ファンド紹介・解説

【インデックスファンド評価・解説】Smart-i Jリートインデックス。(国内リート)

投稿日:2019年8月23日 更新日:

国内リートに投資するインデックスファンドSmart-i Jリートインデックスについて解説します。

スポンサーリンク

[最終更新日:2019.10.15]eMAXIS Slim国内リート新規設定のニュースを受けて一部追記。
[2019.9.18]消費税10%表記に変更。
[2019.8.23]全面的に改定。本記事は原則2019年7月末日時点の情報に基づき記載しています。

Smart-i Jリートインデックスの基本情報

Smart-iは「シンプルでわかりやすく、リーズナブルなコストで使い勝手の良いファンド」を目指し2017年8月に設定されたりそなアセットマネジメントが運用する購入時手数料ゼロのインデックスファンドシリーズです。

今回解説するのは国内リートに投資するSmart-i Jリートインデックス

先ず、Smart-i Jリートインデックスの基本情報をまとめます。

運用会社りそなアセットマネジメント
設定日2017年8月29日
運用形態インデックスファンド
投資形態ファミリーファンド
ベンチマーク東証REIT指数(配当込み)
購入時手数料
信託財産留保額
信託報酬(税込)0.1870%
実質コスト0.228%
純資産総額 18.45億円(2019.8.23時点)
(マザーファンド) 純資産総額 124億円(2019.1.15時点)
分配金実績
つみたてNISA対象外
SBI証券ポイント還元年率0.05%
楽天証券ポイント還元年率0.048%

 

投資対象

ベンチマークは東証REIT指数[配当込み]で国内の不動産投資信託証券に投資します。

*東証REIT指数は東証に上場するREIT全銘柄(約60銘柄)の時価総額加重型の指数です。

 

マザーファンド

Smart-i Jリートインデックスファミリーファンド方式でマザーファンドを介して国内リートに投資します。

Smart-i Jリートインデックス

「RAM国内リートマザーファンド」は純資産総額124億円(2019.1.15時点)、主にラップ口座専用ファンド、適格機関投資家向けファンドが多くを占め、Smart-i Jリートインデックスは4%程度に過ぎません。

 

手数料(信託報酬、実質コストなど)

Smart-i Jリートインデックスの最大の魅力は何と言っても信託報酬の低さ。

国内リートインデックスファンドとしては最低水準の0.1870%(税込)

実質コスト0.228%(税込)

*2018年5月の初回決算では実質コスト0.358%と信託報酬以外のコストが非常に高くなっていましたが、2019年5月の2期目決算で0.224%(消費税8%)/0.228%(消費税10%)まで下がりました。

勿論、購入時手数料無料(ノーロード)、信託財産留保額は無です。

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

 

他社 国内リートインデックスファンドとの信託報酬・実質コスト比較

東証REIT指数をベンチマークとする他社の低コスト・インデックスファンドと信託報酬・実質コストを比較します。

 ファンド信託報酬実質コスト
1Smart-i Jリートインデックス0.1870%0.228%
1eMAXIS Slim 国内リートインデックス0.1870%---
3たわらノーロード国内リート0.2750%0.279%
3<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックス0.2750%0.276%
3三井住友・DC日本リートインデックス0.2750%0.341%
6iFree J-REITインデックス0.3190%0.325%

*実質コストは信託報酬以外のコストに全て消費税がかかると仮定して、消費税8%から10%に換算した概算値です。

国内リート・インデックスファンドの中ではSmart-i JリートインデックスeMAXIS Slimとならび信託報酬最安値、2位に0.09%の差をつけています。

実質コストでも、その差が縮まるとはいえ最安値です。

 

信託報酬の変更履歴

Smart-i Jリートインデックスは設定以来信託報酬引下げの実績はありません。

Smart-i Jリートインデックスの信託報酬変更履歴
引下げ日信託報酬(税込)備考
2017/8/29
 0.1836%新規設定
2019/10/1
 0.1870%消費税増税(8%-->10%)
??????%???

国内リート・インデックスは、eMAXIS Slimがラインアップしていない事もあり、株式クラスのように低コスト化競争が激しくありません。

2019.10.30にeMAXIS Slim国内リートが新規設定されます。

スポンサーリンク

Smart-i Jリートインデックスの運用状況

資金流出入額 & 純資産総額 (人気は?)

月次資金流出入額純資産総額からSmart-i Jリートインデックスの売れ行き・人気を見てみます。

(*)月次資金流出入額は、日々の純資産総額の増減額に騰落率を考慮して算出した概算値になります。

Smart-i Jリートインデックス

国内リート自体がそう大きな資金流入がないという事もあり、Smart-i Jリートインデックスの資金流入も決して安定しているとは言えません。

純資産総額も設定から2年で18億ですので、あまり大きくはありません。

 

運用状況は?

インデックスファンドではベンチマークとの乖離が小さい事がファンド評価の重要な要素です。そして、乖離がなければ、そのコストに応じた騰落率になる筈です。

*国内に投資するファンドの場合、投資する銘柄から配当があっても、それに課税されることなくファンドの資産となりますので、理想的には配当込み指数の値から決まる傾き、切片の直線上に各ファンドがプロットされなければなりません。

下図は2019年7月末日時点の実質コストに対する1年騰落率を複数のファンドでプロットしたものです。(ETF2本を含みます)

Smart-i Jリートインデックス

グラフの左側(コストが低い)、上側(騰落率が高い)にあり、そしてグレーの点線上にある(乖離が少ない)ファンドが優秀なファンドという事になります。
*多くのファンドがコスト起因以外でのベンチマークとの乖離はないだろうという前提で評価。

国内リートの場合、あまりコストと騰落率の相関が良いとは言えず、その解釈に難しい点もありますが、Smart-i Jリートインデックスは最もコストが低く、そして、その低いコストに応じた高い騰落率になっている事がわかります。(Funds-iやeMAXISはプラス乖離として除外すると)騰落率でもトップです(ETFを除く)

またベンチマークとの乖離も小さくなっています。

 

まとめ

Smart-i Jリートインデックスは、国内リートに投資するインデックスファンドの中では圧倒的に低い信託報酬が魅力のファンドです。

設定から2年経ち、その運用も安定してきたようで、実質コストでも最安値、そして(コスト要因以外での)ベンチマークとの乖離も殆どありません。

懸念としては未だ資金流入が少なく、純資産総額も小さい事。

また、今後は2019年10月31日に新規設定されるeMAXIS Slim国内リートインデックスと競合する事になります。

 

購入先

Smart-i Jリートインデックスは下記の金融機関で購入出来ます。

販売会社 SBI証券楽天証券 マネックス証券松井証券岡三オンライン証券

現時点(2019.8)で上記金融機関以外では購入出来ません。

楽天証券なら楽天カード(クレジットカード)で投資信託を積立購入する事が出来ます。勿論ポイント還元があり事実上1%割引で購入出来るようなものです(上限5万円/月)。さらに、そのポイントで投資信託を購入する事も出来ます。
公式サイト楽天カード

尚、国内リートはつみたてNISAの対象ではありません。

また、個人型確定拠出年金(iDeCo)で取扱っているのはりそな銀行のiDeCoです。

 

他の国内リートインデックスファンドとの比較、最新の人気・運用状況は下記記事を参照して下さい。

 

インデックスファンドの信託報酬、実質コスト、純資産総額の一覧は下記記事を参照して下さい。

 

スポンサーリンク

応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

-ファンド紹介・解説

Copyright© しんたろうのお金のはなし , 2019 All Rights Reserved.