「投資のソムリエ」、「投資のソムリエ DC年金」のパフォーマンス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

[最終更新日:2017年8月7日] バランス型インデックスファンドの比較において、先進国債券(為替ヘッジ有)を追加しました。

8資産に投資しつつリスクを抑える事を重視する運用を行うバランス型アクティブファンド、「投資のソムリエ」、及び、ほぼ同じ運用をする確定拠出年金用の「投資のソムリエ<DC年金>」のパフォーマンスを調査します。

投資のソムリエ<DC年金>は、楽天証券個人型確定拠出年金(iDeCo)にもラインアップされています。

投資のソムリエ、投資のソムリエ<DC年金>のの基本情報

基本情報

   投資のソムリエ 投資のソムリエ
<DC年金>
運用会社 アセットマネジメントOne
投資対象 国内債券・株式、先進国債券・株式、
新興国債券・株式、国内・先進国REITの8資産
*先進国債券は為替ヘッジ有
設定日 2012年10月26日  2013年10月31日
購入時手数料 上限3.24%
SBI証券、楽天証券等の
ネット証券は無料(ノーロード)
信託報酬 1.512% 1.188%
実質コスト(*1) 1.535% 1.212%
信託財産留保額  無
過去の分配金実績 2015年以降年2回分配  無
純資産総額(*2) 65,843(百万円) 3,284(百万円)

(*1)実質コストは2017/1/11決算時点
(*2)純資産総額は2017/8/3時点

投資のソムリエ投資ソムリエ<DC年金>の大きな違いは、信託報酬、そして分配金の有無にあります。

ファンドの運用方針

投資のソムリエ投資のソムリエ<DC年金>は、内外8資産に投資しますが、その投資先のマザーファンドはインデックスファンドです。

資産配分を状況に応じて機動的に変更するという点でアクティブファンドと、ここでは定義します。

*以下、特に断りの無い限り、投資のソムリエと表記した場合、投資のソムリエ<DC年金>を含みます。

投資対象

下記の8資産に投資します。

  国内 先進国 新興国
債券
(為替ヘッジ)
株式
リート — 

投資のソムリエでは、国内債券先進国債券(為替ヘッジ有)を「安定資産」、それ以外を「リスク性資産」と分類しています。

新興国債券については、JP モルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラスをベンチマークとしています。詳細は↓の記事を参照して下さい。
参考記事新興国債券インデックスファンドの二つのベンチマーク(GBI-EM、EMBI+)

運用方針

月次戦略として、年率リスクを4%程度に抑えるよう8資産の基本配分比率を決定。

さらに日時戦略(機動的配分戦略)として、状況に応じて「安定資産」「リスク性資産」を売却、両方の資産の下落時は半分を現金等に入れ替えるなど、機動的に配分を変更します。

資産配分の一例 (2017年1月11日時点)

直近の決算時(2017年1月11日)の資産配分を見てみます。

投資のソムリエ
(現金等 1.9%)
  国内 先進国 新興国
債券 30.0% 25.1% 11.0%
株式 10.0% 6.5% 6.0%
リート 5.0% 4.5% — 

投資のソムリエ<DC年金>
  (現金等 2.5%)
  国内 先進国 新興国
債券 29.8% 24.9% 10.9%
株式 9.9% 6.4% 6.0%
リート 5.0% 4.5% — 

*運用報告書より引用

「安定資産」に分類した国内債券、先進国債券(為替ヘッジ有)の比率が50%以上あり、かなりリスクを抑えた運用であると推測されます。

尚、投資のソムリエ投資のソムリエ<DC年金>は、基本的には同じ運用方針ですが、資産配分を見ると、若干ですが違いがあるようです(1%以内)。

投資のソムリエ、投資のソムリエ<DC年金>のパフォーマンス

投資のソムリエは、バランスファンドであり、比較する対象が難しいのですが、取りあえず、8資産に投資するという事で8資産均等型、及び国内債券先進国債券(為替ヘッジ有)インデックスファンドと比較してみます。

比較に用いたファンドは、

  • 8資産均等 : eMAXIS バランス(8資産均等型) *信託報酬=0.540%
  • 国内債券   : SMT 国内債券インデックス・オープン  *信託報酬=0.400%
  • 先進国債券   :   (日興AM)インデックスファンド海外債券(ヘッジあり) 1年決算型 *信託報酬=0.724%

尚、以下のデータは、各運用会社のサイト、またはモーニングスターから入手した基準価額データを「しんたろう」が独自に加工したものです。分配金再投資時(分配金課税無)基準価額も独自に計算した値を使用しています。またリターン・リスクは月次データ(月末の基準価額)から算出しています。

