ファンド紹介・解説

【インデックスファンド評価・解説】eMAXIS Slim 国内リートインデックス。

投稿日:2020年1月13日 更新日:

国内リートに投資し、東証REIT指数との連動を目指すインデックスファンドeMAXIS Slim 国内リートインデックスについて解説します。

[最終更新日:2020.1.13]2019年12月末日時点の情報に更新。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 国内リートインデックスの基本情報

eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)シリーズは「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」をコンセプトとした三菱UFJ国際投信が運用するインデックスファンドで、「他社類似ファンドの運用コストに注意を払い、機動的に信託報酬を引き下げることによって、今も、そしてこれからも業界最低水準を目指し続ける」と公表しています。実際、設定から既に数回の信託報酬引下げを行い、常に最低水準の座を維持しています。

今回解説するのは国内リートに投資するeMAXIS Slim 国内リートインデックス。2019年10月31日に設定されたばかりのファンドです。

先ずeMAXIS Slim 国内リートインデックスの基本情報をまとめます。

運用会社三菱UFJ国際投信
設定日2019年10月31日
運用形態インデックスファンド
投資形態ファミリーファンド
ベンチマーク東証REIT指数(配当込み)
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬(税込)0.1870%
実質コスト(決算前)
純資産総額 5.35億円(2020.1.10時点)
(マザーファンド) 純資産総額 237.92億円(2019.1.28時点)
分配金実績
つみたてNISA---
SBI証券ポイント還元年率0.05%
楽天証券ポイント還元年率0.048%

 

投資対象

ベンチマークは東証REIT指数[配当込]で国内の不動産投資信託証券に投資します。

*東証REIT指数は東証に上場するREIT全銘柄(約60銘柄)の時価総額加重型の指数です。

 

マザーファンド

eMAXIS Slim 国内リートインデックスは、ファミリーファンド方式で、下記マザーファンドに投資します。

eMAXIS Slim 国内リートインデックス

画像引用:eMAXIS Slim国内リートインデックス交付目論見書

東証REIT指数マザーファンドはeMAXIS 国内リートインデックス(Slimがつかない)と同じマザーファンドで、200億円を超える純資産総額を持っています。

 

スポンサーリンク

手数料(信託報酬、実質コストなど)

eMAXIS Slim 国内リートインデックスの最大の魅力は何と言っても信託報酬の低さ。

国内リートインデックスファンドとしては最低水準の0.1870%(税込)

実質コストは決算前で未だ不明。

本ファンドと同じマザーファンドで運用するeMAXIS 国内リートインデックスと信託報酬以外のコストが同じと仮定すると、実質コスト0.192%程度(税込)と推測されます。

勿論、購入時手数料無料(ノーロード)、信託財産留保額は無です。

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

 

受益者還元型信託報酬

eMAXIS Slim 国内リートインデックスは、下表のように純資産総額に応じて信託報酬率が変わる受益者還元型信託報酬を採用しています。

純資産総額信託報酬(税込)
500億円未満の部分0.1870%
500億円以上1,000億円未満の部分0.18645%
1,000億円以上の部分0.1859%

純資産総額が500億円(または1,000億円)を超えると、超えた部分についてより低い信託報酬が適用されるという事です。

 

他社 国内リートインデックスファンドとの信託報酬・実質コスト比較

東証REIT指数をベンチマークとする他社の低コスト・インデックスファンドと信託報酬・実質コストを比較します。

 ファンド信託報酬実質コスト
1Smart-i Jリートインデックス0.1870%0.228%
1eMAXIS Slim 国内リートインデックス0.1870%---
3たわらノーロード国内リート0.2750%0.280%
3<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックス0.2750%0.276%
3三井住友・DC日本リートインデックス0.2750%0.341%
6iFree J-REITインデックス0.3190%0.325%

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

国内リート・インデックスファンドの中ではSmart-i Jリートインデックスとならび信託報酬最安値、3位に0.09%の差をつけています。

実質コストは未だ不明ですが、前述のようにeMAXIS(Slimがつかない)と信託報酬以外のコストが同じと仮定すると、信託報酬で同率1位ながら信託報酬以外のコストが高めのSmart-i Jリートインデックスより低くなる可能性があります。

 

信託報酬の変更履歴

eMAXIS Slim 国内リートインデックスは未だ設定されたばかりで信託報酬引下げの実績はありません。

eMAXIS Slim国内リートインデックス 信託報酬変更履歴
引下げ日信託報酬(税込)備考
2019/10/31
 0.1870%新規設定
?????????

もし他社がeMAXIS Slim以下の信託報酬になったとしても、そのコンセプト通りであればeMAXIS Slimも追従して引き下げると予測されます。

 

eMAXIS Slim 国内リートインデックスの運用状況

資金流出入額 & 純資産総額 (評判・人気は?)

