ファンド紹介・解説

Smart-i Jリートインデックスの評価・評判・人気。~国内リートインデックスファンド(投資信託)~

投稿日:2021年6月8日 更新日:

国内リートに投資するインデックスファンドSmart-i Jリートインデックスについて解説します。

[最終更新日:2021.8.30]実質コスト、純資産総額を最新の情報に更新。
[2021.6.8]全て最新情報に更新。
本記事は原則2021年5月末日時点の情報に基づき記載しています。

スポンサーリンク

Smart-i Jリートインデックスの基本情報

Smart-iは「シンプルでわかりやすく、リーズナブルなコストで使い勝手の良いファンド」を目指し2017年8月に設定されたりそなアセットマネジメントが運用する購入時手数料ゼロのインデックスファンドシリーズです。

今回解説するのは国内リートに投資するSmart-i Jリートインデックス

先ず、Smart-i Jリートインデックスの基本情報をまとめます。

運用会社りそなアセットマネジメント
設定日2017年8月29日
運用形態インデックスファンド
投資形態ファミリーファンド
ベンチマーク東証REIT指数(配当込み)
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬(税込)0.1870%
実質コスト0.198%(*)
純資産総額 39.1億円(2021.8.27時点)
(マザーファンド) 純資産総額 243.0億円(2021.1.25時点)
分配金実績
つみたてNISA対象外
SBI証券ポイント還元年率0.05%
楽天証券ポイント還元年率0.048%

(*)2021.5.25決算より

 

投資対象

ベンチマークは東証REIT指数[配当込み]で国内の不動産投資信託証券に投資します。

*東証REIT指数は東証に上場するREIT全銘柄(約60銘柄)の時価総額加重型の指数です。

 

マザーファンド

Smart-i Jリートインデックスファミリーファンド方式でマザーファンドを介して国内リートに投資します。

Smart-i Jリートインデックス

「RAM国内リートマザーファンド」は純資産総額246億円(2020.1.17時点)、主にラップ口座専用ファンド、適格機関投資家向けファンドが多くを占め、Smart-i Jリートインデックスは8%程度に過ぎません。

 

手数料(信託報酬、実質コストなど)

Smart-i Jリートインデックスの最大の魅力は何と言っても信託報酬の低さ。

国内リートインデックスファンドとしては最低水準の0.1870%(税込)

実質コスト0.198%(税込)

*2018年5月の初回決算では実質コスト0.358%と信託報酬以外のコストが非常に高くなっていましたが、2期目(2019年5月)で0.224%(消費税8%)/0.228%(消費税10%)、3期目(2020年5月)で0.204%(消費税10%)、そして4期目決算(2021年5月)で0.198%(消費税10%)、まで下がりました。

勿論、購入時手数料無料(ノーロード)、信託財産留保額は無です。

 

他社 国内リートインデックスファンドとの信託報酬・実質コスト比較

東証REIT指数をベンチマークとする他社の低コスト・インデックスファンドと信託報酬・実質コストを比較します。

 ファンド信託報酬実質コスト
1eMAXIS Slim 国内リートインデックス0.1870%0.194%
1Smart-i Jリートインデックス0.1870%0.198%
3NZAM・ベータ日本REIT0.2640%0.277%
4たわらノーロード国内リート0.2750%0.281%
4<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックス0.2750%0.276%
4三井住友・DC日本リートインデックス0.2750%0.322%
7iFree J-REITインデックス0.3190%0.327%

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

国内リート・インデックスファンドの中ではSmart-i JリートインデックスeMAXIS Slim国内リートとならび信託報酬最安値、3位に0.08%ptの差をつけています。

実質コストではeMAXIS Slim国内リートに若干負けているものの、ほぼ同レベルと言って良いでしょう。

 

信託報酬の変更履歴

Smart-i Jリートインデックスは設定以来信託報酬引下げの実績はありません。

Smart-i Jリートインデックスの信託報酬変更履歴
引下げ日信託報酬(税込)備考
2017/8/29
 0.1836%新規設定
2019/10/1
 0.1870%消費税増税(8%-->10%)
??????%???

設定時は信託報酬最安値で登場、その後、同率の信託報酬でeMAXIS Slim国内リートが設定されました。

スポンサーリンク

Smart-i Jリートインデックスの運用状況(評価・人気)

資金流出入額 & 純資産総額 (評判・人気は?)

月次資金流出入額純資産総額からSmart-i Jリートインデックスの売れ行き・人気を見てみます。

(*)月次資金流出入額は、日々の純資産総額の増減額に騰落率を考慮して算出した概算値です。

Smart-i Jリートインデックスの人気・評判

これは国内リート全体に言える事ですが、資金流入、流出の変動が大きく、かつ資金流入自体もそう大きくありません。そして、Smart-i Jリートインデックスの資金流入も決して安定しているとは言えません。

2019年10月には10億を超える資金流入があったものの、2019年12月~2020年3月は資金流出と短期売買と思われる流出入もあります。最近は1億(/月)以下の資金流入に留まっています。

純資産総額も設定から4年弱で37億ですので、あまり大きくはありません。

 

運用状況は?