*基準価額は、それぞれのファンドのコスト(信託報酬+α)が差引かれていますので、計算されたリターンもコスト分が差し引かれた値になります。

基準価額のチャート

投資のソムリエの基準価額のチャートを示します。
(注)投資のソムリエ<DC年金>ではありません。

また、上記3ファンドの基準価額も同時にプロットします。(投資のソムリエが設定された2012/10/26を10,000円として換算してあります)

全て分配金再投資の基準価額です。

投資のソムリエ

チャートを見てわかるように、8資産に投資するといっても、8資産均等型とは大きく異なり、どちらかというと、国内債券や先進国債券と類似した動きを示すファンドです。

次に、投資のソムリエ投資のソムリエ<DC年金>のチャートを比較してみます。

設定が遅い投資のソムリエ<DC年金>の設定日を基準としてプロットしてあります。

投資のソムリエ

若干ですが、投資のソムリエ<DC年金>が上回っている事がわかります。これは後述しますが、概ね信託報酬・実質コストの差と考えて良いでしょう。

*以下、8資産均等型のデータも示しますが、あくまで参考値として見て下さい。

直近のリターン・リスク

直近1年、3年のリターン、リスク、S/R(シャープレシオ)をまとめます。尚、シャプレシオは無リスク資産の年利回り0として計算しています。全て年率換算です。

より優れている方(8資産均等型を除く)を赤字で示します。

直近のリターン・リスク(2017年7月末時点)
    投資の
ソムリエ
投資の
ソムリエ
<DC年金>
8資産
均等型
国内
債券
先進国債券(ヘッジ有)
1年 リターン 0.28% 0.72% 11.1% -3.06% -4.42%
リスク 1.98% 1.97% 5.24% 1.43% 3.36%
S/R 0.140 0.366 2.115 -2.142 -1.316
3年 リターン 2.16% 2.51% 5.04% 1.67% 1.36%
リスク 3.40% 3.39% 9.71% 2.08% 3.72%
S/R 0.634 0.739 0.519 0.804 0.367

8資産均等型は、前述のチャートでお分かりのように全く性質の異なるファンドですので除外するとして、直近1年で見ると、マイナスの騰落率だった国内債券・先進国債券(ヘッジ有)に対し、投資のソムリエはプラスを維持し、直近3年で見ても、国内債券・先進国債券(ヘッジ有)を上回るリターンを残しています。

そして、直近3年のリスクが3.4%と、概ねファンドの目標とする4%に近くなっています

尚、投資のソムリエ<DC年金>は、投資のソムリエに対し、リターンが0.44%(1年)、0.35%(3年)上回っています。信託報酬・実質コストの差が約0.32%ありますので、概ね、この差で説明できます。

一定期間での年率リターンの推移

前述の直近のリターンは今現在の基準価額の影響を強く受けますので、ファンドの比較としては十分ではありません。

1年間リターン(年率)の推移

そこで、(投資のソムリエ<DC年金>が設定された)2013年10月から1年、2013年11月から1年・・・2016年7月から1年と、順次起点(投資月)を1カ月ずつずらした1年間のリターンを見てみます。

全部で34個(区間)のデータがありますが、

投資のソムリエ<DC年金>のリターンを国内債券と比較すると、投資のソムリエ<DC年金>18勝16敗
先進国債券(ヘッジ有)と比較すると、投資のソムリエ<DC年金>19勝15敗
と何れも僅差ですが、投資のソムリエ<DC年金>の勝ち越しとなります。

この34個(区間)のデータの平均をまとめたのが下表になります。

1年間リターンの平均値(2013.10以降)
  投資の
ソムリエ
投資の
ソムリエ
<DC年金>
8資産
均等型
国内
債券
先進国債券(ヘッジ有)
リターン 2.75% 3.08% 5.42% 2.26% 2.45%
リスク 3.35% 3.34% 9.58% 1.87% 3.59%
S/R 0.822 0.920 0.565 1.208 0.681
 

リターンは国内債券先進国債券(ヘッジ有)より勝り、シャープレシオは国内債券には劣るものの先進国債券(ヘッジ有)より勝っています。

3年間リターン(年率)の推移

同じように3年間でみてみます。

最初のデータは2013年10月、最後のデータは2014年7月となります。

全部で10個(区間)のデータしかありませんが、

投資のソムリエ<DC年金>のリターンを国内債券と比較すると、投資のソムリエ<DC年金>10勝0敗
先進国債券(ヘッジ有)と比較すると、投資のソムリエ<DC年金>8勝2敗
投資のソムリエ<DC年金>の圧勝となります。

