、その投資配分と同じになるよう個別のファンドを組合わせた場合に対し、コストが割高になるのが一般的です。

そこで、つみたて4資産均等バランスと、現時点で最も低コストの単体インデックスファンドを組み合わせた場合の信託報酬とを比較します。

個別のインデックスファンドで4資産均等型に組み合わせた場合
資産クラス資産配分信託報酬最安値
国内債券25%0.1320%
(eMAXIS Slim
、ニッセイなど)
国内株式25%0.1540%
(eMAXIS Slim
、ニッセイなど)

先進国債券25%0.1540%
(eMAXIS Slim
、ニッセイ)

先進国株式25%0.10989%
(eMAXIS Slim
、ニッセイなど)

組合わせた場合の信託報酬0.137%

個々のインデックスファンドを組み合わせて4資産均等型にした場合、その信託報酬は0.137%

一方、つみたて4資産均等バランスの信託報酬は0.2420%ですので、(信託報酬最低水準のファンドを)組み合わせた場合より0.105%割高になります。

尚、つみたてんとうシリーズでラインアップされているつみたて国内株式(TOPIX)つみたて先進国株式、そして債券部分は上表の最安値のファンドを組み合わせた場合は0.176%、これでもつみたて4資産均等バランスの方が0.07%高くなります。

現時点で、バランスファンドの信託報酬は(資産配分を無視すると)最安値は0.1540%、つみたて4資産均等バランスのコストが割高であることは否めません。

ただ、それでも十分低コストの部類である事には変わりありませんが。

 

他社 4資産均等型インデックスファンドとの信託報酬・実質コスト比較

4資産均等型つみたて4資産均等バランスの他、同じ三菱UFJ国際投信からeMAXISバランス(4資産均等型)、 そして<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)の3本が運用、販売されています。これら4資産均等型の信託報酬・実質コストを比較します。
(販売会社が限定されますがJP4資産均等バランスもあり)

 ファンド信託報酬実質コス
1<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)0.1540%0.188%
2(三菱UFJ)つみたて4資産均等バランス0.2420%0.268%
3eMAXIS バランス(4資産均等型)0.5500%0.575%

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

信託報酬は<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)が最安値、つみたて4資産均等バランスは0.088%高くなっています。ただ、eMAXIS バランスよりは十分低コストです。

 

信託報酬の変更履歴

つみたて4資産均等バランスは、2017年8月に設定された後、まだ信託報酬引下げの実績はありません。

 
引下げ日信託報酬(税込)備考
2017/8/16
 0.2376%新規設定
2019/10/1
 0.2420%消費税増税(8%-->10%)
?????? 

設定当初は最低水準でしたが、その後2017.11に<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)が信託報酬引下げを行い、現在では上述のように差が広がっています。

スポンサーリンク

つみたて4資産均等バランスの運用状況

資金流出入額 & 純資産総額 (人気は?)

月次資金流出入額純資産総額からつみたて4資産均等バランスの売れ行き・人気を見てみます。

(*)月次資金流出入額は、日々の純資産総額の増減額に騰落率を考慮して算出した概算値になります。

つみたて4資産均等バランス

つみたてNISAが始まった2018年1月より資金流入額は増加傾向にあり、それに伴い純資産総額も着実に増えてきています。

ライバルの<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)とは概ね同等の資金流入額です(2019年1~5月累計)

 

運用状況は?

インデックスファンドではベンチマークとの乖離が小さい事がファンド評価の重要な要素です。そして、乖離がなければ、そのコストに応じた騰落率になる筈です。

ただし、複数の資産に投資するバランスファンドの場合、その評価は簡単ではありません。

そこで、同じ4資産均等型の<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)eMAXIS バランス(4資産均等型)との比較、さらに個別のインデックスファンドの基準価額から4資産均等型になるよう合成データを作成し、これと比較する事でベンチマークとの乖離を評価します。

下図は、2019年5月末日時点の実質コストに対する1年騰落率を複数のファンドでプロットしたものです。

*つみたて4資産均等バランスは「三菱つみたて」と表記しています。
[ニッセイ合成]、[eMAXIS合成]、[SMT合成]というプロットが、<購入・換金手数料なし>ニッセイeMAXISSMTシリーズの個々のインデックスファンドを組み合わせた合成データです。

つみたて4資産均等バランス

グラフの左側(コストが低い)、上側(騰落率が高い)にあり、そしてグレーの点線上にある(乖離が少ない)ファンドが優秀なファンドという事になります。
*多くのファンドがコスト起因以外でのベンチマークとの乖離はないだろうという前提で評価。

つみたて4資産均等バランスは概ね他のファンドと同一線上にのっています。これはコスト要因以外でのベンチマークとの乖離がない安定した運用であることを意味します。そして、信託報酬で勝る<購入・換金手数料なし>ニッセイが若干マイナス側に乖離しているため、騰落率ではつみたて4資産均等バランスの方が高くなっています。

ただ、上図は2019年5月末時点の1年間騰落率ですが、今後、<購入・換金手数料なし>ニッセイの信託報酬はさらに下がりますので、騰落率でも<購入・換金手数料なし>ニッセイの方が上回るようになると推測します。

 

まとめ

つみたて4資産均等バランスは、伝統的4資産と言われる国内債券・株式、先進国債券・株式に均等に投資するバランスファンドで、新興国やリートが不要な方にとって選択肢の一つとなるファンドです。

信託報酬は最安値ではないものの比較的低く、ベンチマークとの乖離がない安定した運用、そして資金流入も安定しています。

懸念は、他のバランスファンドが信託報酬を引き下げていく中、まだ信託報酬引下げの実績がない事。

尚、同じ三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS バランス(4資産均等型)なら、つみたて4資産均等バランスの方を強くお勧めします。

ライバルの<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)と比較した上で購入するファンドを決定してください。

 

また、新興国やリートにも投資したいならeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)がお勧め。

 

購入先

つみたて4資産均等バランスは下記の金融機関で購入出来ます。

販売会社 SBI証券楽天証券 マネックス証券カブドットコム証券松井証券など。

その他、多くの銀行でも取り扱っています。

楽天証券なら楽天カード(クレジットカード)で投資信託を積立購入する事が出来ます。勿論ポイント還元があり事実上1%割引で購入出来るようなものです(上限5万円/月)。さらに、そのポイントで投資信託を購入する事も出来ます。
公式サイト楽天カード

勿論、つみたてNISA対象のファンドです。(上記金融機関でもつみたてNISAを取扱っていない場合があります)

 

 

他の4資産均等型との比較、最新の人気・運用状況は下記記事を参照して下さい。

 

インデックスファンドの信託報酬、実質コスト、純資産総額の一覧は下記記事を参照して下さい。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド紹介・解説

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.