インデックスファンドではベンチマークとの乖離が小さい事がファンド評価の重要な要素です。そして、乖離がなければ、そのコストに応じた騰落率になる筈です。

*国内に投資するファンドの場合、投資する銘柄から配当があっても、それに課税されることなくファンドの資産となりますので、理想的には配当込み指数の値から決まる傾き、切片の直線上に各ファンドがプロットされなければなりません。

下図は2021年5月末日時点の実質コストに対する1年騰落率を複数のファンドでプロットしたものです。(ETF2本を含みます)

Smart-i Jリートインデックスの評価

グラフの左側(コストが低い)、上側(騰落率が高い)にあり、そしてグレーの点線上にある(乖離が少ない)ファンドが優秀なファンドという事になります。
*多くのファンドがコスト起因以外でのベンチマークとの乖離はないだろうという前提で評価。

Smart-i Jリートインデックスは概ねグレーの点線上にのっています。これは、コスト要因以外でのベンチマークとの乖離がない運用になっている事を意味します。そして、eMAXIS Slimには若干負けるものの、その低いコストに応じた高い騰落率を示しています。

コロナショックでボラティリティが非常に大きかった2020年3月には大きな乖離を起こしましたが、その後の運用は安定しているようです。

 

Smart-i Jリートインデックスの分配金

Smart-i Jリートインデックスは分配金を出した実績はありません。

これから資産を築いていこうとする資産形成期においては分配金を出さない投資信託の方が有利です。
分配金を出すか否かは運用会社が決定しますが、多くのインデックスファンドが分配金を出さない、無分配としています。
勿論、保有するリートから出た配当はファンドの資産となり、基準価額の上昇につながります。

スポンサーリンク

まとめ

Smart-i Jリートインデックスは、国内リートに投資するインデックスファンドの中ではeMAXIS Slimと並び、圧倒的に低い信託報酬が魅力のファンドです。

設定から4年近く経ち、実質コストも年々下がり、ほぼ問題ないレベルになってきました。ボラティリティの大きい時期に大きな乖離を起こした事もありますが、最近は運用も安定してきています。

懸念としては未だ資金流入が少なく、純資産総額も小さい事。

資金流入では、2019年10月31日に設定されたeMAXIS Slim国内リートインデックスに負けており、純資産総額も既に抜かれています。

 

販売会社

Smart-i Jリートインデックスは下記の金融機関で購入出来ます。

*主にネット証券、ネット取引での取扱いとなります。

SBI証券
投資信託保有で毎月Tポイントがもらえます。さらにTポイントで投資信託を購入する事も出来ます。
三井住友カードで投信積立が出来ます。還元率0.5%、2021.12.10まではキャンペーンで1.5%。(ゴールド、プラチナカードはさらに還元率アップ)。
*三井住友カード(NL/ナンバーレス)なら年間費無料。
公式サイト SBI証券三井住友カード(NL)

楽天証券
投資信託保有で毎月楽天ポイントがもらえます。さらに楽天ポイントで投資信託を購入する事も出来ます。また、楽天カード(クレジットカード)で投資信託を積立購入する事が出来ます(上限5万円/月)。勿論ポイント還元があり事実上1%割引で購入出来るようなものです。
公式サイト楽天証券楽天カード

マネックス証券
マネックスカードによる投信積立今冬開始予定。マネックスカードは既に発行を開始しキャンペーン実施中!
参考記事マネックスカード、2021.10.31まで還元率アップ(3%)等のキャンペーン実施中。

松井証券
松井証券は、複数の投資信託を積立する際、設定したポートフォリオ(配分比率)になるよう自動的に購入商品・金額を調整してくれる「リバランス積立」が魅力(無料で利用可能)。
公式サイト松井証券

その他のネット証券
auカブコム証券岡三オンライン証券

尚、国内リートはつみたてNISAの対象ではありません。つみたてNISAで国内リートに投資したい方はバランスファンドを購入する事になります。

また、個人型確定拠出年金(iDeCo)で取扱っているのはりそな銀行のiDeCoです。

 

ライバルとなるファンド

eMAXIS Slim 国内リートインデックス  

Smart-i Jリートインデックス (本記事)

 

他の国内リートインデックスファンドとの比較、最新の人気・運用状況は下記記事を参照して下さい。

 

インデックスファンドの信託報酬、実質コスト、純資産総額の一覧は下記記事を参照して下さい。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド紹介・解説

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2021 All Rights Reserved.