この10個(区間)のデータの平均をまとめたのが下表になります。

3年間リターンの平均値(2013.10以降)
  投資の
ソムリエ
投資の
ソムリエ
<DC年金>
8資産
均等型
国内
債券
先進国債券(ヘッジ有)
リターン 2.70% 3.02% 5.48% 2.06% 2.21%
リスク 3.52% 3.52% 9.81% 2.04% 3.71%
S/R 0.767 0.860 0.558 1.008 0.596
 

概ね1年間のデータと同じような結果で、リターンは国内債券先進国債券(ヘッジ有)より勝り、シャープレシオは国内債券には劣るものの先進国債券(ヘッジ有)より勝っています。

バランス型インデックスファンドとの比較

投資のソムリエはバランス型のファンドですので、他のバランス型インデックスファンドと比較してみます。

直近3年間のリスク・リターンの関係をプロットしたのが下図。(2017年6月末時点)

参考記事バランス型インデックスファンド、リターン・リスクを徹底比較。各アセットクラスのデータもあります。

投資のソムリエ

これを、シャープレシオの大きい順にリストにしてみます。

直近3年間のリターン・リスク・シャープレシオ
(2017年6月末時点) 
  ファンド リターン リスク シャープ
レシオ
1 Funds-i・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 5.68% 6.47% 0.879
2 SMT 国内債券インデックス 1.72% 2.08% 0.829
3 投資のソムリエ<DC年金> 2.76% 3.42% 0.808
4 投資のソムリエ 2.41% 3.42% 0.703
5 SMT TOPIXインデックス 10.29% 16.09% 0.639
6 SBI資産設計オープン(資産形成型) スゴ6  5.90% 9.41% 0.627
7 eMAXIS バランス(8資産均等型) 5.37% 9.73% 0.551
8 SMT J-REITインデックス 5.11% 9.40% 0.544
9 SMT グローバルREITインデックス 8.69% 16.02% 0.542
10 SMT グローバル株式インデックス 8.66% 17.32% 0.500
11 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 5.59% 11.22% 0.498
12 三井住友・DC全海外株式インデックス 7.95% 16.83% 0.472
13 eMAXIS 全世界株式インデックス 7.94% 16.92% 0.469
14 Funds-i・海外5資産バランス  5.53% 12.38% 0.447
15 (日興AM)インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)  1.56% 3.72% 0.420
16 世界経済インデックスファンド(株式シフト型) 5.59% 13.52% 0.414
17 eMAXIS バランス(波乗り型) 3.41% 8.31% 0.410
18 世界経済インデックスファンド 4.22% 11.28% 0.374
19 世界経済インデックスファンド(債券シフト型) 2.59% 9.04% 0.287
20 SMT 新興国株式インデックス 3.99% 17.73% 0.225
21 SMT グローバル債券インデックス 1.90% 8.76% 0.217
22 SMT 新興国債券インデックス -0.71% 11.21% -0.063

投資のソムリエ、投資のソムリエ<DC年金>は、非常にシャープレシオの高い、即ち投資効率の良いファンドである事がわかります。

そして、リターンも国内債券、先進国債券(為替ヘッジ有無両方)を若干上回っています。

まとめ

以上、投資のソムリエ投資のソムリエ<DC年金>のパフォーマンス調査結果です。

投資のソムリエは、内外8資産を投資対象としていますが、8資産均等型のような高いリターンを求めるファンドではありません。

リスク抑制を重要視した運用を行っており、どちらかというと比較的リスクの低い国内債券先進国債券(為替ヘッジ有)に近い運用結果となっています。

株式のような高いリターンは望まないが(大きなリスクを負いたくない)、一方で、国内債券、先進国債券(為替ヘッジ有)ではちょっと物足りない、もう少し高いリターンを期待したいという方に向いているファンドと言って良いでしょう。

シャープレシオも他のインデックス型バランスファンドよい高く、投資効率の良いファンドです。

投資のソムリエを購入するなら、より信託報酬の低い投資のソムリエ<DC年金>の方がお勧め。投資のソムリエ<DC年金>は、楽天証券個人型確定拠出年金(iDeCo)で購入できます。

公式サイト楽天証券 確定拠出年金

以上は過去のデータであり、将来の運用結果を保証するのもではありません。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

シェアする

フォローする