月次資金流出入額純資産総額からeMAXIS Slim 国内リートインデックスの売れ行き・人気を見てみます。

2019年11,12月の2ヶ月間資金流出入額を他のファンドと比較したのが下表。

国内リートインデックス 資金流出入額 (2019年11,12月)
順位ファンド資金流出入額(億円)
1SMT J-REITインデックス・オープン15.4
2eMAXIS Slim国内リートインデックス5.3
3野村インデックスファンド・J-REIT[Funds-i]1.8
4三井住友・DC日本リートインデックスファンド-0.1
5iFree J-REITインデックス-0.3
6Smart-i Jリートインデックス-4.6
7たわらノーロード国内リート-5.0
8eMAXIS 国内リートインデックス-7.6
9<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド-17.3

(*)資金流出入額は、日々の純資産総額の増減額に騰落率を考慮して算出した概算値

eMAXIS Slim 国内リートインデックスは設定されたばかりにもかかわらず、早くも資金流出入額で2位、人気のファンドとなっています。

大きな資金流入があったSMTには負けていますが、

信託報酬同率1位のSmart-i Jリートインデックスを大きく引き離しています。

設定直後としては先ず先ずの資金流入でしょう。

 

運用状況は?

インデックスファンドでは、ベンチマークとの乖離が小さい事がファンド評価の重要な要素です。そして、乖離がなければ、そのコストに応じた騰落率になる筈です。

下図は2019年12月末日時点の実質コストに対する1カ月騰落率を複数のファンド(ETF含む)でプロットしたものです。

*eMAXIS Slimの実質コストは信託報酬以外のコストがeMAXISと同じと仮定した推定値でプロット。

eMAXIS Slim 国内リートインデックス

図中、茶色の点線が配当込み指数の値、
グレーの点線は、コストが0の時、配当込指数と一致し、ベンチマーク騰落率から決まる傾きの直線です。
グラフの左側(コストが低い)、上側(騰落率が高い)にあり、そしてグレーの点線上にある(乖離が少ない)ファンドが優秀なファンドという事になります。

eMAXIS Slim 国内リートインデックスは、最もコストが低く、そして、その低いコストに応じた高い騰落率になっている事がわかります。そして、ベンチマークとの乖離もほとんどありません。

設定直後から安定した運用が可能なのも、既存のマザーファンドを使ったeMAXIS Slimシリーズの特徴でもあります。

*厳密に言うと、同じマザーのeMAXISが若干上振れしているので、eMAXIS Slimも実際のコストはもう少し高く、図中のプロットよりも若干右側にシフトしている可能性も否定は出来ません。

スポンサーリンク

まとめ

eMAXIS Slim 国内リートインデックスは、eMAXIS Slimシリーズの中では同時期に新規設定されたeMAXIS Slim先進国リートとともに最も新しいファンドです。

それにもかかわらず、早くも人気を集め、既にその運用も安定しています(ベンチマークとの乖離が小さい)

今まで国内リートクラスには突出したファンドがなかっただけに、何を購入するか迷っていた方も多いかと思います。

その中で同率ながら信託報酬最安値で登場したeMAXIS Slim 国内リートインデックスは、国内リートクラスの最右翼となるべきファンドでしょう。

 

販売会社

eMAXIS Slim 国内リートインデックスは下記の金融機関で購入出来ます。

販売会社 SBI証券楽天証券 マネックス証券ジャパンネット銀行東京スター銀行三菱UFJ国際投信ダイレクト(matttoco)

現時点(2020.1)で上記金融機関以外では購入出来ません。低い信託報酬(販売会社の利益が少ない)、かつ機動的な信託報酬の引下げに合意できる金融機関のみが取扱うという事でしょう。

楽天証券なら楽天カード(クレジットカード)で投資信託を積立購入する事が出来ます。勿論ポイント還元があり事実上1%割引で購入出来るようなものです(上限5万円/月)。さらに、そのポイントで投資信託を購入する事も出来ます。
公式サイト楽天カード

尚、国内リート・インデックスファンドはつみたてNISAで購入する事は出来ません。

つみたてNISAで国内リートに投資したい方は、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)などのバランスファンドを購入する事になります。

 

ライバルとなるファンド

eMAXIS Slim 国内リートインデックス  (本記事)

Smart-i Jリートインデックス

 

他の国内リートインデックスファンドとの比較、最新の人気・運用状況は下記記事を参照して下さい。

 

インデックスファンドの信託報酬、実質コスト、純資産総額の一覧は下記記事を参照して下さい。

 

国内リートはETFでも多くの商品があります。詳細は下記記事を参照して下さい。

 

 

eMAXIS Slimシリーズの他のファンドの評価・解説は下記記事をご覧ください。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

eMAXIS Slim 国内リートインデックス *本記事

eMAXIS Slim 先進国リートインデックス

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド紹介・解説

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2020 All Rights Reserved.